【無料動画視聴】植物男子ベランダー season 4【あらすじ】

【植物男子ベランダー season 4】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

植物男子ベランダー season 4

2018春ドラマ【植物男子ベランダー season 4】

放送局
NHK BSプレミアム
放送開始日
2018/04/02
放送時間
水曜23:15~

花が咲いたり枯れてしまったりすることに大げさなまでに一喜一憂し、世話に翻弄される男のこっけいな姿を描くミニドラマ。

   
   
第1話2018/04/01 
ハードボイルド・リターンズの巻
シャコバサボテンの憂鬱
男のベランダのシャコバサボテンはいっこうに花を咲かせない。いったい何がいけないのか。
ある日男は馴染みの花屋で「短日処理」という不可解な言葉を耳にした。男の修羅の道が始まった・・・

アボカドとキリスト
アボカドは、質量ともに果肉より種の方が大きいわけで、つまり我々は種に金を払っているといっても過言ではない。この種を何もせずに捨てるのは不条理極まりないではないか。男はその種を植えてみることにした・・・

第2話2018/04/09 
「盆栽ぎりぎり」の巻
「あいつをベランダに出して、こいつを部屋に取り込んで。」・・・春、ベランダーはまるで野球の監督のように、植物たちの配置換えを行い、采配を振るう。すると穴が開いた。お気に入りの場所に置く鉢がなくなってしまったのだ。そこでそのポジションを埋める花を買おうとなじみの花屋へと向かった。

いつもの店員さんの制止も聞かず、彼が買ったのは小さな盆栽。野梅(やばい)だ。しかしほどなく野梅の花は散り、無残な姿に。そしてベランダーの存在を揺るがす事件が!盆栽にうるさい先輩がやってきたのだ・・・・。

第3話2018/04/21 
“不条理な陽光”の巻
ハーブの楽園
男は思っている。「ハーブなんてそもそも雑草だ。世の田舎者はあたかもヨーロッパの高級趣味のように扱いやがる!」と。彼は「俺が男のハーブ道を見せてやる!」と意気込んである花屋を訪ねた。そこでツンツンした店員に薦められてミントを購入したのだが・・・・

ワスレナグサを忘れない
今日、楓さんが薦めてくれたのはワスレナグサ。彼女は花の名の由来を教えてくれた。そこには思いがけないロマンチックな伝説があった。男は感動にむせび泣く。こうしてベランダに新しく加わったワスレナグサだが、急激に元気がなくなってしまい・・・・
植物男子ベランダー season 4【無料動画】第3話
PANDORA.TV

第4話2018/04/28 
“フラワー・ラブ”の巻
復活の鉢
男はベランダの掃除をしていた。溝の泥を取り除こうとしたとき、緑色の小さな物体を発見!もしかして地球外生命体か?!おおげさな妄想にとりつかれた男はなじみの花屋へと向かった。店長によるとそれは金のなる木の葉。そして数週間後、ベランダで驚くべきことが!

窓際の豹
元来フリーライターという職業をもつベランダーは、今日は植物雑誌の取材で、世界的なフラワーアーティストに会うことに。キザなたたずまいのそのアーティストは格好つけるばかりで何が言いたいのかよくわからない。最後にもっとも好きな花を尋ねたところ、それは、「インカのユリ」とも呼ばれるゴージャスな花だったのだが・・・。

第5話2018/05/12 
「植物女子、現る」の巻
植物の世話に慣れ、枯らせてしまうことも少なくなった男。ベランダーとしてのスリルを求め、新たな鉢植えを探しに、いつもの花屋さんに行くと・・・アイツがいた。いつも多肉植物コーナーに居座り、何時間も過ごすあの女。ヤツこそは間違いない、“植物女子”だ。

気になった男は、しばらく後をつけることにした。女は、多肉植物が大好きで育てているが、どうしても枯らしてしまう「カレセン」だと言う。そして、最近ある植物のせいで困っているらしい。その植物の名は「クローンコエ」。クローン??男は、早速、彼女の家に行くことにしたのだが・・・・

第6話2018/05/19 
「風船と赤い金魚」の巻
ベランダーには実は別れた妻との間に息子がいる。そんな息子から思いがけずシャクヤクを誕生祝いに贈られひとり悦に入っていたところ、チャイムが・・・他ならぬ息子が訪ねてきた。現在予備校生。会話も続かないので、二人はなじみの花屋へとでかけた。

楓さんの前でドギマギしている父をちゃかす息子。そんな時、男の目が釘付けになった新しい花があった。赤くぷくっと膨らんだ花が金魚を思わせるカルセオラリア。さっそくその花を購入した帰路、息子はそのまま帰って行った。「悩みでもあるんじゃないのか?」その一言が言えないベランダー。しばらくしてまた息子が訪ねてきた・・・。

第7話2018/05/26 
「初夏のパノラマ」の巻
仁義なきニチニチとの戦い
男のべランダにあるニチニチ草は今年で3年目。毎日のように花を咲かせては、散り、また花が咲く。しかし、正直男はニチニチ草に飽きはじめていた。「ありがとうニチニチ。」と花をねぎらいながら、早速なじみの花屋へ。代わりになる鉢を購入したのだが、置く場所が見当たらない!ニチニチ草が完全に死んでくれればいいのに・・・仁義なきベランダの合戦が始まった!

狂喜の植木市
男は心待ちにしていた植木市へ。緊張をほぐそうとビールを飲みすぎ、寝坊してしまったほどだ。いざ現地へ行くとあるわあるわ、そこは鉢植えのパラダイス。ふと盆栽コーナーに立ち寄ると、値切っている男がいる。先輩・茂木梅吉だ。また盆栽への道に引きずり込まれそうになるのを拒み、男は、めくるめく植木市の熱気へと没入していった・・・。

第8話2018/06/02 
「恋の冷凍保存」の巻
最近花屋の楓さんの様子がおかしい。ボーッとして店の鉢を壊してばかりいる。店長によるとどうも恋の悩みだという。相手は年上の男性らしい。楓さんのことが気になって何も買わずに花屋から戻ったベランダーが冷蔵庫を開けると、妙な物体が視界に入った。それは、以前友人からもらったまま忘れていたヒヤシンスの球根だった。ヒヤシンスの球根は冷蔵可能で開花時期をコントロールできるという。男はこういうのに弱いのだった。

「こういうの」の実例がもう一つあった。それはかつて「シ―モンキー」の名で一世を風靡した、小さなエビ「アルテミア」のことである。乾燥した粉のような小さな卵を水に入れると繁殖し始める不思議な生命体だ。男は、つい最近もアルテミアを見て感激した覚えがある。それは仕事で、ある人気小説家の家を訪れた時のことだった・・・

【植物男子ベランダー season 4】スタッフ

原作
いとうせいこう
                  

【植物男子ベランダー season 4】出演者

ベランダー
田口トモロヲ
                  
2018春ドラマ