【無料動画視聴】都市伝説の女2【あらすじ】

【都市伝説の女2】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

都市伝説の女2

2013秋ドラマ【都市伝説の女2】

放送局
テレビ朝日
放送開始日
2013/10/11
放送時間
金曜23:15~
オープニング
LUNASEA【乱】

2013年10月…。
かつて世間を騒がせた噂の美人(だけど、マイペースすぎて困る)刑事が
ニューヨークから帰ってくるらしい――。

その女刑事とは…
長澤まさみ演じる都市伝説オタクの音無月子!

事件が起こるたび強引に都市伝説と結び付け、
“都市伝説が原因論”に基づく独自捜査を好き放題に展開してきた月子。
そんでもって、なぜか難事件を次々と解決してきてしまった月子。
その類まれなる成果ゆえか、あるいは
警視庁がひた隠す徳川埋蔵金の秘密を知ってしまったからか(!?)、
突然の異例抜擢でFBIに出向してしまった月子…。
そんな伝説の彼女がこの秋、待ってましたとばかりに日本へ凱旋!
今度は警視庁内に
「非科学事件捜査班(=Unscientific incident investigation unit/略称:UIU)」
なる新部署まで立ち上げ、
以前にも増して堂々と(…無理やり強引に!?)
事件を都市伝説に絡めて捜査していく…。

パート1でもおなじみだった
溝端淳平、竹中直人、平山浩行らはもちろん、
大久保佳代子ら新キャストも迎え、
もっと怪しく、もっとポップに、もっとスリリングに、もっと面白く…
要するにパワーアップして、ますます盛り上がる“ちょい変ワールド”!

[長澤まさみ×都市伝説=『都市伝説の女』]
科学では説明できない不思議な引力をもつ方程式が、独特の世界観を生み出すコメディーミステリー。
その第2章が話題スポット「富士山」の都市伝説を皮切りに、幕を開ける――。

   
   
第1話2013/10/118.4%
富士山の都市伝説が死を呼ぶ!?
FBIに出向していた都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)が一時帰国した。月子の目的は、富士山に関する都市伝説を語り合うシンポジウムに参加すること。月子はさっそく会場となる富士山麓へと向かう。と、そこへ警視総監になったばかりの武重治(伊武雅刀)が現れた。武は月子のため、警視庁内に都市伝説が絡んだ全国の事件を追う「非科学事件捜査班(略称:UIU)」を設立し、月子の上司・丹内市生(竹中直人)を班長に任命。月子はUIU設立にあわせ、警視庁に復帰することに。
その矢先、事件が起こった! シンポジウム当日の朝、25年かけて辿り着いた富士山の謎の真実を発表する予定だったUMA研究家・中野修二(瀬川亮)の死体が、本栖湖の湖畔で見つかったのだ。地面には中野の遺体を引きずった跡が残されており、樹海の方へと続いていた。しかも不可解なことに、中野の手の平には謎の赤い古代文字が…。遺体を発見した月子はその状況を確認するや、ある確信を抱く。
「この事件には富士山の都市伝説が絡んでる!」
中野は本栖湖で多数目撃証言のあるUMA「モッシー」を研究し続けていた男。彼はシンポジウムでモッシーの真実、あるいは富士の樹海で自殺を遂げられなかった者たちが暮らすと噂される“地図にも載らない村”の秘密を公表しようとしていたのではないか…。

月子はさっそく、帰国した彼女にいち早く会おうと駆けつけていた鑑識課員・勝浦洋人(溝端淳平)も巻き込み、捜査を開始。中野の自宅アパートから、25年つけ続けた日記のうち1カ月分だけが無くなっていることを発見する。そんななか、中野が事件の数日前、幼馴染の安田隆(窪塚俊介)と口論をしていたとの目撃証言が飛び出した。その証言内容から、丹内は2人が中野の婚約者・大西恭子(須藤理彩)をめぐって三角関係にあったと推理。男女関係のもつれによる殺人事件だとにらむ。だが、月子は頑として、富士山の都市伝説が絡んでいるとの線で捜査を続行。手掛かりを求め、遂には樹海へと足を踏み入れるのだが…!?

第2話2013/10/187.7%
UFO殺人事件 宇宙人に誘拐された夫婦!?
六甲山で車中から流星群を見ていた神戸市在住の夫婦、岩崎沙知(酒井美紀)と裕二(金子賢)が翌朝、はるか遠く離れた東京・羽田空港近くの路上で見つかった。しかも発見時、夫婦が乗っていた車の後部座席には、沙知の友人・堀美加子(長澤奈央)の刺殺体が…! ところが、岩崎夫妻は流星群を見始めてからの記憶を喪失。東京まで来た理由と方法についても、美加子の遺体についても、まったく身に覚えがないというではないか…。都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)はこの奇怪な事件の情報を、独自ルートで勝手に入手。本事件がUIU(=非科学事件捜査班)の担当すべき事件だと考える。それもそのはず、羽田空港周辺と六甲山はともに、UFOの目撃多発地帯だったからだ!

まもなく公式に捜査協力要請を受けた月子らUIUメンバーは、岩崎夫妻の発見場所へ。鑑識係の勝浦洋人(溝端淳平)から、岩崎夫妻の車が購入後まもない新車であり、走行距離も神戸~羽田間に到底及ばないことを聞かされる。この情報を受け、月子は岩崎夫妻が車ごとUFOに誘拐され、羽田空港付近で解放されたと推理。それが事実であることを証明するため、捜査を開始する。その矢先、沙知と裕二によって描かれた記憶の断片がどちらも、エイリアンとバナナのような絵であることが発覚。月子はそこに、かつて「宇宙人に誘拐された」と証言したアメリカ人夫婦との共通点を見出し…!?

また時を同じくして、美加子の夫・龍太郎(近江谷太朗)から意外な事実が飛び出す! ある理由から、沙知が美加子を恨んでいたと思われる、というのだ。果たして、この事件は本当にUFOによる誘拐事件なのか、それとも都市伝説などとはまったく無縁の事件なのか!? 難航を極める捜査…。そんな中、岩崎夫婦から捜査をさらにかく乱する新証言が飛び出す――。

第3話2013/10/257.4%
13日の金曜日! キャンプ場の連続殺人!?
とある13日の金曜日――。都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)らUIU(=非科学事件捜査班)のメンバーたちが乗る車が、目的地であるキャンプ場へ到着する前に故障。クタクタになりながら歩き通し、やっとのことでキャンプ場に着いた月子らを、思わぬ事件が待ち構えていた! バラエティー番組のロケのため、13番ロッジに宿泊していたディレクター・清水政文(小島よしお)が、鈍器のようなもので頭部を殴られて死んでいるのが発見されたのだ。遺体発見現場には血で書かれた「あしべ アイ」というダイイングメッセージが残されていたため、捜査一課のエース・郷原祐一(宅間孝行)はADの芦部一平(夙川アトム)が犯人だと断定。だが、被害者を含むロケ隊の人数が13人だったことを知った月子は、まったく別の確信を抱く。

「間違いありません。犯人は…魔女です」。

月子の脳裏をかすめたのは…「キリストに魔女として追われたフリッグが13日の金曜日に、ほかの魔女を集めて悪事を働いていた」という都市伝説。清水も魔女フリッグに殺されてしまったのだと推理した月子は、またしても鑑識係の勝浦洋人(溝端淳平)を巻き込み、証拠を探そうとする。一方、はなから魔女の仕業だとは思っていないUIUの班長・丹内市生(竹中直人)は、芸人の原口キタロー(田中聡元)やプロデューサーの吉永(尾崎右宗)ら、清水と一緒にキャンプ場に来ていたメンバーの事情聴取を開始。ところが、国会議員を父に持つ仮面をかぶったアイドル・山内リンコ(???)に事情を聴こうとするも、マネージャーの成田公彦(袴田吉彦)に制止されてしまい、捜査は思うように進まない…。

そんな中、まさかの事態が発生する! ダイイングメッセージを改めて観察した月子が、あることを発見。それこそが「真犯人=魔女」だと証明している、と月子は主張するのだが…!?

第4話2013/11/017.5%
三億円事件の伝説 意外な真犯人!
白バイ隊員に変装した犯人が巧妙な手口で、現金輸送車から約3億円を強奪――。かの有名な昭和の未解決事件「三億円事件」が発生した東京・府中刑務所裏の学園通りで、車に乗った弁護士・矢島直樹(遠藤たつお)が刺殺された。矢島は、資産家・奥田陽三郎(太田裕)から預かったばかりの現金964万1605円を持参していた。ところが、その現金が入ったカバンは犯人に持ち去られており、どういうわけか矢島の手は旧紙幣の五百円札を握っていた…。その事実を知った都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)は、いきなり“とんでもない推理”を展開する。こともあろうに、被害者の手にあった五百円札が、三億円事件で盗まれた紙幣のうちの1枚かもしれないというのだ!

月子はさらに「三億円事件で強奪された金額を語呂合わせで読み解くと、犯人からのあるメッセージが出てくる」という説に絡め、今回奪われた金額にも事件の謎を解くメッセージが含まれていると確信。ところが、その矢先に資産家の陽三郎が病死してしまった! そこで月子らUIU(=非科学事件捜査班)のメンバーは、矢島が陽三郎から約1000万円を預かっていたことを知っていた4人から話を聞くことにする。その4人とは奥田家の長女・芽衣子(瀬奈じゅん)、次女・緑(江本純子)、三女・若葉(信川清順)、そして奥田家に居候しながら陽三郎の世話をしていた羽鳥花枝(市川由衣)。なんと、彼女たちから得られた様々な証言には、陽三郎と三億円事件を結ぶ“かもしれない”事実が多分に含まれていた!

もしかしたら、三億円事件の犯人は陽三郎だったのでは…!?

月子は鑑識課員の勝浦洋人(溝端淳平)を引き連れ、この仮説と三億円事件絡みの都市伝説を次々と検証していくことに。その末に彼女がたどり着いたのは“驚愕の事実”だった――。

第5話2013/11/086.9%
トイレの花子さんの呪い!? アイドル学園殺人
鑑識課員・勝浦洋人(溝端淳平)はある夜、芸能コースを有する女子校の前で、少女の叫び声を耳にする。声がした校内へと足を踏み入れると、恐怖に震える生徒の姿が! 彼女が指差した女子トイレの個室で、国民的アイドルユニット「六本木55」のエース・長谷川実希(上間美緒)の刺殺体を発見する。勝浦から連絡を受け、現場に向かった都市伝説オタクの刑事・音無月子(長澤まさみ)は、被害者の担任・戸島優奈(安達祐実)から事情を聴くことに。優奈によれば、事件発生時は芸能コースの3年生で毎年結成する特別ユニットのライブ・リハーサル中だったという。そこで、月子は遺体発見現場を改めることに。その場所は…なんと3階トイレにある3番目の個室だった!

「実希ちゃんはトイレの花子さんに呪い殺されてしまったのかもしれません」

月子が言う「トイレの花子さん」とは全国に流布している都市伝説の主人公。学校の3階女子トイレの3番目の個室を3回ノックし、「花子さん、遊びましょ」と呼びかけると現れるという、赤いスカートを履いたおかっぱ頭の女の子のことだ。実は、事件のあった学校でも花子さんが出るとの噂があり、その正体はトイレで自殺した生徒の霊とも囁かれていた。だが、実希はその噂を信じず、件のトイレを時折使っていたという。

だが、月子の仮説を「そんなことがあるわけない」と一蹴する人物が現れた。同校の生徒で、「六本木55」と人気を二分するアイドルユニット「週末スターマイン」のメンバー・加賀美ユイ(清水富美加)だ。実は、ユイと実希は犬猿の仲。当然のごとく、生徒たちの間ではユイが犯人なのでは…との憶測が飛び交うことに。

その矢先のこと。過去の自殺事件について調べるため、校内の図書館を訪れた月子は、ありえない光景を目撃してしまう! 月子の視線の先にはあろうことか、窓から室内を覗く、花子さんとしか思えないおかっぱ頭の女の子がいた――。

第6話2013/11/157.4%
アンドロイドが殺人犯!? ロボットを愛した男の秘密
休日の東京・上井草駅――。ガンダム詣でに興じていた都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)と鑑識課員・勝浦洋人(溝端淳平)に、ひとりの男が声をかけてきた。彼の名は井本廣幸(山本浩司)。毎週ガンダム・オタク仲間とともにガンダム詣でをしているのだが、その日に限って、仲間のひとりであるロボット工学の教授・貝原康介(矢柴俊博)が姿を見せないというのだ。嫌な予感がした月子は貝原の家へ。なんと浴槽の中で死んでいる貝原を見つけてしまう! しかも、浴槽の壁には赤い文字で「ハカセ ヲ コロシタ モウ ダレ モ ワタシヲ セイギョ デキナイ」との犯行声明が残されていた。

貝原の死因は感電死。壁に固定したパソコンが浴槽に落下し、漏電したとみられる。そこで、月子はUIU(=非科学事件捜査班)メンバー・浜中彩乃(高月彩良)に頼み、パソコンデータを復元。事件直前に被害者が何者かに送った「これより先の領域に触れてはならない」というメールを発見する。それは…人間と同等の感情を持つロボットの開発に成功して死んだといわれるロシアの科学者ボリコフの遺書と、全く同じ文章だった!

「この遺書は貝原博士も人造人間の開発に成功した証。間違いない。この事件、ロボットの都市伝説が絡んでる!」

月子は、世界的に有名な小説『フランケンシュタイン』の主人公・フランケンシュタイン博士のように、貝原博士も自らが開発した人造人間に殺されたと推測。まもなく、その推測を後押しするような証言が、貝原の助手・中迫初美(浅見れいな)から飛び出す。なんでも貝原の夢は、いつかガンダムのようなロボットを作ることだったというのだ! さらに月子は、貝原の友人である科学ジャーナリスト・瓜生一郎(大鶴義丹)から“驚くべき秘密”を聞き出すことに成功。そんな中、同じような犯行声明を伴う感電死事件が、全国各地で起こっていたことが判明し…!?

第7話2013/11/227.3%
吸血鬼の伝説 美人女優は二度死ぬ
ミュージカル『ドラキュラ』の開幕を2日後に控えた劇場の楽屋で、ヒロインを演じる女優・彩名りえ(大谷英子)の死体が見つかった。だが、死体の状態を見た鑑識課員・勝浦洋人(溝端淳平)は、たちまち恐怖を感じる。被害者の首筋には赤い点が2つあり、本来ならば頸動脈から大量の出血があるはずなのだが、現場には一滴の血も残されていなかったのだ! このあまりにも奇妙な状況から、都市伝説オタクの美人刑事・音無月子(長澤まさみ)は吸血鬼ドラキュラによる犯行の可能性が高い、と主張。意気揚々と捜査に臨む。

まず、月子らUIU(=非科学事件捜査班)メンバーは第一発見者のスタッフ・篠原真央(東風万智子)、主人公・ドラキュラを演じる大スター俳優・大河内英樹(髙嶋政宏)たちから事情を聴くことに。だが不可解なことに、りえと秘密裏に交際していた大河内からは、ショックを受けている様子が微塵も感じられない…。そこで、月子は大河内に張り付いて身辺調査を開始。大河内の言動から、彼こそが本物のドラキュラだと確信した月子は単身、大河内の自宅を訪れるのだが…!?

刻々と迫る公演初日…。そんな中、りえの代役を女優・春川諒子(小沢真珠)が務めることに決まった。ところがその矢先、身も凍るような出来事が起こる。諒子の楽屋にいきなり、死んだはずのりえが現れたのだ!

一方、警視総監・武重治(伊武雅刀)に呼び出された丹内市生(竹中直人)は、部下である月子に関する“内密の話”を打ち明けられていた――。

   

【都市伝説の女2】スタッフ

脚本
後藤法子, 倉持裕, 渡辺雄介, 福田雄一
音楽
池頼広
プロデューサー
横地郁英, 遠田孝一, 浅井千瑞
演出
塚本連平, 秋山純, 星野和成, 小松隆志
制作
テレビ朝日, メディアミックス・ジャパン
                  

【都市伝説の女2】出演者

音無 月子
長澤まさみ
勝浦 洋人
溝端淳平
丹内 市生
竹中直人
柴山 俊也
平山浩行
高田 潤子
大久保佳代子
浜中 彩乃
高月彩良
音無 都子
秋月成美
田村 由貴
小泉麻耶
牧原 里奈
風間亜季
郷原 祐一
宅間孝行
武 重治
伊武雅刀
                  

【都市伝説の女2】関連ドラマ

都市伝説の女2【前編】
都市伝説の女
都市伝説の女

2013秋ドラマ