【無料動画視聴】ハンチョウ 警視庁安積班6【あらすじ】

【ハンチョウ 警視庁安積班6】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

ハンチョウ 警視庁安積班6

2013冬ドラマ【ハンチョウ 警視庁安積班6】

放送局
TBS
放送開始日
2013/01/14
放送時間
月曜20:00~
挿入歌
麻衣【IN MISERY】

今野敏の警察小説『安積班シリーズ』を原作に、TBS系列のパナソニック ドラマシアター枠(月曜20:00-20:54)で放映されていたテレビドラマシリーズ。
主演は佐々木蔵之介。

   
   
第1話2013/01/1411.1%【脚本】大川俊道
【演出】酒井聖博
バスジャック発生!
警視庁初の試みであるモデルケースとして新設された「警視庁押上警察分署」に、それぞれの約半年間を経た安積(佐々木蔵之介)たち4人が再び集められた。 それぞれが再会を懐かしむのも束の間、事件は起こる。安積班は今まで培ったチームワークで犯人を捕らえ連行しようとするその前に、「警察はケガ人にも手錠を掛けるのか?」と、1人の町医者が立ちはだかった。その医師とは近隣の住民から「赤ひげ先生」と、慕われ、押上で「水沢医院」を開業する医師・水沢圭次郎(橋爪功)だ。

水沢と警察の間に何があったのか? は今のところ謎だが、凶悪犯を逮捕するためなら多少の犠牲はかまわないと、組織を盾に正義を振りかざす態度が気に入らないと、安積班へも難癖をつけてくる、ある意味厄介な下町のオヤジ医師だ。この件でも、後に安積班は手痛いしっぺ返しを食らうことになるのだが、このときはまだ誰も知る由はなかった…。 新天地となる「押上分署」で安積班を待ち受ける事件とは? そして「分署」新設に動いた川口刑事部長(里見浩太朗)の想いは果たされるのか!?
【成海 亜希子】須藤温子
【平山 早苗】草村礼子
【江藤 春子】鷲尾真知子
【滝本 裕太】窪塚俊介
【大久保 慎一】辰巳蒼生
【五十嵐 修】浦崎宏
【有田 耕平】森岡豊
【横山 友康】高田賢一

第2話2013/01/2111%【脚本】大川俊道
【演出】酒井聖博
バスジャック!解決編
川口総太郎(里見浩太朗)刑事部長によって新設された「警視庁押上警察分署」に異動した安積剛志(佐々木蔵之介)、結城沙緒里(比嘉愛未)、尾崎誠(小澤征悦)、小池竜也(福士誠治)。着任早々、東京スカイツリー周辺を巡るツアーバスが、大久保慎一(辰巳蒼生)によってジャックされるという事件が発生した。 人質として残されたのは、バスの運転手・五十嵐修(浦崎宏)とバスガイド・成海亜希子(須藤温子)、そして乗客の平山早苗(草村礼子)と江藤春子(鷲尾真知子)の4人。 大久保は、IT系企業の社長・有田耕平(森岡豊)と不動産投資会社社長・横山友康(高田賢一)という人物を3時間以内に呼び出すよう警察に要求。安積班は、大久保との関わりを含めて捜査を開始する。

刻々とタイムリミットが迫る一方で、大久保の首にリング型の爆弾が仕掛けられていることが発覚。大久保は「自分も被害者だ」と、防弾チョッキも付けず丸腰で説得にあたっていた安積に訴える。そのとき、大久保の首に爆弾を仕掛けた人物から、安積に連絡が。爆弾は遠隔操作され、あと2時間で爆発してしまうというのだ。その爆弾の威力を見せようと、謎の人物は別の場所に仕掛けた爆弾を爆発させ、「犠牲者が出たらあんたのせいだ」と安積に言い残して連絡を切った…。 それからほどなく、爆破現場そばの防犯カメラに、バイクに乗った不審人物が映っていることがわかると、鑑識の丸岡(六平政直)と千春(加藤夏希)が、バイクのナンバーから滝本裕太(窪塚俊介)という男を割り出した。 この滝本という男が真犯人なのか? なぜ犯人は2人の男を探せと要求しているのか? 爆破予告の時間はあとわずか。安積班はバスジャック事件をどう解決するのか…!?

第3話2013/01/289.8%【脚本】いとう斗士八
【演出】荒井光明
8年前の指紋…殺人犯をかばう町医者の秘密
ある日、押上分署管内のアパートに住む佐久間(小出浩祐)宅で空き巣事件が発生した。それからすぐ後、盗まれた通帳で現金を引き落とそうとした人物が確認された。すぐ防犯カメラの映像を手がかりに緊急手配が敷かれると、警ら中の寺田巡査長(林家正蔵)が犯人・仁科(上原風馬)を発見し身柄を拘束、スピード逮捕となった。
しかし、鑑識の丸岡(六平直政)が空き巣被害にあった佐久間宅の箪笥から、8年前に起きた殺人事件の容疑者らしき指紋を発見した。その事件とは、当時64歳の1人暮らしの資産家・吉川辰蔵(石山輝夫)が殺害されたもので、凶器は発見されていないが、現場で採取された木片から、木刀のようなもので撲殺された可能性が高いという。
当時、辰蔵は多額の現金を自宅に保管しているという噂があり、被害者は現金を盗もうと忍び込んだ犯人と遭遇して殺害されたと見られていた。現場には3000万円の現金が手付かずで残されていたが、特に捜査の決め手がなく迷宮入りの可能性もあった事件だった。

空き巣被害に遭った佐久間の証言によると、殺人事件の容疑者の指紋が発見された箪笥は1週間前に購入したもので、運送業者が運び入れたものだという。運送業者の記録から小倉孝信(高知東生)と同僚の湯川(光 宣)の2人が佐久間宅に箪笥を納品していることが判明すると、事情を聞くため小倉宅を訪ねる安積(佐々木蔵之介)と結城(比嘉愛未)。玄関先で指紋採取の協力をお願いしていると、なんとそこに水沢(橋爪功)が現れた。水沢は、指紋の供出を願い出た安積たちから小倉を遠ざけるだけでなく、捜査に協力する必要は無いと小倉本人にも釘をさす。
一方、辰蔵の住んでいたマンションの管理人で辰蔵の幼馴染・白石(倉石功)の、辰蔵と息子夫婦と折り合いが悪かったとの証言から、修一と妻・宏子(立原麻衣)にも犯行の動機ありと、安積班は平行して捜査にあたる。
果たして、水沢が捜査に協力させない理由とは何なのか? そして、8年前の殺人事件の真相は? 一体、真犯人は誰なのか!?
【小倉 孝信】高知東生
【吉川 辰蔵】石山輝夫
【吉川 修一】新田純一
【吉川 宏子】立原麻衣
【仁科 寛】上原風馬
【湯川 洋平】光宣

第4話2013/02/0410.3%【脚本】岡芳郎
【演出】荒井光明
アメ横~川越…伝説の女スリが狙ったサイフ
「押上分署」に集められたばかりの安積班だが、ある日、尾崎(小澤征悦)は外務大臣の警護、結城(比嘉愛未)は八丈島警察署からの緊急要請によりまた異動となってしまい、現場は安積(佐々木蔵之介)と小池竜也(福士誠治)と2人だけとなってしまった。
あまりにも突然のことに戸惑う安積と小池だが、そんな2人に向島中央署からの応援要請がきていると久米島刑事課課長(升毅)が伝える。押上周辺で、スカイツリー観光客を狙った置き引きや引ったくりなどの窃盗事件が相次ぎ、安積班も捜査に借り出されることとなったのだ。
ほどなく、現場へと向かった安積と小池だが、スリと思しき不審な行動をする老女を発見。スッた財布をゴミ箱に捨てようとした瞬間、現行犯逮捕した。その女は“白魚のお里”と呼ばれる、前科5犯の伝説的なスリ、木村里枝(渡辺美佐子)72歳だった。

余罪の割り出しにと、里枝の自宅を調べると、カード、免許証、そして安産祈願のお守りが入った財布が見つかる。財布の持ち主は長谷川愛(栗原ひとみ)35歳で、1ヶ月前から行方知れずとなっていて、夫の哲也(木下政治)から捜査願いが出されていた。しかし、里枝は、財布をスッたのは10日ほど前で、女性ではなく男性からスッたといい、女性の財布に手をつけるとツキが落ちる気がして、そのままにしていたという。
取調べ中、「外の空気を吸えば思い出すかも…」という里枝の提案に、安積は小池に里枝を連れての現場検証を命じた。
協力的なのか、それとも小池を振り回しているだけなのか? 里枝は小池を、自分が仕事をしたという場所へと連れ回すが、手がかりになるようなことは得られなかった。
とそんなとき、行方不明の長谷川愛が、八王子の山中で絞殺体となって発見されたとの連絡が!?
【木村 里枝】渡辺美佐子
【桐島 慎一】岡田浩暉
【桐島 景子】水沢螢
【桐島 可奈】野口真緒
【長谷川 愛】栗原瞳
【長谷川 哲也】木下政治

第5話2013/02/1110.9%【脚本】荒井修子
【演出】武藤淳
ストーカーに狙われた花嫁!人形が語る真実
ある日、殺人事件が発生。現場に駆けつけた安積(佐々木蔵之介)と小池(福士誠治)は、鑑識の丸岡(六平直政)と千春(加藤夏希)から、死亡推定時刻が前日の夜9時から11時頃との報告を受ける。事件現場では凶器こそ発見されなかったが、血痕のついた手ぬぐいと、被害者の体の下から「合歓垣早苗」(ねむがきさなえ)と書かれた紙片が見つかった。また、ポケットにあったボールペンに「週刊新時代」のロゴが印字されていたことから、安積たちは身元確認のためにその編集部を訪ねると、被害者は、広川東吾(若杉宏二)というフリーの記者だと判明。編集長の大垣(佐藤尚宏)によると、社会の不正を暴くような告発ネタを持ち込む、やり手のジャーナリストだったといい、そのためにトラブルに巻き込まれることも多かったらしい。

ほどなく、広川のアパートを捜索すると、記者の必需品のパソコンが見当たらない。広川を殺害した者が持ち去ったのか? 一方、デスク上には、あるタウン誌が。そこには、広川が担当し、長期連載としてスタートしたはずの「江戸木目込み人形(えどきめこみにんぎょう)職人・清瀬陽道(竜雷太)」の記事があったが、なぜか連載2回目にして終了となっていた…。
詳しい事情を探りに、安積と小池がタウン誌の編集部へ向かうと、広川が持ち込んだ企画だったが、陽道とのトラブルが元で連載が中止となったことが判明する。
それを受けて陽道を訪ねる安積たち。聞き込みの最中、「この人をご存知ですか?」と、安積が殺人現場に落ちていたメモの「合歓垣早苗」という文字を陽道に見せると、「ネムガキなんて知らない…」と陽道は言い放つ。しかし、安積は、なぜ陽道がこの難読苗字を読めたのかが気になっていた。
さらに調べを進めると、陽道は、妻の美佐子(立石涼子)と一人娘の結衣子(大凪真生)の3人家族で、結衣子には婚約者がいたが、工房の職人の証言によると、取材で足しげく工房へ通っていた広川は、結衣子に好意を抱いていたといい、それが陽道の逆鱗に触れて取材を断られたらしいとのことだった。
この度の事件は怨恨が原因なのか? 事件現場に落ちていた「合歓垣早苗」という名前の人物は誰なのか?
そんなとき、調査を進める安積班の前に、陽道の主治医である水沢医師(橋爪功)が、またしても立ちはばかる!?
【清瀬 陽道】竜雷太
【苅田 重明】大出俊
【清瀬 結衣子】大凪真生
【清瀬 結衣子(少女期)】當間真歩
【清瀬 美佐子】立石涼子
【菊池 久明】尾崎右宗
【広川 東吾】若杉宏二
【合歓垣 早苗】高橋月

第6話2013/02/1811.3%【脚本】岡芳郎
【演出】酒井聖博
消えた交番巡査…いぬのおまわりさんの秘密
向島中央署押上交番の寺田正一巡査長(林家正蔵)の元に、「落とし物です」と小学生がセカンドバッグを届けに来た。知らないオジさんから頼まれて、代わりに届けに来たという。中には警察のマスコットキャラクターのストラップが付いた携帯電話のみ。と、突然、携帯電話が鳴って寺田が出た…。
それからほどなく、押上分署の久米島課長(升毅)に「寺田が消えた」との連絡が!? 早速、安積(佐々木蔵之介)と小池(福士誠治)が押上交番に駆けつけ、寺田と一緒に勤務している岡部(絲木建太)巡査に事情を聞くと、午前8時15分頃、寺田が警ら用の自転車で慌てて飛び出していったきり、無線にも本部との連絡用ピーフォンの呼びかけにも応答は無いとのことだった。その後、近くの公園で寺田が乗っていた自転車と所轄系無線機、受令機が発見されたが、本人の行方はわからないままだ。
押上分署では、久米島、安積、小池、岡部巡査、そして向島中央署の地域課課長・冨坂警部(山中敦史)が寺田についての対策を検討していた。冨坂警部は、警察の威信に関わる問題だけに出来るだけ穏便に処理しようとするが、警察官が制服姿でしかも拳銃を所持したまま失踪していることから、重大事件に繋がる可能性も視野に入れて慎重に捜査に乗り出すことになった。

当の寺田本人はその頃、制服姿のまま、周りの視線を浴びながら携帯電話を握り締め、青い顔をして街を右往左往していた。果たして、どこへ向かっているのか? そして、携帯電話の相手は誰なのか?
鑑識の千春(加藤夏希)がGPSを使い、無作為に動き回っていると思われる寺田の動きを補捉、小池がスマートフォンでそのデータを確認しながら寺田を追跡することに。しばらく追跡していると、寺田の動きを捕捉したGPSのポイントが1点で静止。その場所へ小池が駆けつけると、寺田のピーフォンと警棒がこれ見よがしに置かれていた…。
【寺田 佐和子】野村真美
【寺田 政則】浜田道彦
【寺田 則行】矢部光祐
【梶谷 元】田中仁
【志賀 一馬】神農直隆
【志賀 昌子】福井裕子

第7話2013/02/2512.3%【脚本】大川俊道
【演出】吉田秋生
温泉街に消えた5000万…伊豆湯けむり旅情編
横領事件で手配中となっている中田文彦(吉澤宙彦)の車が、伊豆で発見されたとの知らせを受け、安積(佐々木蔵之介)と小池(福士誠治)が現地へと向かった。六本木のナンバーワンキャバクラ嬢・矢野麻沙美(木村智早)に貢ぐために、経理係長だった中田が5千万を横領したものと見られていた。麻沙美の出身地は静岡県の伊東市で、事件発覚後と共に店を辞めていることから、中田が麻沙美を追って伊豆に現れる可能性は高い。
伊豆東署へ訪れた安積と小池は、刑事課長の桐山隆三(田中隆三)と刑事・向井邦夫(スマイリーキクチ)らに事情を聞いたのち麻沙美と接触するが、中田の横領は知らなかったとしか証言は得られなかった。
麻沙美の自宅を後にした安積らは、麻沙美がどう言おうと中田が麻沙美を探しているのは間違いないとみて、麻沙美を張り込むことに……と、そのとき、中田らしき人物が現れた。声をかけようと安積らが近づくと、その人物は逃走。その後追う安積らに、突然、ある女性が立ちはだかると、安積らを倒してしまった。

ほどなく、伊豆東署に戻った安積と小池。その2人の前には安積らの追跡を妨害した女性がいた。その女性とは、伊豆東署の女性刑事・片瀬陽子(高野志穂)だった。上司の桐山に雷を落とされ、平身低頭の陽子。3年前から追っている強盗殺人事件の主犯・海道武(渋谷謙人)の実の姉が麻沙美で、麻沙美が数日前に戻ってきたという情報を得て張り込んでいたところ、見知らぬ男たちが東京ナンバーの車で麻沙美を訪ねてきたので、海藤の関係者と間違えてしまったという。その話を聞いた安積は、追っている事件はそれぞれ別だが、マークする人物は一緒ということで、合同捜査を提案する。
そんなある日、久米島(升毅)だけとなった押上分署に突然、川口刑事部長(里見浩太朗)がやってきた。ちょっと偵察に立ち寄ってみたという川口は、「安積班もそろそろこの町の住人と親しくなってきた頃では」と久米島に尋ねるが、久米島は「15年間、閉ざされていたものが、そう簡単に開くとは思えない」と答える。一体、2人はなにを話しているのだろうか……???
【片瀬 陽子】高野志穂
【長友 昌樹】金山一彦
【矢野 麻沙美】木村智早
【桐山 隆三】田中隆三
【海道 武】渋谷謙人
【向井 邦夫】スマイリーキクチ
【中田 文彦】吉澤宙彦

第8話2013/03/049.9%【脚本】いとう斗士八
【演出】武藤淳
容疑者は初恋のカレの母親!?結城刑事号泣す
とあるスナックの雇われママ・池澤元子(三輪ひとみ)という女性と、内縁関係の村田博(工藤俊作)という男性が遺体で発見された。第一発見者はその店に勤めるホステスで、元子が開店時間になっても現れないため、元子のアパートを訪ねたという。荒れた部屋の状態から見て、村田が元子を殺害しての無理心中か? 残されたバッグの中から、銀行の帯封が付いたままの現金200万円が見つかった。
ほどなく、安積班は2人の関係先を中心に捜査を開始。スナックの従業員によると、村田はすぐに暴力をふるう男で、以前も店で元子が殴られていたことを見たという。また、村田の勤め先の造園会社社長・斉藤(丹古母鬼馬二)によると、勤務態度が悪く、今度無断欠勤をしたらクビにしようと考えていたが、最近出入りしている片山家の仕事だけは真面目に現場をこなしていたので、クビを言うきっかけを失っていたとのことだった。

そこで、安積(佐々木蔵之介)と結城(比嘉愛未)が、事情を聞きに片山家へ向かうと、なんとその家は、結城の高校時代の初恋の人・片山春樹(小柳友)の家だった。7年ぶりの再会となった結城を春樹の父・慎一郎(山下規介)ほか家族たちは歓迎し、近々、妹の莉奈(市山涼香)が結婚すると結城に報告。結城は自分のことのように喜ぶ。そんな中、安積は、妻の澄子(山下容莉枝)の落ち着きのない態度のほか、事件現場に残された200万円の帯封に記載されていた銀行名と、片山が経営する会社のメインバンクが同じだったことが気になっていた。
念のためにと、片山家が取引している銀行へ聞き込みに行くと、「娘の結婚準備のために」と言って、澄子が200万円を引き出していたことがわかる。一方、元子と村田の身辺を調べていた小池(福士誠治)から、元子が50歳前後の女性と喫茶店で会っていたという目撃証言を得たとの連絡が入った。
安積は、澄子が事件に関与している可能性もあると推測するが、澄子とも親しかった結城は「そんなことをする人では無い」と反論。そんな結城を安積は「状況を冷静に判断できないなら捜査から外れた方がいい」とたしなめる。刑事という仕事に悩み、葛藤する結城は……。
【片山 春樹】小柳友
【片山 澄子】山下容莉枝
【片山 慎一郎】山下規介
【村田 博/櫛田 博敏】工藤俊作
【池澤 元子】三輪ひとみ
【片山 莉奈】市山京香

第9話2013/03/1111.6%【脚本】大川俊道
【演出】吉田秋生
課長撃たれる!遂に明かされる15年前の真実
外務大臣の警護に借り出されていた尾崎(小澤征悦)が、安積班に帰って来た。安積(佐々木蔵之介)、結城(比嘉愛未)、小池(福士誠治)も尾崎との再会を祝って、飲み会を開こうと相談している矢先に、久米島課長(升毅)が撃たれたとの報せが。久米島は重症を負い、生死の境を彷徨っている状況だという。
事件現場は、とあるバーから数百メートル離れた場所。バーの店員によると、久米島は誰かと待ち合わせをしていた様子だったが、電話で会話した後に店を飛び出して行ったという。毎日5時15分には退勤していた久米島を、安積らは真っ直ぐ帰宅していると思っていたが、久米島宅のマンション管理人によると、5年前に入居して以来1人住まいで、家族らしい人は見たことがなく、帰宅も毎日遅い時間だったことが分かった。

ほどなく、向島中央署に捜査本部が置かれると、陣頭指揮を執る中西徹管理官(石橋保)は、久米島の身内となる安積班を捜査から外した上で、「一刻も早く検挙できるよう全力を尽くせ」とゲキを飛ばす。一方、安積班は捜査一課長の真山(高島礼子)から、15年前、川口刑事部長が日本橋署の署長時代に起きた1億円の「現金輸送車強奪事件」で、同署の刑事課にいた久米島が捜査一課の応援に選抜されたが、誤認逮捕という重大なミスを犯した経歴があると聞く。川口と久米島にそんな接点があったのかと、安積は驚きを隠せない。真山はそんな安積に、15年前に起きた事件の再調査をするようにとの、川口刑事部長の指令を伝えた。
当時、久米島は、1億円近い負債を抱えながら、事件発生後に全てを返済している男を、犯人と特定して逮捕に踏み切った。しかし、逮捕後に確かなアリバイが発覚したことで、当時捜査を引っ張っていた久米島に誤認逮捕という経歴が残ることになってしまったのだった。
事件当時の関係者を一から捜査し直す安積班だったが、そんなとき、久米島を撃った銃と、15年前の事件で使われた銃が同一のものだったと、丸岡(六平直政)ら鑑識チームの調べで判明する。
【中西 徹】石橋保
【坂木 治郎】榊英雄
【平沼 和夫】影丸茂樹
【戸田 浩志】山崎画大
【竹本 順次】竹本純平
【村上 省三】宗村嘉映
【藤谷 俊一】井上直樹
【藤谷 由加里】秋月三佳
【藤谷 由加里(幼少期)】小泉彩

第10話2013/03/1810.3%【脚本】大川俊道
【演出】酒井聖博
ひとつの命のために
久米島(升毅)は既に時効となった現金強奪事件を、押上分署に異動してからも密かに追い続け、多くの目撃証言を残しながら忽然とその姿を消した“赤いジャンパーの男”と思われる人物に接近したことで撃たれたと見られていた。
安積班は、影ながら15年前の事件捜査を手伝っていた寺田巡査長(林家正蔵)から、「押上リバースにはもうひとつ顔がある」「町ぐるみでウソをついている気がする」と久米島が語っていたとのヒントを得た。そして当時、押上リバースのメンバーだった、おでん屋とくよしの徳吉(金田明夫)と、チームの担当医だった水沢医師(橋爪功)が捜査線上に浮かぶ。安積(佐々木蔵之介)と結城(比嘉愛未)が二人を訪ねるが、「刑事として話を聞きたいなら礼状をもってこい」と、そっけない態度でかわされてしまう。

一方、尾崎(小澤征悦)と小池(福士誠治)は、15年前に誤認逮捕されて、現在は区議会議員となっている平沼和夫(影丸茂樹)をマークする。また捜査本部は、15年前に襲われた現金輸送車に乗っていた、今は老舗呉服屋の主人となっている坂木治郎(榊英雄)を、久米島を撃った容疑者と断定して、その行方を追っていた。
それぞれ捜査を進める安積班だったが、15年前、ある難病の少女を助けようと、押上リバースのメンバーが中心となって募金活動を行っていたことを掴む。その活動のおかげで目標額の1億円の募金が集まり、少女は渡米して手術を受け、現在も元気に生活しているというが、少女が渡米する2日前に現金強奪事件が起きていたのだ。強奪されたお金が、少女を助ける費用に当てられたのか? 久米島がいう押上リバースのもう一つの顔とは、このことなのか?
そんなとき、久米島の意識が戻ったとの連絡が……。

   

【ハンチョウ 警視庁安積班6】スタッフ

原作
今野敏
脚本
大川俊道, いとう斗士八, 岡芳郎, 荒井修子
音楽
遠藤浩二
演出補
古林淳太郎, 小野田浩子, 小田彩, 入佐友弥, 島崎敏樹
演出
酒井聖博, 村田忍, 竹村謙太郎, 竹園元, 荒井光明, 吉田秋生, 武藤淳
プロデュース
橋本孝, 遠藤正人
制作
ドリマックス・テレビジョン, TBS
                  

【ハンチョウ 警視庁安積班6】出演者

安積 剛志
佐々木蔵之介
尾崎 誠
小澤征悦
結城 沙緒里
比嘉愛未
小池 竜也
福士誠治
久米島 保
升毅
丸岡 喜一郎
六平直政
木村 千春
加藤夏希
真山 塔子
高島礼子
城戸 章弘
合田雅吏
川口 総太郎
里見浩太朗
寺田 正一
林家正蔵(9代目)
水沢 圭次郎
橋爪功
村松 彩子
池亀末紘
阿部 桃子
吉川友
徳吉 幸吉
金田明夫
                  

【ハンチョウ 警視庁安積班6】関連ドラマ

ハンチョウ 警視庁安積班6【前編】
ハンチョウ 警視庁安積班5
ハンチョウ 警視庁安積班5

ハンチョウ 警視庁安積班6【シリーズ】
ハンチョウ 神南署安積班2
ハンチョウ 神南署安積班2

ハンチョウ 神南署安積班4 ~正義の代償~
ハンチョウ 神南署安積班4 ~正義の代償~

ハンチョウ 神南署安積班
ハンチョウ 神南署安積班

ハンチョウ 神南署安積班3
ハンチョウ 神南署安積班3

2013冬ドラマ