【無料動画視聴】早海さんと呼ばれる日【あらすじ】

【早海さんと呼ばれる日】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

早海さんと呼ばれる日

2012冬ドラマ【早海さんと呼ばれる日】

放送局
フジテレビ
放送開始日
2012/01/14
放送時間
日曜21:00~

2012年1月15日(日)からスタートする『早海さんと呼ばれる日』は、松下奈緒演じる結婚を夢見てきた家事の出来ないお嬢様が4人兄弟の長男と結婚し、男だらけの家庭に入り、最初は価値観や育った環境が違いすぎるためにとまどい、何も役に立てず早海家の男たちに非難をあびるが、一緒に暮らすうちに家族それぞれとの絆が生まれ、一家に欠かせない最強の「早海家の嫁」に成長していく姿をリアルに描くホームドラマ。

   
   
第1話2012/01/159.8%
夫婦になることは家族になること
おもちゃメーカーで働く金井優梨子(松下奈緒)は、恋人で同僚の早海恭一(井ノ原快彦)とおしゃれなレストランへ来ていた。緊張して、なかなかプロポーズができない恭一を見かねた優梨子は、プロポーズを待たずに「はい」と返事をする。お互いの家族を会わせる日を相談していた2人。優梨子は両親と共に早海家に行くという提案をするが、恭一は家がリフォーム中であることから申し出を断った。しかし、リフォーム中というのは恭一の嘘で…。
顔合わせの日。高級レストランに先に到着した優梨子と優梨子の父・拡(中原丈雄)と母・満智子(かとうかず子)と恭一。やがて豪快に恭一の父・恵太郎(船越英一郎)と母・陽子(古手川祐子)が入ってきた。続いて、来る予定ではなかった二男の研二(要潤)、三男の馨(中丸雄一)、四男の優三(森永悠希)が入ってくるのを見てあ然とする恭一。会食が進む中、優梨子と恭一が2人だけでマンションで暮らすと聞いた恵太郎は一瞬表情をこわばらせるが、すぐに笑顔を見せた。つられて笑う一同だが、なんとなく気まずい空気が流れる。結婚式と新婚旅行が無事に終わり、2人だけの幸せなマンション暮らしが始まった。そんな中、恭一の実家に行くことになった優梨子は、その古い家屋に、想像していたものとのギャップを感じて驚く。それでも働き者の陽子のおかげで家の中はきれいに保たれているはずだったが、中は散らかり放題の状態で…。

第2話2012/01/2210.1%
家族のお世話してるつもりでいい気になりました
早海優梨子(松下奈緒)は、家出した義母・陽子(古手川祐子)が帰ってくるまで、早海家の嫁として恭一(井ノ原快彦)の実家で暮らすことを決意する。張り切って引っ越して来た優梨子を戸惑いながら迎え入れる早海家の面々。
夕食になり、優梨子が出前でとった高級な寿司に舌鼓を打つ恵太郎(船越英一郎)たち。そんな中、早海家に優梨子の母・満智子(かとうかず子)が訪ねて来た。優梨子が早海家に入ったことに怒り心頭の満智子は、恵太郎に早海家と金井家では環境が違うと訴える。その言葉にカチンときた恵太郎は連れて帰ってもいいと言い切るが、優梨子は自分で決めたことだと満智子に帰るように告げる。渋々と帰っていく満智子だが、その後も早海家には気まずい空気が流れる。
翌朝、優梨子が起きてくると出勤や登校の準備に追われる家族たちが続々と起きてくる。朝ごはんも用意しておらず、かつ料理が得意ではない優梨子の段取りの悪さに朝食を取らずに家を出る恭一や研二(要潤)たち。恵太郎は出汁もとってない味噌汁に呆れ果てる。その後も洗濯や洗濯物の分類など家事がうまくこなせず馨(中丸雄一)からも怒りの声が飛び出す。さらに、夕食に買ってきた惣菜を出した優梨子に恭一以外の兄弟から不平が溢れ…。

第3話2012/01/2910%
お義母さんは、なぜ家族を捨てたの?
夕食の買い物に来た早海優梨子(松下奈緒)は、財布にお金がないことに戸惑う。改めて確認してみると、給料日まで10日もあるのに使えるお金が1万円程度しかないことに気付き、恭一(井ノ原快彦)に相談する優梨子。恭一は家族会議を開き、恵太郎(船越英一郎)に店の営業を再開するように言うが、誰にも指図されたくないと部屋を出ていく。1万円しか入れてない研二(要潤)にももう少しお金を入れるように頼むが、今で精一杯だと拒否。逆に、お金が足りなくなったのは優梨子の金銭感覚が足りなかったからだと訴える。指摘されて、買い物をするのに値段を見たことがなかった優梨子は反省し、10日間を1万円で乗り切ってみせると宣言する。
翌日から優梨子の慣れない節約生活が始まった。買い物に自転車を使ったり、百円ショップやスーパーの特売セールを利用したりと奮闘する優梨子。新装オープンのパン屋では、店員の入江亜季(山口紗弥加)と知り合いになった。そんな中、家ではなぜか研二や馨(中丸雄一)の大事にしていた本などが紛失していた。
また、参考にと義母・陽子(古手川祐子)が付けていた家計簿を見ていた優梨子は、毎月“入”という項目で2万8千円の入金があることがわかる。調べるとガラスアート店からの入金であることがわかり、陽子が内職して家計の足しにしていたことが判明。それを知った恭一は…。

第4話2012/02/0510%
馨さんが就職決まらないのは家のせい?
早海優梨子(松下奈緒)は、恭一(井ノ原快彦)から陽子(古手川祐子)が家に戻る意思がないことを聞き、この先ずっと早海家で暮らすことを決意する。優梨子は家計を助けるためにパートを始めようと近所のパン屋に面接に行く。同じ頃、就職活動中の馨(中丸雄一)も会社の面接を受けていた。面接官の質問にそつなく応える馨。その帰り道、もう何社目かわからないほどの不採用を示す"お祈りメール"を見ながら家に着くと、優梨子からパン屋の面接に受かり週3日のパートに出ることを聞かされる。さらに落ち込む馨だが、夕食時にも何社も落ちていることを恵太郎(船越英一郎)や兄弟から責められ、特技がない、声が小さいなどダメ出しまでされて苛立ちを募らせる。研二(要潤)は、会社役員をやっている優梨子の父・拡(中原丈雄)にコネが使えないかとまで言い出し、馨は戸惑う優梨子に余計なことをしないで欲しいとテーブルを離れる。必死で就職先を探す馨の姿を遠くから見つめる恵太郎。優梨子も少しでも力になろうと自分の就職活動時に使っていた本やノートを渡すが、投げやりな気持ちになっている馨は古いなどと文句を言い出す。恭一からは心願成就のお守りを渡され、ますます複雑な気持ちになっていく馨。そんな中、恵太郎はめずらしくスーツを着て、どこかに出かけて行く。新卒者のための緊急就職面接会会場にやってきた馨は、フロアにあふれる人を見て大きなため息をつく。すると、ヒマそうにしていた1人の男性に手招きをされ…。

第5話2012/02/1210.7%
私も、死んでも帰らないから!
早海優梨子(松下奈緒)は、就職活動中の馨(中丸雄一)の力に少しでもなりたいと思い、父・拡(中原丈雄)の力を借りたいと頼み込む。無事に面接を終え、今まで以上の手応えを感じていた馨だが、結果は不採用だった。恭一(井ノ原快彦)から優しい言葉で励まされ、逆に今まで抑えていた不満を爆発させる馨。そんな彼の頬を優梨子は思わず叩いてしまい、恵太郎(船越英一郎)も「そんなに家が嫌なら出て行けばいい」と言い放ち、ついに馨はその勢いのまま家を出て行ってしまう。出て行ってしまったのは、自分のせいではないかと気にする優梨子は馨のことが心配でたまらず、バイト先のファミリーレストランまで足を運ぶ。お金もなく行く先もないにもかかわらず、どうしても早海家には帰らないと言う馨を、優梨子は必死に自分の実家へ連れて行く。突然の訪問にとまどう優梨子の母・満智子(かとうかず子)であったが、優梨子のひたむきさに、馨を泊めることを許した。また拡は自らの家のこと、就職活動についてありのままを話した。それは馨の想像とは違い、意外なものだった。
季節はバレンタイン。準備に悩む満智子に馨は「ドーナツを作ってみたらどうか」と積極的にアドバイスをし、一緒に手伝うことに。出来上がったドーナツを優梨子と満智子においしいと褒められ、何とも言えない気持ちになった馨は…。

第6話2012/02/1910.4%
家族に言えない研二さんの秘密
夕食の買い物帰りに優梨子(松下奈緒)は、研二(要潤)と商店街で会い、一緒に家に帰る途中、公園でボール遊びをしていた入江亜季(山口紗弥加)とその息子・陽(須田琉雅)と遭遇する。互いに驚く研二と亜季。2人は高校時代の同級生だったのだ。同窓会以来の再会をはたした2人は、ぎこちない会話を交わす。父親はいないと言う亜季だったが、ボール遊びの最中に転んでも泣かない陽を見て優梨子が「強いね、ママに似たのかな」と言うと、自分はパパに似ていて、そのパパはジュリーというのだと話す。研二との突然の再会にも、何とか動揺を隠しきった亜季。一方、研二はそんな彼女の心の内を知るよしもなかった。
早海家の晩ご飯には鯛のお刺身が並び、その豪華さに馨(中丸雄一)が高くなかったかと聞くと、優梨子は研二のおかげでおまけしてもらったと話す。いまだに商店街のヒーローなのだと、かつて高校野球で全国3位までいった輝かしい研二の過去を、誇らしげに恵太郎(船越英一郎)が続けて話した。しかし、契約社員である現状を心配する恭一(井ノ原快彦)からはそろそろ落ち着くべきだと言われるが、研二は早々に食卓を後にする。研二の活躍が取り上げられた新聞記事のスクラップを見る優梨子と恵太郎。顔が似ていることから、ジュリーと呼ばれていたことを明かし、優梨子の頭の中では陽が、パパはジュリーなのだと話していたことを思い出す。
一方、バレンタインにT.Kとイニシャルの入ったメッセージ付きのチョコレートをもらった優三(森永悠希)は、その文字から送り主が同じ野球部のキャプテン・岸本翼(松本隆志)からなのではないかと思い始め…。

第7話2012/02/2611.9%
父親としての責任はどうするんですか?
優梨子(松下奈緒)から、亜季(山口紗弥加)の息子・陽(須田琉雅)が自分との間の子どもだと聞いた研二(要潤)は、このことは誰にも言うな、と優梨子に釘を刺す。そこへ、恭一(井ノ原快彦)と恵太郎(船越英一郎)が来るが、優梨子は仕方なく話をそらす。
亜季と陽のことが頭から離れない研二は、仕事場で奇声を発したりミスを連発。いつもと違う様子に、周囲から不審がられる。そこへ、携帯に亜季からのメッセージが入った。亜季は、話がしたいから時間を取ってくれと言う。早海家では、馨(中丸雄一)からパソコンを教わった恵太郎がネット通販やオークションにハマり、買い物に夢中になっていた。
そんな日の夜、優梨子のところに研二が来て、他人のくせに人の人生を変えるようなことを言うな、と文句を付け始める。さらに、陽を息子だと言うのはDNA鑑定をしてからだ、とまで言い放つ。と、その瞬間、研二は傍に恵太郎が立っていたことに気づいた。研二はごまかそうとするが、恵太郎の猛烈な勢いに押され、事実を打ち明けた。
それを聞いた恭一、馨、優三(森永悠希)は、予想外の告白に驚愕する。
後日、研二は重い気持ちのまま亜季に会いに行く。亜季は、陽の父親は研二だが、関係があったのは昔のことだし、自分たちのことは気にしないでくれ、と伝えた。拍子ぬけした研二は、それでも何かできることはないか、と打診するが、亜季は研二に頼ることなどないと断った。
同じ頃、研二のことを気に病んだ優三が、家出中の母・陽子(古手川祐子)のところに相談に行くと言って家を出た。優梨子は慌てて優三を追うが…。

第8話2012/03/049.9%
夫婦が壊れるなんて信じたくありません
かつて優梨子(松下奈緒)が所属していた企画部に異動になったばかりの恭一(井ノ原快彦)。新商品開発会議にチーフとして参加するが、慣れない環境もあり、アイデアが浮かばず、ただ他の人の意見をメモとるだけの自分に落ち込んでしまう。
「ガテマラ」では、恵太郎(船越英一郎)に常連客たちが“ガテマラ祭り”をやろうと持ちかけていた。ガテマラ祭りとは、恵太郎と陽子(古手川祐子)がガテマラをオープンさせた3月1日に、常連さんやご近所を誘って行われるパーティーで、30年以上続いている恒例行事だった。まったく気乗りしない恵太郎に代わり、優梨子は自分でやりくりをしてガテマラ祭りを実現させると宣言する。その日は優梨子と恭一の付き合い始めた記念日でもあった。夜、仕事があまり順調でなさそうな恭一を心配した優梨子は協力を申し出るが、恭一は自分で頑張るからと断った。
ある日、パチンコ屋から出てきた恵太郎は優三(森永悠希)を見かける。声をかけようとするが、路地裏に入った優三は一緒にいた岸本翼(松本隆志)と手をつないで歩き出して…。

第9話2012/03/1110.7%
恭一さん、私の前で無理して笑わないで
優梨子(松下奈緒)はデザイナーの鳥谷秋彦(高橋一生)からの電話で、直接会って話したいことがあると言われる。恭一(井ノ原快彦)は、鳥谷に契約を断られたことで新商品開発のチーフから外されていた。家では仕事の話をしない恭一を励ますため、夕食に好物を作り続ける優梨子。
ある日、「ガテマラ」に恵太郎(船越英一郎)が送ったメールを見た、リフォーム会社の若い営業マン・椎名(尾上寛之)が訪ねてきた。椎名は店を見回すと、これまでの例をあげながらリフォームのアイデアを出す。さらに、モニターになればリフォーム金額の7割を会社が負担すると言い出した。優梨子は、呼び出されて鳥谷の事務所にやってきた。鳥谷は優梨子の夫とは知らずに恭一に対する愚痴をこぼし、そして…。
リフォームモニターの審査を受けることになり、椎名が作業員を連れて「ガテマラ」にやって来た。床下検査の結果、水道管やガス管の痛みが激しいことがわかり、補修工事を勧められた。リフォームモニターになれば補修工事額よりもはるかに多額の割引が受けられることもあり、迷う恵太郎。そんな中、仕事帰りの研二(要潤)は、喫茶店でポツンと時間をつぶしている恭一を見かけた。

第10話2012/03/1811.9%
何より大事なものができました
優梨子(松下奈緒)が家を出て行った。恭一(井ノ原快彦)は、優梨子の実家や知り合いに連絡をとってみるがどこにもいない。研二(要潤)や馨(中丸雄一)や優三(森永悠希)も心配するが、恭一の様子もおかしく、不安を募らせる。その頃、優梨子は…。
ある日、ガテマラにリフォーム詐欺を仕掛けた椎名(尾上寛之)がヤクザ風の男たちを引き連れて集金にやってきた。優三から連絡を受け恭一が駆けつけると、男たちと恵太郎(船越英一郎)と研二と馨が対峙していた。恭一はすぐに50万円を渡し、これで引き取るように冷静に訴える。椎名が札を数え始めるが、研二はすぐさま封筒を取り返した。それでも封筒を渡そうとする恭一と取り返そうとする研二はケンカになるが、椎名は封筒を手にそそくさと出て行った。お金を渡したことを責める研二に、恭一は根に持たれる方が怖いと訴えるが、お金を払ったことで恵太郎が本当に詐欺にあったことになるという研二の言葉にハッとする。さらに優梨子との出来事に触れ、普段ガマンしているから最悪の言葉を最悪のタイミングで言うことになると言われた恭一は、兄弟の前では逆ギレしながらもすっかり落ち込む。
それぞれの方法で優梨子を探す早海家の兄弟たち。そんな中、優梨子の携帯に陽子(古手川祐子)からの着信があり、2人で会うことになる。一方、早海家には優梨子がいなくなったことを聞いた金井満智子(かとうかず子)が訪ねて来て…。

   

【早海さんと呼ばれる日】スタッフ

脚本
大島里美
演出
河野圭太, 城宝秀則
企画統括
成河広明
編成企画
水野綾子
プロデュース
貸川聡子, 山崎淳子
制作
フジテレビ
制作著作
フジテレビ
                  

【早海さんと呼ばれる日】出演者

早海 優梨子
松下奈緒
早海 恭一
井ノ原快彦
早海 研二
要潤
早海 馨
中丸雄一
早海 優三
森永悠希
金井 満智子
かとうかず子
金井 拡
中原丈雄
早海 陽子
古手川祐子
早海 恵太郎
船越英一郎
                  
2012冬ドラマ