【無料動画視聴】ストロベリーナイト【あらすじ】

【ストロベリーナイト】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

ストロベリーナイト

2012冬ドラマ【ストロベリーナイト】

放送局
フジテレビ
放送開始日
2012/01/10
放送時間
火曜21:00~

誉田哲也の人気ミステリーを原作に、2010年11月13日(土)に土曜プレミアムで放送さ
れたスペシャルドラマ『ストロベリーナイト』。
竹内結子が刑事役に初挑戦し、衝撃的な内容で話題となった同作が2012年1月10日(火)から連続ドラマ(毎週火曜9時)として放送される。
主演の竹内が演じるのは、ノンキャリアで成り上がり系の警視庁捜査一課の女性刑事・
姫川玲子。スペシャルドラマでは、ため池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見されたことが物語の発端だった。姫川玲子をはじめとした魅力的
な登場人物、スピーディでスリリングなストーリー展開、衝撃的な結末に視聴者の関心が集まり、視聴率も14.0%(ビデオリサーチ調べ関東地区)と健闘した。連続ドラマでは「ストロベリーナイト」に続く姫川玲子シリーズの原作から、「シンメトリー」「ソウルケイジ」「感染遊戯」(光文社刊)よりエピソードを抜粋して物語を展開する。

   
   
第1話2012/01/1016.8%
シンメトリー
100人を超える死傷者を出した、10年前の列車転覆事故。引き起こしたのは、踏切内に進入した飲酒運転の車だった。危険運転致死罪はまだ存在せず、運転していた男、米田靖史(当時24)(北上史欧)の刑期はたったの5年。ある日、出所後の米田が列車事故と同じ場所でれき死する。死体は、左右対称に真っ2つになっており、自殺と他殺両面の捜査が始まる。いつものように居酒屋で1人で飲んだ後、れき死体で米田が見つかるまでの時間は短いことから、おそらく計画的な犯行か。また、米田は殺害前に、「(鉄道会社、被害者、遺族への)賠償金の支払い義務が8億6千万円ある」と居酒屋でわめいていたらしい。
「被害者と遺族の会」会長、小川睦男(村上かず)の長女・実春(享年17)(藤本泉)は、列車事故でひどい死に方をした。警視庁捜査一課の姫川玲子(竹内結子)は実春が車両につぶされる直前、必死で彼女を助けようとした徳山(滝藤賢一)という駅員がいたことを知り、調べ始める。徳山はJRをとうに退職して現在は行方不明となっていた。大量の資料の中から、玲子は徳山のことが書かれている小さな新聞記事を見つける。「駅員の願いむなしく…最後まで乗客の救出を諦めず自らも負傷」とある。さらには、小川睦男も家のトイレで遺体で見つかった。地道な聞き込み等から、徳山が半ば「住んで」いるネットカフェにたどり着く。徳山のブースで玲子が目にした光景は…。

第2話2012/01/1716.9%
右では殴らない
覚醒剤使用の痕跡がある男性が劇症肝炎で死亡する症例が立て続けに発生。姫川玲子(竹内結子)は事件性を感じ、覚醒剤取締法違反である事件を連続殺人として捜査開始した。被害者は独身サラリーマン3名。西ヶ原警察署管内、亀有西署管内、高円寺警察管内で発見された。
今回の捜査の座組みは姫川班と三係の島班、遺体が発見された各所轄から生活安全課と刑組課の刑事が入るという。玲子のことが好きな井岡博満(生瀬勝久)も捜査に加わる。島(小木茂光)は菊田(西島秀俊)の師匠で、ひたすら足を使い、1つずつ可能性をつぶしてホシにせまるタイプで、手ごわい相手だ。さらに、玲子の気がかりはガンテツこと勝俣警部補(武田鉄矢)が介入してくることだ。
被害者3名はオンラインゲームサイト“ガチャゲー”に会員登録をしていて、ゲームの中で共通の相手と接触していた。玲子はホシがゲームの中で知り合った不特定多数の相手に毒入り麻薬を配っている可能性を疑う。一方のガンテツはドラッグの売人の遺体が所持していた黒と白のカプセル(ゼブラ)を入手する。科捜研を使って調べると、主成分は合成麻薬MDMAで、アセトアミノフェンという薬物が混ざっていたという。解熱鎮痛剤の一種で、大量に摂取すると劇症肝炎を引き起こす原因になる。玲子はガチャゲーの料金を引き落としているカード会社から、ある大物の存在に気付く…。

第3話2012/01/2416.4%
右では殴らない
姫川玲子(竹内結子)の調べで、覚醒剤使用の痕跡があり、劇症肝炎で死亡した被害者全員と接触していた人物が4人いた。うち3人は女子高生で、被害者たちと売春行為をしていたようだ。だが、その3人と毒入り麻薬との関連性はなく、残り1人が下坂勇一郎(北見敏之)という医師で、現在の総理大臣の政策ブレーンとして活躍しているという。下坂は劇症肝炎を引き起こす薬物や、麻酔剤などを入手できる環境にいる。さらに長年、薬物依存者のカウンセリングをしており、違法薬物撲滅協会の理事を務めている。姫川が下坂に任意同行を求めると了承するが、“ガチャゲー”なんていうサイトは知らないと否定する。島(小木茂光)が調べたところ、2週間前、下坂は海外にいたため、ガチャゲーにアクセスできない状況だった。また、下坂の携帯、パソコンにはガチャゲーにアクセスした履歴が一切なかった。カードの運営会社に問い合わせたところ、盗んだカード番号を使った不正登録ではないかということだ。つまり、「シド」と名乗る人物が下坂のカード情報を盗み出した可能性が高い。菊田(西島秀俊)から玲子に連絡が入る。恵比寿署管内のアパートで男の遺体が見つかり、劇症肝炎が死因だった。玲子と井岡(生瀬勝久)はクローンカードを作る業者に接触し、ある女子高生に辿り着く。

第4話2012/01/3116.3%
過ぎた正義
最近、立て続けに過去の事件の犯罪者2人が変死した。1人は5年前、女子高生3人を監禁暴行の上、最終的に殺害したが、最高裁で心神喪失により無罪となった吾妻照夫(28歳)(端本宇良)。そして6年前、当時15歳で、女子児童暴行殺人で捕まったが、少年法適用により、たった2年の刑で釈放となった大場武志(20歳)(柿沢隆史)である。吾妻は車にはねられ死亡。大場は薬物中毒で死亡した。
姫川玲子(竹内結子)たちが事件を調べていくと、3年前に女子中学生を監禁殺害して、2年ちょっとで出所している安井五郎(TOMO)にぶち当たる。だが、その安井も自宅マンションから飛び降りて死んでしまう。
吾妻、大場、安井は3人とも犯した罪の割に軽い刑、または無罪で済んだ犯人。この3人の共通点を調書から洗い出した結果、すべての事件に倉田修二警部補(杉本哲太)が関わっていることが分かる。そして大場の事件には“ガンテツ”こと勝俣警部補(武田鉄矢)も関わっていた。捜査員の情報の入ったパソコンで履歴を検索するが、倉田修二と入力しても「該当者なし」と出てくる。どうやら倉田のデータはロックされているようだ。ガンテツと会った玲子は、倉田について驚くべき事実を知る。

第5話2012/02/0715.4%
選ばれた殺意~過ぎた正義
姫川玲子(竹内結子)は“ガンテツ”こと勝俣警部補(武田鉄矢)から、女性暴行殺人事件の犯人3人の捜査に関わった倉田修二警部補(杉本哲太)が3年前に警察を辞めたことを聞く。理由は、息子の倉田英樹(石黒英雄)が交際相手の高校生、嶋田彩香(皆川玲奈)を刺殺したからだ。英樹は家裁で2年の刑に処せられて少年刑務所に収監されているという。さらに、倉田の妻・加奈子(おぐちえりこ)は、被害者の嶋田彩香の父親・勝也(吉満涼太)に自宅で殺されていた。
倉田と対峙した玲子は「最初、あなたは過ぎた正義感のために3人を殺したと思ったが、自分を追いつめるために3人を殺した。息子の英樹に自分の手で罰を与える決心が鈍らない様に…」と語りかける。
玲子は英樹と面会をしたいと思うが、英樹は会いたがらない。玲子は倉田の決意を変えるために何としても英樹に会いたいのだ。英樹は来週に出所することが決まったようだ。
玲子は倉田に息子の殺害を止めさせたいが、証拠はあるのかと突っぱねられる。玲子は倉田に「英樹君は私がどんなことをしても守る」ときっぱり言って立ち去る。そして、玲子は英樹の母親が生前に言っていたことを伝えるために英樹に会う。さらに、彩香の母親の澄子(渡辺杉枝)に会い、ある事実に気付いた玲子は…。

第6話2012/02/1414%
感染遊戯
激しい雨が降る夜、閑静な住宅地で、家の玄関から出てきた男が身を隠していた男にいきなりメッタ刺しにされた。現場検証が行われ、姫川班の面々が集合する。被害者は長塚淳(窪寺昭)。自宅玄関前で胸や腹、背中など9カ所を刺され、死亡した。被害者の長塚淳は東大卒で、大手製薬会社「濱中薬品」に勤めている。会社から帰ってきて、一旦家に入り、着替える間もなく呼び出され、サンダル履きで玄関の外に出たところ、いきなり何者かに襲われ、殺害されたとの報告がされる。死因は失血死。凶器は刃渡り17cmほどの文化包丁状の刃物。死亡推定時刻は昨夜の8時半頃。第一発見者は、午後11時10分ごろ帰宅した父の長塚利一(佐々木勝彦)。特殊法人「労災施設事業団」の理事だ。息子の淳の評判はよく、最近、大学時代から付き合っていた彼女と別れ話が出ていたようだ。
玲子(竹内結子)は、葉山(小出恵介)と警察学校の同期で卒配も一緒の成城南署強行犯捜査係の高野真弓(加藤あい)とコンビを組むことになった。事件のあった昨夜は激しい雨が降っていたため、現場の周辺から足痕および指紋は、現段階では採取できなかった。家に入った被害者を呼び出したのに、呼び鈴になぜ指紋が残っていなかったのか?と疑問に思った玲子は、家政婦の良枝(上岡紘子)の証言から、あることに気付く。いつもクールな葉山が捜査に熱心に取り組むが、過去のトラウマとなった事件を思い出し…。

第7話2012/02/2115.6%
悪しき実
暴力団組長が射殺され、特別捜査本部が設置された。姫川玲子(竹内結子)は大きなヤマを担当したかったが、捜査十係係長の今泉(高嶋政宏)から監察医務院の國奥(津川雅彦)の所に行くよう指示された。自殺か他殺か判断できない遺体が運ばれてきたようだ。ロープが首を1周していて、喉の前で交差しており、自分でやろうと思えばできる締め方でもあり、自殺を偽装したようにもみえる。國奥は死亡推定時刻は昨夜の午後11時前後だが、左半身だけ死後硬直が解けるのが早いのが気にかかるという。所轄の強行犯捜査係長によると今日の午後10時半頃、「マンションの部屋で男が死んでいるので見に来てほしい」と女の声で110番通報があった。警官がかけつけると通報者は不在だが、男の死体は存在していた。被害者は村田一夫という男だった。おそらく、通報者は死んだ男と同居していた女だと思われたが、通報後に姿を消している。玲子は遅れて捜査に加わったが、押収品で気になるものがあった。彫刻刀で削った箸置きのような形の13個の木片が並んでいた。また、ライティングビューローの奥から小さな鍵が見つかった。村田一夫というのは偽名で、本名は岸谷清次(松田賢二)。年齢は44歳で、10代の頃から札付きの悪で、少年刑務所にも入っていたことがあった。20歳の頃から暴力団事務所に出入りするようになり、23歳の時に大和会系の三次団体、吉田組の構成員となっていた。玲子は同居人の女が鍵を握っていると思い、部下に女の身元を洗うよう命じる。

第8話2012/02/2814.8%
悪しき実~嗚咽
マンションの一室で変死体で発見された岸谷清次(松田賢二)のマンションに出入りしていたのは「楓」というスナックのホステスで、春川美津代(木村多江)という女性だった。岸谷の部屋から見つかった小さな鍵は私書箱の鍵だった。中には缶があり、街で隠し撮りされたようなアングルの暴力団関係者の雰囲気をまとった男女の写真、34枚が入っていた。この前、射殺された神部組組長・神部剛敬(松本元)や鷹見組組長・鷹見幸彦(清水哲也)の写真もあった。その中で封筒に入れられた1枚の写真があった。どこかの海岸をバックに最高の笑顔を向けている美津代の写真だ。
捜査一課特設現場資料室の林警部補(半海一晃)に写真を持ち込んだ姫川玲子(竹内結子)は、神部と鷹見以外の3人も暴力団に関係があり、射殺されていることを教えてもらう。他の6人も暴力団に関わりがあり、写真に写っている11人全員が殺されていたとしたら…。玲子は11という数字にひらめきを感じ、今泉捜査十係係長(高嶋政宏)に岸谷が大和会系の殺し屋で、17歳の時の傷害致死と29歳の時の殺人を合わせて、13人を殺したのではないかと訴える。岸谷は自分が殺した人間の数だけ、木片を削っていたというのだ。岸谷の死の真相を知る美津代を探しに玲子は菊田(西島秀俊)と共に伊豆に向かう。

第9話2012/03/0613.8%
ソウルケイジ
多摩川土手に放置されたワンボックス・カーから、血塗れの左手首が発見された。近くにある工務店のガレージが血の海になっており、発見者の証言と切断現場に残された指紋との照合により、工務店経営の高岡賢一(石黒賢)の手首と判明した。遺体なき殺人事件として捜査が開始される。臨場班は日下守(遠藤憲一)、姫川玲子(竹内結子)の両班体制だ。
高岡工務店には、三島耕介(濱田岳)という従業員が勤務していた。高岡のガレージが血まみれになっているのを通報したのが三島だ。三島のアリバイは、恋人の中川美智子(蓮佛美沙子)から当該時刻に一緒にいたという証言を得ている。
三島の父は、13年前に、木下興業の建設現場で事故死している。その当時、高岡は中林建設にいて、三島の父はその下請け会社でとび職をやっていた。そして、高岡が勤めていた中林建設は田嶋組のフロント企業だとわかった。
井岡(生瀬勝久)と組んだ玲子は高岡の住んでいた家の近所の鈴木不動産の主人から、高岡はたばこ屋の息子で、鉄道会社に勤めていたことを聞く。高岡は中林建設に勤めるわけがないと主人は言う。中林建設の激しい地上げによる嫌がらせで、高岡の母が自殺したというのだ。
田嶋組は保険金詐欺に深く関わっており、三島の恋人の美智子の父親も木下興業でとび職をしていて、2カ月前に転落死をしていた。

第10話2012/03/1312.9%
檻に閉じ込められた親子~ソウルケイジ
玲子(竹内結子)は、血塗れの左手首の持ち主と考えられる高岡賢一(石黒賢)の幼馴染に高岡の写真を見てもらい、写真の人物が高岡でないことを確認する。
木下興業の建設現場での転落事故死…借金で首の回らなくなった人間を木下興業の建設作業員として現場に送り込み事故死させ、その保険金で借金を清算させるという闇社会の手口が見えてくる。
木下興業の総務係長で、保険金担当をしているやくざ崩れの男、戸部真樹夫(池田鉄洋)の行方が分からなくなっていることがわかった。中林建設から出向しており、母親の姓を名乗っているが、父親は田嶋組初代組長、田嶋正勝。母親は田嶋の愛人だったホステスだ。
高岡は、自分が死んだ際の保険金の受け取りを、内藤君江(南風佳子)と三島耕介(濱田岳)宛てにしていた。君江は48歳、独身で小さな定食屋を経営している。かわいがっている三島に1000万の受け取りは分かるが、なぜ血縁でもない内藤君江を5000万円もの保険金の受取人としたのか。
君江は内藤雄太(森義洋)という20歳の青年を病院に見舞う。13年前、7歳の時の交通事故が原因で全身麻痺になった。母親はその事故で死んだが、父親のことはただ死んだとしかわからない。君江が13年前からずっと世話をしているというのだ。
玲子は捜査会議で、高岡賢一、内藤君江、内藤雄太の関係についてある推測を披露するが…。

第11話2012/03/2015.9%
こんなにも人を愛した殺人者がいただろうか~ソウルケイジ
玲子(竹内結子)による、高岡の実家付近への聞き込みで、意外なことが判明した。今まで「高岡」だと思っていた人物は、実は別人だった。玲子は「高岡」が、内藤和敏という男で、全身麻痺で入院している20歳の内藤雄太(森義洋)の父親、そして、内藤君江(南風佳子)の弟だと推測する。13年前、地上げに巻き込まれて高岡賢一は自殺。暴力団のフロント企業である中川建設は、高岡の死が土地取引の障害になるため隠ぺいしたいと考えた。その頃、自分の起こした交通事故で妻を死なせ、息子を全身麻痺にした男がいた。それが、建設作業員の内藤和敏(石黒賢)である。息子の入院費を工面できずに困っていた内藤に中川建設が近づく。中川建設は、自殺したのは高岡ではなく内藤であるかのように偽装。内藤は、戸籍乗っ取りで「高岡賢一」として生きていくことを決意したようだ。そして、この保険金詐欺により、姉の君江に3000万の保険金を受け取らせ、雄太の入院費にあてたようだ。おそらくこの保険金詐欺と戸籍乗っ取りのネタで、内藤は木下興業の戸部真樹夫(池田鉄洋)に脅迫されていたのだろうと思われた。戸部が高岡(すなわち内藤和敏)を殺害したのだろうか?戸部の行方は、今もって分からない。
多摩川で遺体の一部、胴体が発見され、胴体のDNAが「高岡」の左手首のものと一致した。だが、玲子は胴体が「高岡」のものではないと推理する。玲子は胴体がある人物のものだと推測するが、橋爪管理官(渡辺いっけい)に、なぜ胴体のDNAが左手首のものと一致したのかと詰め寄られる。「高岡」が実の息子のように面倒を見ていた三島耕介(濱田岳)も発見された胴体が高岡のものだと断言する。
玲子は監察医の國奥(津川雅彦)から、胴体と左手首のDNAが一致した原因を教えてもらい、苦しみながらも事件の真相に近づいていく。

   

【ストロベリーナイト】スタッフ

原作
誉田哲也
脚本
龍居由佳里, 林誠人, 黒岩勉, 旺季志ずか
演出
佐藤祐市, 石川淳一
プロデュース
成河広明, 高丸雅隆, 江森浩子
制作協力
共同テレビ
制作著作
フジテレビ
                  

【ストロベリーナイト】出演者

姫川 玲子
竹内結子
菊田 和男
西島秀俊
葉山 則之
小出恵介
石倉 保
宇梶剛士
湯田 康平
丸山隆平
姫川 瑞枝
手塚理美
姫川 忠幸
大和田獏
國奥 定之助
津川雅彦
橋爪 俊介
渡辺いっけい
日下 守
遠藤憲一
今泉 春男
高嶋政宏
井岡 博満
生瀬勝久
勝俣 健作
武田鉄矢
                  
2012冬ドラマ