【無料動画視聴】家族のうた【あらすじ】

【家族のうた】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

家族のうた

2012春ドラマ【家族のうた】

放送局
フジテレビ
放送開始日
2012/04/15
放送時間
日曜21:00~
主題歌
斉藤和義【月光】

現在放送中の『早海さんと呼ばれる日』をはじめ、『マルモのおきて』などハートウォーミングなドラマを数多く送り出してきたフジテレビの日曜9時『「ドラマチック・サンデー』。4月からは、かつては爆発的な人気を誇ったものの、バンド解散以降は世間から忘れられた存在の自分勝手なロックミュージシャンが、ある日突然、"家族"というものを背負うことになり、"家族のために"そして"人のために"と振りまわされながらも再び成功に向かう、苦悩と笑いと愛に満ちた熱血ロックンロール・サクセスドラマ『家族のうた』 をお届けします。

その主人公、過去に栄光は手に入れながらも現在は世間から忘れ去られ、それでも我が道を満喫する落ち目のロックミュージシャン・早川正義役には、フジテレビの連続ドラマ初主演になるオダギリジョーさんが決定!
ほかにもユースケ・サンタマリアさん、貫地谷しほりさん、大塚寧々さんらの出演が決定しています!!
主人公の早川正義は超人気ロックグループ『under cloud』のメンバーとしてナンバーワンの人気を獲得、絶頂期にはミリオンセラーを記録し、ルックスも申し分なく、トークも軽妙洒脱(しゃだつ)、"抱かれたい男ランキング"の1位を獲得する才能とセクシーさを兼ね備えたまさに申し分のない男…でした。が、13年前にメンバーとの喧嘩をきっかけにバンドを解散して以降、世間から忘れられた存在に転落。自分を貫く余りに解散後の楽曲は独りよがりなマニアックな曲となったためでした。いまでは早朝5時からの30分のラジオ生放送とたまに行うファンイベントだけが彼のレギュラーの仕事の場となっていました。

そんな正義がある時、突然"家族"というものを背負うはめになります。

突如スタートした"ロックンロールな家族"の生活は、それまで自分勝手な考えで生きてきた正義に徐々に変化をもたらします。それは"家族"を通じ、次第に周囲を思いやるようになるという人間的な成長で、やがて曲作りにも影響していき…。
果たして正義は再び13年目の様な成功を手に入れる事ができるのでしょうか!?
時にコミカルに、そして熱苦しいくらい心に響く、熱血ロックンロール・サクセスドラマ!ドラマチック・サンデー『家族のうた』がこの春、誕生します!!

   
   
第1話2012/04/156.1%
自業自得!?
早川正義(オダギリ ジョー)は13年前、超人気ロックバンド『UNDER CLOUD』のメンバーとして、爆発的な人気を獲得していた。初めて手がけた曲がミリオンヒットを記録、群がるファンをよりどりみどりにつまみ食い。日本、いや地球、いや宇宙ですら正義のためにまわっていると思えるほどだったが、人気絶頂でバンドは突然解散を発表。正義は、俺1人でもやっていけるはずだとソロデビューする。ところが新曲をリリースするたび人気は急降下の一途をたどり、気がつけば世間から完全に忘れ去られた存在になっていた。
そんな正義の現在の仕事といえば、週1回のラジオ番組だけ。正義の最大の理解者であるマネジャー・三木(ユースケ・サンタマリア)が必死の努力を重ねた結果、ある日、人気アーティストとのコラボ企画の仕事を取ってくる。が、内容が気にくわなかった正義はその打ち合わせの現場から三木をまいて逃げ出してしまう。
旧知の水島明良(トータス松本)、朝子(大塚寧々)が経営するカレーダイニング&バー「nanja」に逃げ込んだ正義は、朝子の妹のカメラマン・洋子(貫地谷しほり)を相手に先ほどのコラボ企画の件をグチる。洋子を相手に言いたい放題の正義。その様子を店の外から東海林秀蔵(藤竜也)という初老の男がうかがっていた。正義が店を出ると、秀蔵は正義を尾行し始める。尾行に気づかず歩く正義。その目の前に突如、ランドセルを背負った美月(大森絢音)と陸(藤本哉汰)が現れ、「お父さん!」と正義に呼びかけるのだった。

第2話2012/04/223.6%
我慢すると心が腐るんだよ!
早川正義(オダギリ ジョー)は、突然家に押しかけてきた少女・大澤こころ(杉咲花)と、謎の老人・東海林秀蔵(藤竜也)に呆然とする。こころは、正義と母親が写っている14年前の写真週刊誌や日記を差し出して自分が娘であることを訴えると、現在は母親が家を出て行き、家賃が払えずアパートを追い出されたことを話す。逃げようとする正義を保護責任者遺棄で警察に訴えると脅すこころ。そんな中、正義の自宅にマネジャーの三木康佑(ユースケ・サンタマリア)がやって来た。こころや秀蔵、さらに同じく娘を名乗る松野美月(大森絢音)と、その弟・陸(藤本哉汰)の存在に混乱する三木。
三木はCMソングの仕事を取ってきていて、それを正義に伝えるためにやってきたのだった。動物園のCMと聞いてやる気を見せない正義に、三木は仕事をしなければ給料は払わない、社宅である家も追い出すという事務所との新しい契約書にサインをさせて、強引に引き受けさせた。
曲を翌日までに完成させなければいけない中、家に美月と陸の大量の荷物が届いたり、転校手続きのために小学校へ向ったりと忙しい正義。一方、こころはバイトを探していた。学校からの帰り道、街中でこころを見かけた正義たちは尾行を始めた。こころが向かったのは…。
店にいた秀蔵から、こころも引き取ることを聞いた水島明良(トータス松本)と朝子(大塚寧々)は、電話で正義を呼び出す。

第3話2012/04/293.4%
歌えない僕の気持ちが解る?
子どもたちとの共同生活ですっかりペースを乱されている早川正義(オダギリ ジョー)。そんな中、三木康佑(ユースケ・サンタマリア)が音楽配信会社から新曲発売の話を持ってきた。ダウンロード数が多ければCDリリースを約束すると言われ、がぜんやる気を出す正義。その矢先、松野陸(藤本哉汰)の小学校の担任(岩井秀人)から、相談があるから学校に来て欲しいとの連絡が入る。渋々出かけた正義だが、相談とは陸が放課後クラスでやっている歌の練習をさぼっていることだった。くだらないと一蹴して帰っていく正義。陸は1人公園に向かい、ドカンの中で歌の練習を始めた。すると偶然通りかかった東海林秀蔵(藤竜也)に目撃され、松野美月(大森絢音)に内緒にすることを条件に、歌が歌えなくなった理由を話し出した。一番最初の練習で声が裏返ってしまい、クラスメートに大笑いされて以来、歌えなくなったという。
連日の残業が続く三木は、妻からのメールで日曜に塾の三者面談があることを思い出す。同じ頃、正義は曲作りに励んでいた。時間も周囲の様子も一切目に入ることなく曲作りに没頭する正義。一方、美月は学校帰りに会った花村良太(ムロツヨシ)から陸が歌の練習に出ていないことを聞く。さらに、秀蔵に頼まれて陸を密かに監視していた大澤こころ(杉咲花)と、こころを見かけた青田洋子(貫地谷しほり)は、公園でクラスメートの男子から陸がいじめられているのを目撃する。

第4話2012/05/063.1%
お祭で告白!?届けたい想い…
相変わらず土曜早朝のラジオ番組しか仕事が無い状態の早川正義(オダギリ ジョー)だが、ローリング・ストーンズのコンサートチケットが金券ショップに2万円で売り出されているのを発見し、お金を工面しようとするものの、そんな余裕はないはずだとマネージャーの三木康佑(ユースケ・サンタマリア)に阻まれてしまう。そうしている間にそのチケットは水島明良(トータス松本)が買ってしまい、残る入手手段はnanjaのバイト坂上幸生(中島健人)が教えてくれた15万円の高値がついているネットオークションしかなくなってしまう。
同じ頃、正義が留守の自宅には、商店街会長の花村良太(ムロツヨシ)が訪ねて来ていた。花村は町の祭り“ぬっぺっぽう祭”でのライブとテーマソング作成を正義に依頼したいと言い、東海林秀蔵(藤竜也)に正義が引き受けるように促して欲しいとお願いする。秀蔵からの電話で依頼を聞いた正義は交渉の結果、ストーンズのチケットと同額の15万円のギャラで引き受けることにする。
打ち合わせのため商店街の会議にやってきた正義と三木。花村や若者たちの歓迎ムードの中、年配者たちは抵抗を示すが、町内会の名誉会長である池田絹子(りりィ)がみんなを説得することを約束してくれるという。自信満々で曲を作った正義だが…。
小学校では、松野美月(大森絢音)が友達の陽菜(吉田里琴)たちと恋のおまじないで折り鶴を作っていた。すると、クラスの男子がからかって鶴を取り上げようとする。取り返そうとしてもみ合いになったはずみで転んだ陽菜のもとに、美月が気になっている大翔(中島凱斗)が駆け寄り…。

第5話2012/05/133.3%
家族の前で初めての父親宣言
相変わらず仕事もなく、お金も底をつきそうで、もうすぐ社宅まで追い出されそうな早川正義(オダギリ ジョー)。売れないのは営業が足りないからだと訴える正義だが、新人も担当している三木康佑(ユースケ・サンタマリア)が1週間担当を外れることになり、代わりに新人のマネジャー・明石誠司(石黒英雄)がやってきた。
大澤こころ(杉咲花)は同じクラスの高村七海(荒川ちか)とお互いを“心友”と呼び、交換日記をする仲になっていた。仲良しの関係を喜びつつも、メールはすぐに返信しなければ責められることや、七海がブログに書く陰口へのコメントに困ったりと戸惑いも多い。
明石が全国放送のラジオ番組へのゲスト出演の仕事をとってきた。番組内で曲を流し、ネット配信の宣伝もさせてもらえると聞いて引き受けた正義だが、いざ出演してみると父親としてリスナーの子育て相談にのるコーナーだった。明石の制止も聞かず、生放送中に帰ってしまう正義。同じ頃、こころは七海や菊地美結(菊池和澄)ら仲良しグループと雑貨屋に来ていた。買い物を済ませて飲食店に入ろうと提案する七海だったが、こころは七海が誘ったおそろいのグッズ購入などでお小遣いが足りなくなってきた美結を気遣い、「nanja」にみんなを連れて行く。こころと美結が内緒話をする様子を見ていら立つ七海。こころたちが「nanja」に行くと、そこには酔っぱらった正義がいて…。

第6話2012/05/203.8%
今夜、娘のために走ります!
早川正義(オダギリ ジョー)の家に、大澤こころ(杉咲花)の母親・倫子(中村ゆり)が訪ねて来た。倫子はこころを引き取りに来たと言い、松野美月(大森絢音)らに自分勝手な行動を責められると、正義がこころの父親というのはうそで、本当の父親はとうの昔に亡くなっていることを告げる。初めて知った事実と突然のことに戸惑いながらも淡々と自分の荷物をまとめはじめるこころ。荷物をまとめ終えたこころは正義の部屋にやってきてこれまでのお礼を言うが、正義はギターをいじってこころを見ようともせずにそっけなく返事をしただけだった。
翌朝、毎日騒がしかった朝の支度が静かになったことや、朝食をうっかり5人分用意したことでこころがいない寂しさを痛感する東海林秀蔵(藤竜也)や美月や陸(藤本哉汰)。平然としているのは正義だけだ。そこに三木康佑(ユースケ・サンタマリア)が、子ども向けのギター教則本プロデュースの仕事を持ってきた。断ろうとする正義だが、自分たちの練習している写真が使われると聞いた美月や陸は大喜びで、こころもあわせた3人での写真掲載を三木に確認すると嫌がる正義を押し切ってしまう。渋々とはいえ、その仕事を引き受ける正義の変化に喜ぶ青田洋子(貫地谷しほり)や水島明良(トータス松本)や朝子(大塚寧々)。
美月から誘われて、ギターの練習風景撮影のため、遊園地へ行こうという倫子からの誘いを蹴って「nanja」にやって来たこころ。口は悪いが一生懸命ギターを教える正義と、楽しく騒ぎながらも必死で練習する子供たちの姿を写真におさめていく洋子。帰りが遅くなり、正義がこころを送っていくが、家の前で倫子と遭遇する。酔っていた倫子は…。

第7話2012/05/274.1%
誰かの為に頑張るのもロック
「nanja」にやって来た早川正義(オダギリ ジョー)たち一家。日々の食事に続き、青田洋子(貫地谷しほり)をおだてながら苦手な裁縫をやらせる正義に一同は呆れるばかりだ。貯金も底をつきかけ、東海林秀蔵(藤竜也)の年金で一家の生活をまかなうにも限界があると正義が責められていた頃、三木康佑(ユースケ・サンタマリア)は正義の仕事をとろうと一生懸命に営業中だった。そんな努力もむなしく、唯一のレギュラー仕事であるローカルFMの番組が打ち切りになることがわかった。必死でくらいつく三木だが、事務所社長の藤森篤志(前川泰之)から、さらに新人2人を担当するように言われてしまう。
自宅に、開封もされず返送されてきた秀蔵が差出人の手紙が届いた。秀蔵の名前の下に書かれた「父より」という一言に驚く大澤こころ(杉咲花)、松野美月(大森絢音)、陸(藤本哉汰)。子供たちが持っていた手紙に気付き、秀蔵は自分の若い頃の話を始める。家族も顧みず仲間と立ち上げた事業にのめり込んだあげく、多額の借金を背負い家族を捨てたという。後悔しているという秀蔵に、こころは息子に会いに行くことをすすめる。
「nanja」でFMスタッフと打ち合わせをすることになった。リクエスト番組のMCとして正義を残してもいいというスタッフの提案に、ふてくされる正義を制し、三木は深々と頭を下げた。直後、会社からの電話を受け、青ざめて飛び出していく三木。同じ頃、洋子は三木の推薦で新人アーティストのジャケット写真を撮影していた。立ち会っていた藤森は洋子の主張は一切聞かず、指定したイメージ通りに撮影しろという。そんな中、三木の仕事上でのミスが発覚。会社に大きな損害を与えることになり、三木は謝りに行くと会社を飛び出すが廊下で倒れてしまう。

第8話2012/06/033.4%
不器用な父親が唄う愛の歌
早川正義(オダギリジョー)が所属事務所を辞めたため、社宅を出ることになり引越準備を始めた大澤こころ(杉咲花)、松野美月(大森絢音)、陸(藤本哉汰)、東海林秀蔵(藤竜也)。あわただしい中、町内会長の花村(ムロツヨシ)が紹介してくれた不動産物件の中から引っ越し先を決めた。
小さなレコード会社に正義が営業に出向くと元マネジャーの三木(ユースケ・サンタマリア)に見つかってしまう。逃げ出そうとする正義に三木は曲ができたときは聞かせろと告げる。
青田洋子(貫地谷しほり)は、自分の意見は通らなかったものの、撮った新人アーティストのCDジャケットが好評で、別の新人アーティストのジャケット撮影の依頼がきた。その矢先、インテリア専門雑誌から専属カメラマンとして契約したいとの話が飛び込んでくる。
みんなで「nanja」に食事に来たが、一向に仕事がない正義、息子の真人(山中聡)に会いに行って拒絶されて以来やや元気のない秀蔵を心配するこころと、街で一生懸命に働く大澤倫子(中村ゆり)の姿を目撃したことをこころに言い出せずにいた美月とで、いつもの賑やかさがない。その夜、秀蔵が真人のイチゴ農園のチラシを手にしているのを見た正義は、気になるならもう一度会い行けばいいと言うが、秀蔵はそれを拒んだ。
後日、1人でイチゴ農園にやってきた正義は、真人に話しかけ…。一方、陸から様子がおかしいことを指摘された美月は、内緒にすることを約束して倫子を見かけたことを話す。そんな中、正義は秀蔵にこの家から出ていくように告げる。

   

【家族のうた】スタッフ

脚本
酒井雅秋
企画
鹿内植, 瀧澤航一郞
音楽
井筒昭雄
プロデュース
橋本芙美
監督
岩田和行
                  

【家族のうた】出演者

早川 正義
オダギリジョー
三木 康佑
ユースケ・サンタマリア
青田 洋子
貫地谷しほり
花村 良太
ムロツヨシ
坂上 幸生
中島健人
大澤 こころ
杉咲花
松野 美月
大森絢音
松野 陸
藤本哉汰
東海林 秀蔵
藤竜也
藤森 篤志
前川泰之
水島 明良
トータス松本
水島 朝子
大塚寧々
                  
2012春ドラマ