【無料動画視聴】Wの悲劇【あらすじ】

【Wの悲劇】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

Wの悲劇

2012春ドラマ【Wの悲劇】

放送局
テレビ朝日
放送開始日
2012/04/26
放送時間
木曜21:00~

和辻家の子供は産まれるとWという文字を足に刻印する。和辻家は2000億円もの莫大な資産を有し、多くの人間が利権に擦り寄り、手中へ収めるため骨肉の争いに様相を呈してゆく。
和辻家の令嬢・摩子は地位や名誉を望んではおらず、自ら決めた場所で一個人として認められ、自由に生きたいと思っていた。
身動きが取れないしがらみから脱け出すため、自分とよく似たさつきと必然的に出会うことで、運命が大きく動き出す。

   
   
第1話2012/04/2610.9%
身代わり殺人!?2000億アリバイ売る女
大財閥・和辻家に生まれ、当主の祖父の寵愛を一身に受けて育った摩子(武井咲)。
ショーパブで清掃のアルバイトをしながら、男性に体を売って金を稼ぐ倉沢さつき(武井咲・2役)。
偶然にも、まったく同じ顔を持ちながらも正反対の人生を歩んできたふたりが、ある殺人事件をきっかけに出会う―。

ある晩、売春相手の男性が殺害され、その参考人として事情聴取をされたさつき。ひとり暮らしで友人もいなく、事件当夜のアリバイがないさつきは刑事の弓坂圭一郎(桐谷健太)らから執拗な取調べを受ける。

第2話2012/05/0310%
資産2000億の女帝
偶然出会った摩子(武井咲)とさつき(武井咲・2役)はお互いの人生を入れ替えて生きることに。
さつきに成り代わった摩子はショーパブ『マスカレード』で清掃のアルバイトを続ける。華やかなショーの舞台に憧れを抱く摩子だったが、ダンサーの沙耶香(剛力彩芽)や綺羅々(福田沙紀)らは、それを冷ややかな様子で見つめるのだった。そしてこれまでのさつきとは違った様子に、徐々に綺羅々らは敵意をむき出しに! 女同士の壮絶なバトルが幕を開けることになる。

第3話2012/05/108.6%
悪女の条件私、おじい様を殺してしまった!!
「摩子(武井咲)には双子の妹がいた」
与兵衛(寺田農)から衝撃の事実を明かされたさつき(武井咲・二役)。そんなさつきに与兵衛は「和辻家の財産、会社の実権などすべての利権を引き継ぐのにもっとも相応しいのは誰だと思う?」と問う。その場ははぐらかしたものの、「心に汚れのない、純真無垢なお前に言葉が聞きたい」という与兵衛の言葉を思い出したさつきは、高らかに笑い飛ばすのだった。

第4話2012/05/178.5%
富豪一族の殺人偽装トリック!!
「わたし、おじいさまを殺してしまった…」
摩子に成り代わったさつき(武井咲)から思いもよらぬ告白を受けたみね(野際陽子)、道彦(中村俊介)ら和辻家の面々と主治医・間崎(高橋一生)は衝撃を受ける。
だが「自首をする」というさつきの言葉を制し、与兵衛(寺田農)が強盗に殺されたかのように工作するという間崎ら。すべては和辻家の地位と“和辻摩子”の名前を守るための策だった…。

第5話2012/05/248.3%
名刑事登場富豪殺害トリック!!
和辻家では道彦(中村俊介)、淑枝(若村麻由美)、繁(金田明夫)、そして与兵衛の主治医・間崎(高橋一生)らによって必死の偽装工作が行なわれていた。そこへ、和辻摩子(武井咲)について調べていた弓坂(桐谷健太)が偶然やってくる。和辻家の当主が、何者かに殺されたことを知った弓坂は…?

第6話2012/05/318.5%
アリバイは崩された!?裏切り者はあなただ!!
ついにさつき(武井咲)と摩子(武井咲・2役)が入れ替わっていることを突き止めた弓坂(桐谷健太)は、和辻家に乗り込み、さつきにその真相を問いただす。さらに「与兵衛(寺田農)殺しもお前がやったか?」と訪ねる弓坂。だがさつきは「じじい殺してもなんの得もない」と一蹴するのだった。
新宿で起きた日高という中学校教師殺しの件でさつきを追い続けている弓坂は、与兵衛殺しのゴタゴタに乗じて和辻家に潜入。さつきのボディガードとして近くで監視をすることになる。

第7話2012/06/078%
遂に最終章双子の母親の正体!!
「わたしがおじいさまを殺しました」
警察へ出頭したさつき(武井咲)は、刑事の中里(津川雅彦)らに罪の告白を。だが、さつきの突然の自首に、中里はその信憑性を疑う。
さらに、和辻家の内部に殺人の偽装工作をバラそうとしている人物がいると踏み、遺産相続に関する専門家から詳しい話を聞き、検証しようと考える。
その頃、和辻家では自首した“摩子”の保釈金が用意されようとしていた。

第8話2012/06/149.4%
双子死す真犯人の正体と暴走!!新たな殺人
「お母様が受け取ることになる遺産、いずれはすべてわたしにください」
そう言って冷たく笑った“摩子”(武井咲)の表情を見た淑枝(若村麻由美)は、今目の前にいるのは摩子ではなく、幼い頃に手放したもうひとりの双子の娘(=さつき)なのではないかと考え始める。
真相を探るため、翌朝淑枝はひとり東京へ…。春生(松下由樹)から“さつき”についての情報を聞き出そうと『マスカレード』を訪れた淑枝は、そこでさつきに成り代わった摩子と再会する!

   

【Wの悲劇】スタッフ

                  

【Wの悲劇】出演者

                  
2012春ドラマ