【無料動画視聴】主に泣いてます【あらすじ】

【主に泣いてます】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

主に泣いてます

2012夏ドラマ【主に泣いてます】

放送局
フジテレビ
放送開始日
2012/07/07
放送時間
土曜23:00~
主題歌
ナオト・インティライミ【ナイテタッテ】

美しすぎて幸せになれない…
なぜなら彼女を見た瞬間、世の中の全ての男性は心を奪われ、
なりふり構わず追いまわしてしまうから。

7月7日七夕スタートの土ドラは、絶世の不幸美女を中心に東京の下町で繰り広げられる人情活劇
『主に泣いてます』。原作は、講談社モーニングで好評連載中の同名コミック(東村アキコ・作)。他人同士でも、家族よりも絆が深く温かい、しかし一番愛してほしい人には愛されない、そんな涙の片思い連鎖を、ギャグ満載で描きます。 

主人公は、言葉では語りつくせぬ有り余る美貌と美しすぎるカラダゆえ、たとえ一瞬すれ違うだけだとしても、出会う全ての男性が恋をしてしまい迫って来るため、まともに生活することもできず、社会から隠れるように孤独に生きる究極の不幸美女・紺野泉。この役には、爆発的な美しさとオーラを持つモデルの 菜々緒の起用が決定!! 連続ドラマは初挑戦、しかも初主演となります。

その菜々緒の相手役は、中丸雄一に決定!! 中丸は性格的にはやや押しの弱い美大生・赤松啓介を演じます。赤松は、美大教授・青山仁(風間トオル)の絵画教室で、単位と引き換えに講師を務めることに。そこで、仁の愛人・泉と出会うものの、泉の美貌を意識しつつそれを否定しながら、次第に逆らえない力で泉にひかれていってしまう役どころ。恋愛ドラマは初めてという中丸、彼の特技である絵を描くシーンにも注目です!!

ドラマでは、紺野泉(菜々緒)をめぐる多角関係を軸に、片思いを切なく等身大に描きます。報われない不倫だと分かっていながら青山仁への恋にドはまりしている泉、その泉にしかるべき自制心と戦いながら、それでもひかれていってしまう生真面目美大生の赤松啓介(中丸雄一)、また、泉のタニマチ的存在でありながら赤松へのほのかな恋心を抱くツンデレ中学生緑川つね(草刈麻有)、さらにつねの親友、見た目は西郷隆盛・気持ちは乙女な小桃宣親(加藤諒)、超強力下町ばばあーネットワークを持つトキばあ(高泉淳子)など泉を取り巻く個性豊かなキャラクターの強力布陣のなかにも片思いスパイラルが…。

原作に忠実でありたいとの制作スタッフの思いから、シーンの要所要所に組み込まれた泉が世間から身を隠すために使用する水木しげる作品の子泣きじじいやねずみ男の"コスプレ"や、"往年のモノマネ"などは正に必見です!!

   
   
第1話2012/07/076.6%
生まれ変わったらブスになりたい
紺野泉(菜々緒)は美しすぎて幸せになれない絶世の不幸美人。顔を合わせるすべての男が、彼女を見た瞬間恋の虜になり、命がけで交際を迫ってくるため、就職もできず、まともな生活も送れないでいる。そんな泉が不幸な運命を悲観し死を考えたとき、日本を代表する画家であり美大教授の青山仁(風間トオル)に命を救われ、恋に落ちる。そして妻由紀子(安達祐実・通称ゆっこ)がいると知りながら、愛人と仁の人気絵画シリーズ"Iの肖像"のモデルを務める日々を送る。妻ゆっこは泉が許せず、絵が売れて入ったお金は全て買い物などに使い果たし、泉には1円も渡さない。

そんな彼女の生活をタニマチとして支えているのが、泉がモデルを務める仁の絵画教室の生徒、ツンデレ中学生緑川つね(草刈麻有)だ。向島一の料亭の娘であり、お金には不自由しないものの、中学生らしからぬ冷めた目で世の中を見ているつねは、泉の境遇を理解し、お米を援助したり、喫茶店で飲み物をご馳走したり、何かと世話をやく。泉にとってそんなつねは唯一の友人。世間から泉の美しさを隠し、トラブルを避けるための数々のコスプレも、全てつねに買ってもらったものだ。

そんなある日、仁がイタリアに仕事で行っている間の臨時講師として絵画教室に、天然パーマの美大生赤松啓介(中丸雄一)がやってくる。つねにデッサンを教えないと仁から単位がもらえないのだ。赤松が教室で最初に目にしたのは、なんと"子泣きじじい!!"完全になり切り 「ホギャー」と泣く泉に赤松は驚くが、つねは「これはお前(赤松)のためだから」と言う。なんとか、ふざけたコスプレを止めさせてつねにデッサンしてもらいたい赤松は、「自分は普通の泉に惚れることはないなぜなら、ゲイだから」と思わず言ってしまう…。

泉がまたまたストーカーに会い、夜逃げすることになった。しかし引っ越し先が見つからず赤松のアパートに間借りすることになる。アパートで泉のこれまでの話を少しずつ聞き、仁先生を愛する泉の気持ちをなんとなく理解する赤松。赤松自身は泉に恋しないように必死だが、どこまでその理性が働くか…。一方つねは赤松をゲイだと思いつつ、なんとなく複雑な気持ちになっている。この気持ちはもしかして…?

第2話2012/07/146.6%
コスプレ起源!ブス門前払い
またまたストーカーに追われ夜逃げすることになった泉(菜々緒)だが、トキばあ(高泉淳子)の"下町ばばあネットワーク"の手違いで、住む場所が見つからず結局、美大生・赤松啓介(中丸雄一)の家に居候することになった。もちろん赤松がゲイだと告白したことが大前提だ。泉をタニマチとして支えるツンデレ中学生緑川つね(草刈麻有)は、なんとなく赤松がゲイであることが信じられない。そればかりか、つねに対し「美大を目指すならもっとしっかり勉強しなきゃ」とか「コスプレばかり描いていたら勉強にならないでしょ」とか、真っ直ぐ向かってくる赤松にほのかな初恋を抱き始めていた。つねの親友、気持ちは乙女・見た目は西郷隆盛の小桃宣親(こもも・のぶちか)(加藤諒)は、そんなつねの恋心をいち早く察する。だけど小桃も赤松を一目で気に入り、二人はライバル?関係に突入!!

泉は、赤松のアパートで赤松の世話を焼きながら、つねとの出会いや、今の自分の境遇を赤松に語り始める。泉が初めて絵画教室にモデルとしてやってきた時のこと、そこで仁嫁・ゆっこ(安達祐実)に出会い、泉の命の恩人で初めて恋した相手、青山仁(風間トオル)が結婚していたことを知ったこと、その直後に教室で起きた恐ろしい流血事件のこと、そんな時、つねに助けてもらい、今の自分があること…。

つねと泉の年の差を越えたつながりを知り、泉から改めてつねの指導を頼まれた赤松だが、自分の課題を提出してなかったことをふいに思い出し、思わず泉にモデルを頼んでしまう。泉も快諾するが、それを快く思わないツンデレな女子中学生が一人いた。つねだ。つねはイタリアにいる仁先生に「赤松が泉さんをモデルに絵を描いてるよ」とメールを送って告げ口してしまう。メールを見た仁から泉に「赤松が好きになっちゃったの?」とのメールが届き、泉はワッと泣き出し赤松の絵は中止に…

メールを送ってしまったもののなぜそんなことをしたのか自分の行動に納得がいかないつねが、学校をさぼり街をふらついているとき、ある警官出会ってしまう。向島で頻発している不思議な流血事件を追っている美人至上主義の勅使河原警官(坪倉由幸(我が家))だ。彼は特に「向島血の3日間」と呼ばれる柳寿司で起きた事件の真相を探っていた。キーワードは…美人!

第3話2012/07/282.2%
仁義なき戦い女篇
仁先生(風間トオル)がイタリアから戻ってきた。アトリエでは「仁先生おかえりパーティー」で大騒ぎ。泉(菜々緒)は、仁からもらったワンピースを着ていそいそとかけつけるが、そこで向島の芸者・駒子(青山倫子)から突然の攻撃を受けてしまう…。駒子は泉が現れる前の仁の愛人兼モデル。泉を見るとつい悔しさから反射的にパイ投げ攻撃をしてしまうのだ。

ある日の朝、泉は居候している赤松(中丸雄一)のアパートでお弁当を作っていた。赤松が何をしているのか尋ねると、仁に誘われて海に行くのだという。それを聞いた赤松は何となく複雑な気持ちに…。そんな赤松が大学のキャンパスで、泉に作ってもらった"ついで弁当"を見つめながらため息をついていた時、仁が女子学生とちゃらちゃらふざけているのを見つける。仁は泉との約束をすっかり忘れていたのだ。

一方、泉はアトリエの前で仁を待ち続けていた。そこへ通りがかったのはなんと、仁・嫁ゆっこ(安達祐実)。お弁当をゆっこに見つけられて問いただされた泉は仕方なく、仁と海へ行く約束だと答える。

激昂したゆっこは、そのまま車で泉を拉致。泉と仁の思い出の海へと無理やり案内させる。恐怖におびえる泉…。SOSをつね(草刈麻有)の携帯にメールする。緊急事態を察知したいつもの面々、赤松、つね、トキばあ(高泉淳子)、小桃(加藤諒)、そして仁は、仁の車に乗り込み後を追う。海岸でゆっこが泉のお弁当を取り上げねちねちといびっている時、やっと一行は二人を見つけ、なんとかゆっこから泉を救い出すことに成功した。

第4話2012/08/115%
切なすぎて
仁・嫁ゆっこ(安達祐実)との悪夢のドライブから、つね(草刈麻有)の助けにより生還した泉(菜々緒)。しかし仁(風間トオル)が嫁とそのまま温泉に行ってしまったことで、泉はさらに落ち込む。そんな泉に追い打ちをかけるように次々にバカで面倒な男たちが現れる。

向島で有名な老舗の柳寿司の一人息子・柳さん(渋川清彦)は、泉に惚れ込み行方を必死に追っている男の一人だ。喫茶カトレアで、泉を心配した赤松(中丸雄一)が、トキ(高泉淳子)や小桃(加藤諒)を巻き込み、なんとか泉に元気になってもらいたいと奮闘していると、カトレアママ(田島令子)の手違いで柳さんが出前に現れ泉と鉢合わせに…必死に逃げる泉に、つねは柳さん撃退の絶対的秘策…"泰葉"(※1)を命じる。

そして"向島血の三日間"を必死で追っている勅使河原警官(坪倉由幸(我が家))は、この事件の捜査で、唯一得た手がかり"美人"そして"いずみ"を頼りにとうとうアトリエにまでたどり着く。そして、「血の三日間」(※2)の衝撃の真実に直面する!テッシーの反応はなんと「チョー気持ちいー!なんも言えねえ…。じゃ自分満足したので帰ります」 いったいテッシーは何を探りたかったのか…?

一難去ってまた一難、今度は泉の前に国民的人気ロックスター、無敵ソラまさや(ダイアモンド☆ユカイ)が現れる。カリスマスターとはいえ、まさやも泉を一目見た瞬間に恋の虜となり、武装したグルーピー(まさやガールズ)らとともに、泉史上最強のストーカーと化す。まさやの執拗な追跡につねは「クソ!こうなったら、バカはバカにぶつけて相殺する!」と泉を連れて柳寿司に逃げ込む。柳さんVSまさやの対決がエキサイトしていた時、泉は柳寿司の2階で窮地に陥っていた。女将から言われてしまったのだ。「あんたみたいな女はなぁ…いなくなっちまえばいいんだよ…」と、そんな泉を救い出したのは、誰でもない仁だった。

第5話2012/08/186%
僕のものになって
赤松(中丸雄一)は仁(風間トオル)の勧めで由緒ある展覧会に応募することに。しかもモデルは泉(菜々緒)。仁に泉を描く許可をもらったことを報告する…と、泉は「仁はもう自分を描く気がない…」と泣き、小桃(加藤諒)は「たった一作でこの鬼畜にポイ捨てされた…」と泣き、そしてなぜかトキばあ(高泉淳子)が「自分も展覧会に出展する」と言い出しアトリエは大騒ぎ!

そんな赤松につね(草刈麻有)は、コスプレしていない泉を描くと惚れると忠告する。そしてその場合、自分と赤松は敵になると…。

赤松が隅田川をバックに泉の絵を描き始めた。ある時、突然雨が降り落ちてくる。片づけを始めた赤松の手が止まり、その視線の先には、雨に打たれる泉の姿が…。天を仰ぎ、雨が涙のようにほほを伝っている泉は…美しい…。
その姿に赤松は、ほんの5分だけそのままでいて欲しいと泉に頼み、無我夢中でキャンバスに向かう。つねはそんな赤松の姿を見ながら、ある気持ちが心の中に積み重なっていた。

帰り道、一行は隅田川沿いで偶然、柳寿司の柳さん(渋川清彦)に出会う。あわてて泉を隠すが、絵を見つけられてしまう。泉の肖像画から離れない柳さんは、絵を自分に売ってくれ!と土下座して頼む。するとつねが20万円即決で売ってしまう。あまりの流れの速さに何も言えない赤松…

絵を売られてしまって落ち込む赤松…その姿を見たつねは、柳寿司に絵を取り戻しに行くが、結局トキばあの家に絵を持ち帰った時には、絵はボロボロに崩れてしまっていた。そんな絵を前に、トキばあと小桃に赤松を好きな気持ちを言い当てられてしまったつねは、ツンデレモード最高潮、なんと絵を切り裂いてしまう…。

赤松は、もう一度泉の絵を描き直すことになった。しかし上手く描けない…そんなとき、再び雨が降ってきた。キャンバスを担ぎ息せき切らし「雨です!赤松先生、ハイ、どうぞ」と雨の中ポーズをとる泉…その姿を見つめる赤松…赤松の目から一筋の雨のような涙が流れ…

第6話2012/08/253.8%
涙が止まらない…
向島の恋慕情は嵐の予感…
赤松(中丸雄一)とTOKIX(高泉淳子)が出展した由緒ある展覧会の審査が行われている。赤松が雨の中泉(菜々緒)を描いた絵のタイトルはなんと"Iの肖像"…!仁(風間トオル)が描くシリーズと同じタイトルだ。仁に対して攻撃的な赤松を微笑ましく思いながら、審査会場で赤松の絵を見た仁は、言葉を失ってしまう…

赤松の絵の完成品が見たくて泉はコスプレをして審査会場に現れる。そこで仁に見つかり、「こんな所に来てはだめだろう」と怒られ、落ち込む。そんな泉を見て、赤松は「仁先生に泉さんの行動を制限する権利はないと思います」と仁に対し、挑戦的に言い放ってしまう。仁は、赤松の態度で何かを確信し…立ち去る。

新人賞の賞品がフィレンツェ留学と知り、赤松かTOKIXのどちらが新人賞を取るか仲間内で盛り上がる。つね(草刈麻有)は、受賞したら泉をフィレンツェに連れて行きたい…と言ってしまった赤松にショックを隠せない。そして届いた通知、見事赤松が、新人賞受賞だ。その通知をビリビリに破いてしまうつね。…ツンデレだ。

そして授賞式の日、泉はつねとともに会場を訪れる。審査員である仁の絵も展示してあるはずでそれを泉は見たかったのだ。
そこで泉が目にした仁の描いた"Iの肖像"は、…そこには、泉がいない…そして、仁に泉は告げられる。もう、泉を描けないと…

屋上から飛び降り死のうとする泉、赤松、つね、小桃、トキばあはそれを必死に止める。泣きじゃくり死なせてほしいと懇願する泉の頬を思わず叩く赤松。そして再び、泉に、「一緒にフィレンツェに行こうと、僕があなたの居場所になる」と告げる。

第7話2012/09/016.6%
あなたを奪われて
アトリエでは赤松(中丸雄一)、つね(草刈麻有)、トキばあ(高泉淳子)、小桃(加藤諒)によって、仁(風間トオル)に捨てられた泉(菜々緒)をなぐさめる「ふられてBANZAI~愛人だった私にキレイにサヨナラParty~」が行われていた。仁の事が忘れられず泣いてばかりいる泉、そこへ傷口に塩を塗るように現れる仁・嫁ゆっこ(安達祐実)。ゆっこの辛さをひしと感じ、さらに死にたくなっている泉。過去の呪縛に捕われる泉を救うべく、赤松は泉の禁断の過去に踏み込んでいく。

泉が中学3年の時、落ちぶれた旅館を建て直すために、実の父が泉をアイドルにしようと画策し、タレント養成所に泉を送り込もうと企んでいた。学校では美人だということで女子からは徹底的にいじめられ、さらに男性教師に襲われるという事件も起き、追い詰められた泉は一人郷里を離れ東京に行くしかなかった。その後、泉をさらに郷里から遠ざけたのは3年前のこと。妹ののぞみ(田辺愛美)の結婚話を聞いた泉は、ただ一言"おめでとう"が言いたくて、結婚式場に駆け付ける。そこで、のぞみの婚約者・悟史(ナオト・インティライミ)に遭遇…結果は…。またも血の惨劇が起きてしまうのだ。そこでのぞみに決定的な一言を浴びせられてしまう…。
「お姉ちゃんなんて…いなくなればいいのに…」と…。

泉のつらい過去を知った赤松は、のぞみを探し出して泉に会わせようと提案する。

赤松、つね、トキばあ、小桃、そして勅使河原警官(坪倉由幸)が、ある情報を頼りに場末のスナックを訪ねると…そこにはわかりやすく落ちぶれたのぞみの姿があった…。

果たして、泉とのぞみを仲直りさせることはできるのだろうか?

第8話2012/09/085.2%
ナイテタッテ
仁(風間トオル)の身に何かが起きた…。
泉(菜々緒)と別れても一向に家に戻らない仁に対し、寂しさMAXの仁・嫁ゆっこ(安達祐実)。
ある矛盾を抱えつつ、泉のホームグラウンドのアトリエで、赤松(中丸雄一)、トキばあ(高泉淳子)、小桃(加藤諒)、勅使河原警官(坪倉由幸)ら、向島の連中を相手に興奮気味。
その姿をあざ笑うかのように鳴り続ける携帯電話…でもゆっこは気がつかない…。

赤松たちは、泉の妹のぞみ(田辺愛美)の元婚約者で吟遊詩人となってしまった悟史(ナオト・インティライミ)を探し、泉とのぞみを会わせようとする…警官であるテッシーが活躍する出番だ。悟史がいる場所を見つけた一行は、のぞみを連れて行く、そこに現れるヤンママコスプレの泉。悟史の反応は…?
のぞみと泉は仲直りすることができるのか?

一方つね(草刈麻有)は、赤松への恋心を封印し泉の幸せについて悩み、赤松にある決意を告げる。
果たして、泉の出した結論は?赤松のフィレンツェ行きに着いていくのだろうか?ツンデレなつねの初恋の行方は?

   

【主に泣いてます】スタッフ

原作
東村アキコ
脚本
野木亜紀子, 宇山佳佑
演出
葉山裕記, 宮木正悟
プロデュース
大木綾子
制作著作
フジテレビ
                  

【主に泣いてます】出演者

紺野 泉
菜々緒
赤松 啓介
中丸雄一
緑川 つね
草刈麻有
青山 仁
風間トオル
                  
2012夏ドラマ