【無料動画視聴】ボーイズ・オン・ザ・ラン【あらすじ】

【ボーイズ・オン・ザ・ラン】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

ボーイズ・オン・ザ・ラン

2012夏ドラマ【ボーイズ・オン・ザ・ラン】

放送局
テレビ朝日
放送開始日
2012/07/06
放送時間
金曜23:00~
主題歌
関ジャニ∞【あおっぱな】

妄想ばかりの三十路目前である超等身大ダメ男・田西敏行・27歳は玩具を取り扱う会社に勤務している平凡な青年。職場の飲み会で憧れの後輩・植村ちはると初めて話をし、二人の仲は徐々に進展していくが、残酷で不条理な現実の前に翻弄される。

   
   
第1話2012/07/067.5%
Happy Birthday
弱小玩具メーカー・斎田産業に勤める・田西(丸山隆平)。27歳の彼は“彼女いない歴”も27年。もちろん女性経験はナシ。テレクラで知り合った(イマイチいけてない)女性と一夜を共にしてみようと試みるも、なかなかうまくいかず、挙げ句の果てには相手の女性に追い回され、ボコボコにされる始末。営業先では「面白くない」とバカにされ、日々、出世とは程遠いダメ社員っぷりを発揮している。会社の後輩・ちはる(南明奈)に悶々とした恋心を抱きつつも、彼女に近づくことなんて恐れ多くてできず、テレクラやアダルトビデオでそのやるせなさを解消する毎日…。それが田西敏行・27歳だった。

そんなある日、ライバル会社・マンモスのエリート営業マン・青山(斎藤工)と意気投合した田西は、彼の手ほどきでちはるを飲み会に誘い出すことに成功!青山の計らいでふたりきりに、そして終電を逃した田西は、ちはるとホテルに…。「何もしないから!」と約束した田西だったが、下半身(通称・タニタン)はちっとも言うことを聞いてくれない。
なぜか一緒にお風呂にまで入ってしまったが、無事、己を自制して朝を迎えることができた田西。だが、ホテルを出ようとしたそのとき!なんと例のテレクラ女と遭遇してしまう。女の連れ・かーくん(薬師寺保栄)に彼女を弄んだと誤解された田西はかーくんから追われ、ボコボコにされる羽目に…!ちはるの目の前でカッコ悪いところを見せてしまった田西の元に、思いがけない救世主が!

第2話2012/07/135.4%
乾杯
街中でヤクザに絡まれた田西(丸山隆平)とちはる(南明奈)。だが、ボコボコにされた上、偶然通りかかった花(平愛梨)に助けられる、という失態を…。さらにあろうことか、ちはるを置き去りにして逃げ出してしまう!
「もう、ちはるちゃんには嫌われた」―そう思って落ち込む田西だったが、なんとちはるはそんな田西を慰めるようにキスを。舞い上がった田西は、青山(斎藤工)にもアドバイスをもらい、少しでも男らしくなれるよう、ケンカと自分磨きに明け暮れるようになる。だが、妄想癖と思い込みが強く、緊張するとお腹が下る習性だけは直らない田西の自分磨きはちょっぴりズレた方向へと…。

一方、櫻田ボクシングジムには安藤龍(上田竜也)というボクサーが現れる。態度はデカいがボクシングの実力は十分な龍に、花は密かに期待を寄せるのだった。
さらに、鈴木(陣内孝則)に結婚式のスピーチの練習相手を頼まれた田西は鈴木の家へ。そこで思いがけず花と再会した田西は彼女が耳が聞こえないことを知る。

そんなある日、熱を出して寝込んでいたちはるのお見舞いに行った田西は、そこでちはるのアパートの隣の部屋に住むしほ(佐藤江梨子)というソープ嬢と出会う。田西の恋を応援してくれるしほだったが、その夜、終電を逃してしまった田西は成り行きでしほの部屋に泊まることに…。危うくしほにタニタンのお世話を頼むところだった田西だが、間一髪思いとどまることに成功する!しかし下半身丸出しでしほの部屋にいるところに、まさかのまさか、ちはるが登場!さらに信じられないことに、田西のことが好きになったとしほに話し始める。
今すぐ、電話で田西に思いを伝えると言うちはるを必死に止めるしほ。だがそれを振り切り電話をかけてしまったちはるは、物陰に隠れる田西の姿を発見してしまう…。

せっかく自分のことを好きだと言ってくれたちはるを傷つけてしまったことで、田西は深く落ち込むのだった。しほと青山から、しっかりとちはるに自分の気持ちを伝えるよう諭された田西は、その思いをちはるにぶつけに行く…!

第3話2012/07/277.3%
宣戦布告
下半身丸出しでしほ(佐藤江梨子)の部屋にいたところをちはる(南明奈)に見つかってしまった田西(丸山隆平)。どんなにメールで弁解しても一向に返事は来ず、ついには「世界で一番嫌いです」という、もっともキツイ言葉を浴びせられてしまう。それっきりメールのやり取りは一切なくなりひたすら落ち込む田西だったが、なぜか会社では何事もなかったかのように話しかけてくるちはるに戸惑いを隠せないのだった。
そんなある日、田西はしほから、ちはるが毎晩誰かと長電話をし、週末は朝帰りをしている、と聞く。挙げ句「おすすめのホテルない?」というちはるからのメールを見せられ、気分は落ち込む一方。相手は誰なのか…そればかりが気になる田西はついにちはるを尾行する!そして、その相手がほかでもない青山(斎藤工)だと知り…。仲良くアダルトショップに入っていく姿まで目撃し、ふたりが「友達以上恋人未満」どころか「恋人以上」であることまでわかった田西は、ちはるに「俺だってこの間、しほさんとキスしたんだ」といらぬ強がりを言ってしまう!

ちはるへの思いを捨てきれない田西が思い悩む中、ガチャポン会館から斎田産業のマシンを引き取って欲しいと依頼が。慌てて店舗にやってきた田西は、青山が考案したマンモスの新商品『48手ちゃん』がバカ売れしていることを聞く。ちはるも奪われ、仕事も奪われた田西は鈴木(陣内孝則)の家でヤケ酒をあおり…。
その矢先、ちはるが斎田産業を辞めることに。新商品の企画をマンモスに流したからだという話を聞いた田西は、青山がちはるを騙し無理矢理情報を聞き出したのではないかと勘ぐるが、退社を撤回してもらおうと斎田社長(モロ師岡)に直談判した結果、退社がちはる本人の希望だと知る。
自分がふがいなかったために、ちはるを青山のもとへと走らせ、会社も辞めさせることになってしまったことを悔いる田西は、社員旅行先でちはるから青山の子供を妊娠したと衝撃の告白を聞く!さらに、中絶手術の同意書にサインをしてほしいと頼まれ、思い悩む田西。だが花(平愛梨)の「あたしならやる。それが自分にしかできないことなら」という言葉を聞き、一念発起、病院へと向かう!
だが、そこでは驚きの展開が! そしてそれが田西を衝撃の宣戦布告へと向かわせる!!

第4話2012/08/033.9%
真昼の決闘
ちはる(南明奈)を妊娠させた挙げ句、そのまま音信不通になっていた青山(斎藤工)に怒りを募らせた田西(丸山隆平)は、ついに「そこで待ってろ!お前をぶん殴りに伺いますから!」と意味のわからない宣戦布告をする!
だがこれまでの人生において、一度もケンカなどしたことがない田西…。そんな田西に、元ボクサーだったという鈴木(陣内孝則)が、簡単なボクシングの技をレクチャーする。
櫻田ジムを訪れ、龍(上田竜也)のスパーリングを見学したり、ひとりシャドーボクシングなどでトレーニングを続ける田西。だがそんな田西の姿にちはるはただ「バカみたい」と言い放つ。自分のためにケンカなんかするのはやめて欲しい、せっかく青山のことを忘れかけてきたのに思い出させないでほしいと懇願するちはるに、ただ何も言えない田西なのだった…。
ちはるからの厳しい言葉で、何のためにケンカをするのか、目的を見失ってしまった田西だったが、ちはるからのお弁当の差し入れ、そしてガチャポン会館で再会した青山とその後輩・内木の小バカにした態度に、あらためて決闘への決意を新たにする。

雨の日も風の日も、厳しいトレーニングを続ける田西。そして日は過ぎ、ついにちはるが退社する日がくる。最後までちはるに気持ちを理解してもらえなかった田西は、しほ(佐藤江梨子)に頼み、一世一代の決意を表すため、まさかのモヒカン姿に!!気合いを入れ、当日の朝を迎えた田西は、震える手にバンデージを巻いてもらいながら「ここで逃げ出したら、一生逃げそうだから」と、マンモスへと向かう。
誰のために、何のために戦うのか、わからないまま走る田西。だがマンモスで青山だけでなく社員たちにまでバカにされ、奮起。ついに青山と対峙する!
鈴木直伝の必殺『サラリーマンアッパー』を繰り出すものの、あっさりかわされ、逆にカポエイラでボコボコに…。なんと、ちはるは青山にサラリーマンアッパーの情報を横流ししていたのだ!絶望的な状況の田西に、マウントポジションの青山は「薄っぺらなんだよ、あんた」とひと言。その言葉にショックを受けた田西は、青山に乗っかられた状態のまま、お漏らしをしてしまう!
なんとかマウントポジションは崩せたものの、結局は青山にぶちのめされてしまった田西は、ちはるに最後の別れを告げに、駅へと向かう…。

第5話2012/08/104.1%
あなたが好き
青山(斎藤工)との決闘に無残に敗れ、ちはる(南明奈)との恋にも破れた田西(丸山隆平)は、斎田産業を辞め、自堕落な生活を送っていた。職探しも、トレーニングも、引きこもりさえも3日と続かない田西。青山から投げつけられた「薄っぺらなんだよ、あんた」という言葉だけを反芻し続ける田西のもとを、ある日鈴木(陣内孝則)が訪ねてくる。
ふたりで居酒屋に飲みに出かけるものの、酔っ払って寝てしまった鈴木を自宅に送り届けた田西は、鈴木の家で半年ぶりに花(平愛梨)と再会する。そこで花に、青山との決闘に負けたあとから今に至るまでの経緯を話した田西。「田西は薄っぺらなんかじゃないよ」という花の優しい言葉に思わず涙を流す。
さらに「わたしのことを好きになってボクシングを始めてみたら?」と誘われ、瞬間的に新しい恋に目覚めた田西は一念発起し、櫻田ジムに通うことを決意するのだった!

厳しいトレーニングによる筋肉痛や、修(浦上晟周)、母・正子(浅田美代子)からの冷たい視線に耐えながら、必死にボクシングに挑み、ようやく迎えた花とのデートの日。田西は、花といると自分を飾ることなくありのままの姿でいられることに、充実感を覚える。
流れでホテルに行くことに成功した田西は、そこで花に「僕と付き合ってください!」と告白しOKの(ような)返事をもらう!
「今度こそは好きな人を大切にしよう」
そう決めた田西は、花をジムまで送るから今日は帰ろうと提案。手をつないで街を歩く、というラブラブなふたりの前に、昼間にひと悶着起こしかけたチンピラたちが現れる…!
花と田西が拉致された先にいたのは、なんと櫻田ジムを辞め、行方不明になっていた龍(上田竜也)だった!傷害事件を起こし、ボクシングのライセンスを剥奪されていた龍は、ヤクザの用心棒として暮らしていた。絶体絶命のピンチに襲われるふたり。花から「逃げろ!」と言われ、一度は逃げ出す田西だったが「変わらなくてはならない」と思い直し、意を決して現場へと戻るのだった…!

第6話2012/08/176.1%
悪い女
念願の花(平愛梨)とのデートでヤクザにからまれ、命からがら逃げ出した田西(丸山隆平)はその際に足を骨折し、自宅で療養する日々を送っていた。だがそのおかげ(?)で晴れて正式に花と付き合うことになり、両親への紹介も済ませ、幸せな時間がスタート!「お互い隠し事はなし。ウソもつかない」と約束したその矢先、花が結婚していたという事実を知り、愕然とする!困惑と嫉妬が入り混じった気持ちを抱えた田西が日々を悶々と過ごす中、櫻田ジムには突然花の夫・源(RED RICE)が姿を現す。連絡先も告げぬまま姿を消した源の登場に、会長の櫻田(山田明郷)や修(浦上晟周)らは騒然。そしてそこにたまたまやってきた田西は、修から花と源の事情を聞くのだった。

その頃、花はゲームキャラのデザインモデルを依頼され、ある人物に会っていた。その人物とはなんと、再び東京に出てきていたちはる(南明奈)!ひょんなことから互いの恋愛話を打ち明けあったふたりは、その相手が共に田西であるとは思いもせず、意気投合してしまう。その最中、田西から花にメールが。「旦那がいても構わない」ということを伝えようと、松葉杖のまま自分のことを5時間も探し回っていた田西の姿に心を打たれた花は、ようやく心から田西を受け入れる。
だが、そこに突然ちはるが現れ、事態は一転!花にゲームモデルのデッサンを頼んだこと、ふたりは「親友」であると聞いた田西はびっくり仰天する。
その上、しほから、ちはるは本当は実家で食堂を手伝っており、ゲームモデルのデザインなどしていないと聞いた田西。しほの部屋でちはると再会し、その真意を問いただそうとするが、逆に「青山さんと付き合ったのも、フラれたのも、仕事辞めなきゃならなくなったのも、みんなアンタのせい」と反撃されてしまう!
「ちはるちゃんが言うことも一理ある」。過ちを認め、謝ろうとした田西の目の前でちはるがまさかのリストカットを!!さらに「もう一度、田西さんとやり直したい」と、思いもよらないちはるからの言葉に、一度は心がグラつく田西だったが、危機一髪、寸前で花のことを思い出し、思いとどまるのだった!

これで一件落着かと思ったのもつかの間、ちはるからとんでもないメールが送りつけられ、田西は花に絶交を言い渡されてしまう!

第7話2012/08/246.4%
帰ってきた男
ちはる(南明奈)と会っていたのを黙っていたことがバレ、花(平愛梨)に絶交を言い渡されてしまった田西(丸山隆平)。それでも「好き」だという気持ちだけは伝えようと、熱心に櫻田ジムに通い続ける。
そんなある日、櫻田ジムに再び源(RED RICE)が現れる。花に金をせびる源に腹を立てた田西は思わず源に殴りかかり、自分は花の彼氏だと宣言!だが逆にそこで花から離婚の意思を聞かされた源は、田西に「100万円で花と離婚してやる」と取引を持ちかける。
花には内緒で金を用意しようとする田西だったが、その事実を花には告げられず、「旦那さんは別れたくないって言ってる」ととっさにウソを!ウソをつかれることをもっとも嫌う花の性格を痛いほど知る田西は、またしても隠し事をしてしまったことに後ろめたさを感じる。しかし、源が金で花と簡単に離婚しようとしている、と花が知ったら傷つくだろうと思う気持ちから、どうしても真実は告げられないのだった。

とにもかくにも、なけなしの貯金をはたき、どうにか100万円用意した田西。だが、いざ源に渡そうという当日、あろうことかその金を紛失してしまう!
その場にいた修(浦上晟周)を疑ったことで、さらに花から非難を浴びた田西は失意のどん底に。そんな中、足の怪我の経過を見せに行った病院で青山(斎藤工)とまさかの再会をする。病気になり、入院していた青山を“鼻で笑った”ことに自責の念を感じる田西だったが、しほ(佐藤江梨子)から「あんな目に遭わされた青山に対してそんな風に思える田西は最低なんかじゃないよ」と言われ、復活。さらに「こんなところで再会するのも、なんかの運命。とことん付き合ってみたら?」と、もう一度青山と向き合うことを勧められる。
だが一方で、修を疑ったことに関しては、しほからも非難された田西。キチンと謝ろうと自宅を訪ねたところ、逆に修から謝罪が!実は修は家出をしようと田西から100万円を盗んでいたのだが、結局、父親の秀彦(宇梶剛士)に見つかり、横取りされた挙げ句、競輪で全額すられてしまっていた。「今は無理だけど必ず返すから!」と土下座する修。そんな修に「子どもは土下座なんかするな。お金ならあるから心配するな」と大見得をきってしまい、またまた後悔するのだった。

どうしたらいいのか途方に暮れた田西は、再び青山のもとへ。そこで「自分が負けと思わない限り、負けじゃない」と言われた田西は、病気の青山を励ます意味も兼ね「世の中に不可能はないってことを俺が証明します!元日本ランカーに勝ってみせますから!」と、源と対決することを宣言する!

源のアパートへ向かう田西。そして田西の行動を知った花は田西を止めようと…。
櫻田ジムで対峙した田西と源は、修が見守る中決闘を開始する!

第8話2012/08/315.7%
愛と拳と福沢諭吉
花(平愛梨)を離婚させるため、夫の源(RED RICE)に決闘を申し込むも、あえなく玉砕してしまった田西(丸山隆平)。花に思いが届くこともなく、いったい自分は何をしているのだろうか、と落ち込んでしまう。そんな田西に、青山(斎藤工)は「田西さんは、無理矢理自分から必要とされに行っている独りよがりだ」とキツイ言葉を。花にまで「付き合ったのは遊びだった」と言われてしまい、田西の気持ちは落ち込んでいく一方なのだった。

同じ頃、修(浦上晟周)もまた花に絶交を言い渡され落ち込んでいた。花に嫌われた者同士、妙な絆で結ばれた田西と修。田西は修のために、修を捨てて家を出た母親に会いに行くことを決める。だが、修のことは忘れ、新しい生活に向かっている母親の姿を目の当たりにしてしまった田西は、その事実を修に告げることが出来ず…。青山に言われた通り、自分は独りよがりの薄っぺらなのではないか、とさらに落ち込んでゆく。

そんな中、花に絶体絶命のピンチが訪れる!落ち込み気味の田西、起死回生なるのか!?

第9話2012/09/076.3%
ラストラン
借金取りに追い詰められた源(RED RICE)は、花(平愛梨)を風俗に差し出そうと。そんな源を止めようと田西(丸山隆平)は再び源に立ち向かう!だが、日本タイトルにも手が届きそうだったほどのボクシングの実力を持つ源に、田西は手も足も出ない…。
 鼻血を垂らし、フラフラになりながらも源に食らい付く田西。「自分が負けって認めない限り、負けじゃない」。そう自分に言い聞かせながら戦い続け・・・

そんな中、修(浦上晟周)の誕生日が近づいてくる。家庭環境が複雑な修のため、何か気の利いたものをプレゼントしたいと考える田西。花やしほ(佐藤江梨子)に相談しつつも決めかねていたところに、なんと入院中の青山(斎藤工)の容態が急変したとの知らせが入る!さらに、修と父親の秀彦(宇梶剛士)の間にもある事件が…!

“大切なモノ”を守るために修の自宅へ向かった田西と花。そんなふたりに思いがけない出来事が降りかかる!!
ようやく花との幸せを掴みかけた田西を襲う最大の試練…! どうなる?田西敏行!?

ついにラストラン。田西よ、笑っているか。

   

【ボーイズ・オン・ザ・ラン】スタッフ

原作
花沢健吾
脚本
高橋悠也
演出
常廣丈太, 唐木希浩, 日暮謙
演出補
伊藤彰記, 秋山貴人, 木村修, 鈴木舞
音楽
海田庄吾
ゼネラルプロデューサー
内山聖子
プロデューサー
中込卓也, 山田兼司, 太田雅晴
ラインプロデューサー
田上リサ
制作協力
5年D組
制作
テレビ朝日
                  

【ボーイズ・オン・ザ・ラン】出演者

田西 敏行
丸山隆平
大厳 花
平愛梨
植村 ちはる
南明奈
青山 貴博
斎藤工
しほ
佐藤江梨子
吉久 拓児
敦士
田中
デビット伊東
斎田
モロ師岡
鈴木 貫一
陣内孝則
鈴木 貫一
上田竜也
宍戸 修
浦上晟周
櫻田
山田明郷
長谷川 茜
臼田あさ美
田西 正子
浅田美代子
田西 一雄
徳井優
                  
2012夏ドラマ