【無料動画視聴】美咲ナンバーワン!!【あらすじ】

【美咲ナンバーワン!!】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

美咲ナンバーワン!!

2011冬ドラマ【美咲ナンバーワン!!】

放送局
日本テレビ
放送開始日
2011/01/12
放送時間
水曜22:00~

六本木のナンバーワンキャバクラ嬢・美咲が、ある日突然、高校教師に!
しかも、担任になった2年Z組は、落ちこぼれ生徒たちを集めた特別クラスだった。
でも彼女は、持ち前のまっすぐなパワーで決して挫けずに生徒たちにぶつかっていく!

いつまでも逃げてばかりいるな!
あんたたちも見つけなよ、自分がナンバーワンになれるものを!

   
   
第1話2011/01/1213.2%
新米熱血教師はNo.1キャバクラ嬢!
六本木「SOUTHERN SEA(サザンシー)」のナンバーワンキャバクラ嬢・天王寺美咲(香里奈)。お客様のためなら損得勘定抜き! おせっかいな性格と熱いハートで六本木ナンバーワンにまで登りつめた彼女は、ある日、恩人であるママ(財前直見)に頼まれ、店を辞めて突然、高校教師になることになった。

店のフロアチーフ・梅田(塚地武雅)や後輩キャバクラ嬢・梨奈(小松彩夏)に惜しまれながら、出勤したのは文武両道の名門校・御堂学園高校。早速、派手な服装で教師たちの注目の的になり、口うるさい教頭の鶴橋静江(戸田恵子)から目を付けられてしまう。SOUTHERN SEAの常連客だった数学教師の三国武志(田中圭)は、憧れのナンバーワンが同僚になったことに喜ぶが、校長の玉造敏蔵(布施明)は、「夜の仕事をしていたことをみんなに知られないように」と美咲に釘を刺すのだった。

美咲が担任することになったのは、2年Z組。落ちこぼれだけを集めた特別クラスで、生徒たちは3学期になって、ひとりも学校に来なくなっていた。「落ちこぼれ生徒は放っておきなさい」という鶴橋に反発し「あの教室を生徒たちでいっぱいにします!」と宣言した美咲は、持ち前の熱いハートで生徒たちを教室に呼び戻そうと決意する。 街に出て2Zの生徒を捜し回っていた美咲は、クラスの中でも手がつけられないと言われる九条和真(藤ヶ谷太輔)、湊亮介(北山宏光)、桜井唯(大政絢)、長瀬恭太郎(市川知宏)、星田勇斗(大野拓朗)の5人組を見つける。「学校なんて意味がない。行かなくても誰も困らない」という彼らの反抗的な態度に「大人をバカにして!やっぱり先生なんてムリ!」と美咲は怒りを爆発させるのだった。

その夜、六本木のクラブで遊んでいた和真たちは、店の黒服とトラブルを起こしてしまう。和真の学生証を拾ったクラブのオーナー・八神(合田雅吏)は、「おたくの生徒が暴れて店をメチャクチャにした」と学校を脅し大問題に。和真は鶴橋から退学を迫られるが、「和真は何もしていない」と唯は主張する。唯の言葉を信じた美咲は和真の学生証を取り戻しに、ひとり六本木に向かうのだった――。

第2話2011/01/1912.5%
No.1の課外授業!!
「2年Z組の教室を生徒でいっぱいにする、本気で先生になる」と美咲(香里奈)は決意し、教師としての一歩を踏み出した。

登校してこない生徒たちをひとりひとり探しては「学校で待ってる」と声をかけるのが美咲の朝の日課。最初は相手にされなかった美咲だが、その熱意によって徐々に生徒たちが教室に戻ってくる。

特に問題といわれる5人組、和真(藤ヶ谷太輔)・亮介(北山宏光)・唯(大政絢)・長瀬(市川知宏)・星田(大野拓朗)のうち、紅一点の唯はついに登校してくれたのだが、残る4人は一向に来る気配がない。

そんな折、その4人が酒屋の店主(宇梶剛士)を殴りケガをさせてしまったという一報が学校に入る。

美咲は彼らのためにある行動に出るー。

第3話2011/01/2611.8%
逃げないで戦え!!
御堂学園の球技大会が行われることを知った美咲(香里奈)。2Zは参加しないと教頭(戸田恵子)に決めつけられ「絶対参加します!」と言い切る美咲だったが、2Zの生徒たちは「めんどくさい」とまったく意欲を見せない。

くじけずに、練習を生徒たちに呼びかける美咲だったが、和真(藤ヶ谷太輔)や亮介(北山宏光)らは「みんながんばるとか興味ないから」と帰ってしまう。中でも星田(大野拓朗)はバスケのメンバーになるが「出るわけないだろ」とかたくなに反発する。実は星田は、バスケットボールの特待生として入学したもののケガが原因で挫折しており、それが2年Z組になった原因でもあったのだ…。

そんな中、星田がバスケ部のエース選手とトラブルを起こす。またしても、鶴橋教頭(戸田恵子)から激しく責められる美咲と2Z。美咲は、自信を失った生徒たちに「球技大会で頑張ってみよう」と訴える。翌日に迫る球技大会。美咲は、2Zを球技大会に出場させることができるのか!?

第4話2011/02/0210.4%
生徒がキャバ嬢!?
進路希望調査の時期。美咲(香里奈)は2年Z組の生徒たちに調査票を配るが、みんな真剣に考えようとせず、女子は「かわいい服が着れるからキャバクラ嬢になりたい!」と口走る始末。

その夜、和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)、長瀬(市川知宏)、星田(大野拓朗)らが、いつものように夜遊びをしていると、唯(大政絢)の父親・光彦(阿南健治)と出くわす。

翌朝、光彦は学校へ行こうとする唯に、和真たちともう付き合わないようにと注意するが、唯は聞く耳を持たない。
そんな唯を心配した光彦が学校にやってきた。光彦は、「娘を立ち直らせるためには、転校させたほうがいいと思う」と美咲に相談するが、唯はそんな父に反発し「親の世話なんかならなくたってひとりで生きていける!」と、飛び出して行ってしまう。

その夜、美咲が「クラブサザンシー」に行くと、そこには、キャバクラ嬢姿の唯がいた――!

第5話2011/02/099.9%
元カレと恋の行方
バレンタインデーが近付いたある日、美咲(香里奈)ら教師たちは職員室でバレンタインの話題で盛り上がる。しかし、2年Z組の生徒たちは、「面倒くさいから別にいい」と冷めた反応。

そんな中、長瀬(市川知宏)だけはどうも様子がおかしい。美咲(香里奈)と、和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)、唯(大政絢)、星田(大野拓朗)は、長瀬が昼休みに音楽室で、2年D組の可菜(山下リオ)という子からピアノを習っていることを知る。可菜に好かれたい一心で慣れないピアノを懸命に弾こうとしている長瀬を、美咲と4人は微笑ましく思って応援するのだった。

一方、美咲は梨奈(小松彩夏)に誘われて参加した合コンで、借金を作り行方不明になっていた元彼・修司(松田悟志)と再会してしまう。相変わらずいい加減な修司の態度に、美咲は、「あんたとなんか出会わなければよかった」と怒りをぶつける―――。

第6話2011/02/169.9%
発覚!! 元キャバ嬢
御堂学園の教師として少しずつ慣れてきた美咲(香里奈)は、玉造校長(布施明)に「やはり天王寺先生は教師に向いている」と褒められ張り切っていた。和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)、唯(大政絢)、長瀬(市川知宏)、星田(大野拓朗)も、美咲と出会って以来、学校に行くのが楽しくなってきていた。

そんなある日、和真たちは、街でカツアゲしている荒高の生徒たちを見かける。リーダー格の松平(蕨野友也)は中学まで御堂学園にいて和真を目の敵にしていた。和真が松平を止めようと声をかけると、二人は一触即発のにらみ合いに・・・。

一方、職員室で、北浜(桑野信義)ら男性教師がキャバクラ情報誌を見ていると、美咲がナンバーワンキャバクラ嬢だった頃の写真が掲載されていて、鶴橋教頭(戸田恵子)や生徒たちにバレてしまう。鶴橋教頭は、「キャバクラ嬢だった人が教師だから、2Zが問題ばかり起こすのではないですか!」と激怒。

そんな中、和真を狙っていた松平たちが星田を襲う。星田を助けに入った和真は、松平と殴り合いになり警察に連行されてしまい―――。

第7話2011/02/238.5%
母さん、ごめん!
御堂学園で生徒たちの進路について話し合う三者面談が行われることになった。緊張する美咲(香里奈)は、三国(田中圭)や菜々子(臼田あさ美)に、相手をしてもらい練習して本番に備えていた。

いざ、面談が始まると美咲はナンバーワンキャバクラ嬢時代に鍛えた話術で、保護者の悩みにまで耳を傾ける。亮介(北山宏光)の面談には、母の佐枝子(古手川祐子)がやってきた。佐枝子は2年前に夫と離婚してから昼はスーパーでのパート、夜は小さなスナックをやって女手ひとつで亮介を育てていた。とても明るい佐枝子だが、最近帰りの遅い亮介のことを心配していた。

一方、和真(藤ヶ谷太輔)たち4人も、放課後になるとひとりで姿を消してしまう亮介を心配していた。「俺らダチだろ?何でも言ってくれよ!」と言う和真に、亮介は「ほっといてくれよ!」と何も話そうとせず―――。

第8話2011/03/0210%
辞めないで!! 先生
大学合格者が発表になり、御堂学園の3年生は有名大学に多数合格。ご機嫌の鶴橋教頭(戸田恵子)は、美咲(香里奈)たち2年生の担任教師たちにもハッパをかける。そんな中、いつも元気な三国(田中圭)が、このところ元気がない。美咲は、三国から今学期で学校を辞めなければならないと打ち明けられる。実は、三国は金沢の造り酒屋の息子で5年だけ教師をしたら家業を継ぐ約束をしていて、その期限が近づいてきて落ち込んでいるのだと言う。

一方、唯(大政絢)は、最近、誰かにつけられている気がすると言い出し、唯にストーカーがいるのではないかという疑いが持ち上がる。和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)、長瀬(市川知宏)、星田(大野拓朗)たちは犯人を捕まえようと唯を警護するが、犯人らしき人物を見つけることができない。しかし、唯と4人が別れた直後、唯から和真のケータイに「誰かにつけられている」というSOSの連絡が入る。4人は唯のもとに駆け付け、唯に近付こうとしていたストーカーらしき男を捕まえる。なんと、それは三国のクラスの生徒・柏原(桜田通)だった―――。

第9話2011/03/099.5%
Z組VS教頭の娘!!
2Zに新しい生徒が編入することになり、3学期も終了目前のこんな時期にと同情する美咲(香里奈)だったが、その編入生・歩実(山本ひかる)が鶴橋教頭(戸田恵子)の娘だとわかり驚く。歩実はもともと模範的な優等生だったのだが、このところ数々の問題を起こしてついに補導されてしまい、鶴橋教頭がZ組への編入を決めた。 2Zの生徒たちは「仲良くしよう!」と呼びかけるが、歩実は、生徒たちに心を開こうとせず、挑戦的な態度で一触即発状態に。止めに入った美咲に「友達なんかいらない」と誰とも仲良くしようとしない。

一方、和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)、唯(大政絢)、長瀬(市川知宏)、星田(大野拓朗)たちは、2Zの悪口を投稿し続けているブログを見つける。そのブログを書いたのが歩実だと知った2Zの生徒たちは歩実につめ寄るが、歩実はまったく反省の態度を見せず「こんな学校やめてやる、ここにもあたしの居場所はない」と言って教室を飛び出してしまう――。

第10話2011/03/169.4%
生徒の未来のために
学年末テストが終了し、「終わったー」と浮かれる和真(藤ヶ谷太輔)、亮介(北山宏光)、唯(大政絢)ら2Zの生徒たち。「3年になれるなんて思ってなかった」「美咲ちゃんのおかげ」という生徒たちの言葉にジーンとくる美咲(香里奈)だったが、「赤点でもどうにかなるだろ」と、進級を甘く考えている生徒たちを見て心配していた。テストの結果は生徒28人中、和真、長瀬(市川知宏)、星田(大野拓朗)を含む18人が赤点。嫌な予感が的中し、ガックリくる美咲。

そんな中、理事長の淀川(名高達男)が、玉造校長(布施明)と鶴橋教頭(戸田恵子)のもとにやってくる。淀川は、元キャバクラ嬢である美咲と、問題ばかり起こす2Zを、御堂学園にふさわしくない存在として排除しようと考えていた。

そして、淀川は2年Z組18人の追試にあたり、「全科目80点以上取らなければ退学にする」と、無謀ともいえる条件を美咲に突きつける。「ムチャクチャだ」「追試なんか受けない」と言う生徒たちに、美咲は「あきらめないで、やってみよう」と語りかけるが――。

【美咲ナンバーワン!!】スタッフ

                  

【美咲ナンバーワン!!】出演者

                  
2011冬ドラマ