【無料動画視聴】マルモのおきて【あらすじ】

【マルモのおきて】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

マルモのおきて

2011春ドラマ【マルモのおきて】

放送局
フジテレビ
放送開始日
2011/04/24
放送時間
日曜21:00~

高木護は大手文具メーカー『あけぼの文具』のお客様相談室に勤務する平社員。学生時代は野球部に所属する万年補欠の捕手だった。ある日、野球部の同窓会が催され、護は野球部時代にバッテリーを組んでいた投手、笹倉純一郎と久しぶりの再会を果たす。純一郎は妻と離婚後、双子の薫と友樹を男手ひとつで育てており、この上なく慈しんでいた。
それから間もなく、勤務中に同級生から一本の電話が入り、純一郎ががんで亡くなったと告げられ、護は激しく動揺する。純一郎は余命いくばくもない事を周囲に、特に護に気遣わせないようにと口止めしていたのだ。
両親を失った幼い薫と友樹は、それぞれ別の親戚のもとに引き取られる事を余儀なくされる。父を亡くした上、離れ離れになることは双子にとって辛く悲しいものであった。それから数日後、友樹の姿が消えたと連絡を受けた護は、薫と共に探し回り、犬のムックを連れた友樹を見つける。親戚の元に戻ることを頑なに拒む双子の姿に、護は二人を引き取る決意をする。
紆余曲折を経て始まった、三人と一匹の共同生活。護は、自分たちは「家族」だと二人に説き、改めて自分の名前を伝えるも、薫と友樹は護(まもる)のことを「マルモ」と呼ぶようになる。護は双子との間で「おきてノート」を作り、不器用ながらも「家族」となっていく。

   
   
第1話2011/04/2411.6%
独身男と双子が家族!? 犬がつなげた絆
高木護(阿部サダヲ)は、「あけぼの文具」のお客様相談室に勤務するサラリーマン。学生時代は野球部で万年補欠の捕手だった護は、野球部同窓会でエースだった親友の笹倉純一郎(葛山信吾)と久しぶりに会う。妻との離婚後、男手ひとつで双子の子供・薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)を育てていて見事な親ばかっぷりをみせる純一郎に、自分は無理だと言いながらも感心しきりの護。
翌日、護が同僚の真島孝則(小柳友)とのお客様訪問を終えて会社に戻ると、苦情客を装った純一郎から電話が入った。何かを話そうとする純一郎だったが、目の前に好意を寄せる広報部の牧村かな(滝沢沙織)を見つけ、護は話を聞かないまま電話を切ってしまう。また、護が2階を間借りしている居酒屋「クジラ」の店主・畑中陽介(世良公則)の元には、家を出ていた娘の彩(比嘉愛未)が突然戻ってきていた。
ある日、護に野球部の仲間から純一郎の訃報の電話がきた。突然のことに激しくショックを受ける護。純一郎は最期まで護とは普通に付き合っていたいと、周囲に自分が末期ガンであることを護に言わないで欲しいと口止めしていたのだ。
火葬場で親族が双子の今後について話し合っているのを偶然聞いてしまった護。話し合いの結果、家計を考えて2人バラバラに引き取られることに。生前に「ずっと一緒にいることが子供たちには幸せ」と話していた純一郎の言葉を思い出し、釈然としない護だがどうすることもできない。火葬場の帰り、薫と友樹が別々の車に乗せられていくのを護は複雑な思いで見送った。
数日後、友樹が親戚の家からいなくなったと、護に連絡が入る。泣きながら引き取られていく友樹の姿を思い出し、護が親戚の家を訪ねると薫も来ていた。2人は一緒に友樹を探すことに。同じ頃、路地を歩いていた友樹の前に一匹の犬が現れた。やがて迷子になり、泣き出した友樹に「泣くなよ」と声が聞こえ・・・。

第2話2011/05/0112.9%
今日からここがおまえらの家
犬がしゃべるのを聞いた高木護(阿部サダヲ)は、メンタルクリニックへ診察に訪れる。自分の心の声が聞こえているのかもしれないと診断に納得する護。その頃、護の部屋で留守番していた笹倉薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)は犬にムックという名前をつける。
出社した護の元に双子の叔父にあたる笹倉秋人(二階堂智)が訪ねてきた。秋人は日曜には2人を迎えに来ると、それまでの着替えなどを手渡す。護はその後も2人一緒に暮らす手立てはないかと聞くが、秋人は苦い顔で首を横に振るだけだ。護の部屋では、友樹が冷凍庫にあったアイスを勝手に食べていた。護に怒られることを心配し、2人はコンビニへアイスを買いに行くことにする。アイスを買った帰り道、手押し車を押すおばあさんと遭遇した2人は手伝いを申し出て一緒に歩き出す。やがておばあさんと別れた2人は帰り道がわからなくなってしまって・・・?

第3話2011/05/0812.3%
入学式、マルモは来ないの?
高木護(阿部サダヲ)と笹倉薫(芦田愛菜)、笹倉友樹(鈴木福)、ムックの共同生活が始まった。小学校の入学も決まり、みんなでランドセルを買いに行くことにする。値段を見てあ然とする護だがランドセルを購入。喜ぶ友樹の脇で薫の表情が曇っていることに気付いた護は、薫が欲しがっていて品切れだったピンクのランドセルを探す約束をした。
あけぼの文具では、子供に人気の商品「いちごジャムのり」がクレームの対象になり、大騒ぎだ。ヘトヘトになって帰り、さらに双子の入学準備リストを前に大きなため息をつく護。そんな護から、子供を引き取ることにしたと聞いた大家の畑中陽介(世良公則)は責任の大きさを訴える。そんな中、娘の彩(比嘉愛未)は2人とすっかり打ち解けていた。彩は陽介からの命令もあり、双子が学校へ持って行く手提げバッグなどを護が作る手助けをすることになった。ミシンを出しに物置へ行くと、その様子を後ろからのぞいて薫は奥にあった勉強机に釘付けになる。その夜、護はミシンで製作を始めるが音がうるさいため、手縫いで雑巾を縫うことに。翌日、仕事から帰ってくると護は2人に鉛筆やノートを渡す。あけぼの文具のシンプルな文具を前に明らかにテンションを落とす友樹だが、薫は無理に大人みたいでかっこいいと誉める。そんな薫を見ていた彩は、翌日に薫がこっそり物置の机に座っている姿やショーウインドーに飾ってあるハートマークの入ったピンクのランドセルに釘づけになっている姿を目撃する。一方、仕事でデパートの文具売り場に来ていた護はピンクのランドセルを発見し購入するが、そのランドセルにはハートマークは無くて・・・。

第4話2011/05/1512.7%
マルモがいない夜に大事件!!
再びメンタルクリニックにやってきた高木護(阿部サダヲ)。医師の白川桜子(芳本美代子)から、騒がず、無視せず、心を穏やかにそのまま受け入れることで自然に幻聴が消えるかもしれないとアドバイスを受ける。会社に行くと、あけぼの文具のチラシが栃木の会社と同じコピーを使ったと問題になっていた。護は先方の会社に謝罪するために鮫島勇三(伊武雅刀)から翌日の出張を言い渡されるが、牧村かな(滝沢沙織)と一緒だと知って張り切りだす。護は家に帰ると笹倉薫(芦田愛菜)と笹倉友樹(鈴木福)にムックがしゃべっても平然とするように話した。もともと平然としていた2人はキョトンとするが、さらにムックとのおしゃべりは3人の時だけだと約束させると、2人に続きムックからも「わかった」と返事がきた。その夜、2人から学校の係決めの話をされた護は、花係になったという友樹に水ばかりあげても花は枯れると注意する。その言葉にすっかりビビってしまった友樹に、護は花が育つと適当な呪文を教えた。
翌日、牧村と栃木の会社に行った護だが、先方の社長は会ってもくれず長期戦を覚悟する。同じ頃、小学校では"家族"をテーマに描いた友樹と薫の絵を見たクラスメートたちが、両親がいないのは変だと騒いでいた。担任教師の杉下秀夫(六角慎司)はかわいそうな2人と仲良くしてあげなさいと言い聞かせる。放課後、かわいそうだから先生に怒られないのはずるいと言い出したクラスメートの谷口隼人(貴島康成)を薫が突き飛ばしてしまう。

第5話2011/05/2215.6%
母ちゃんが双子を返せって…
護(阿部サダヲ)は友樹(鈴木福)の風邪がうつったのか熱を出す。学校へ出かける薫(芦田愛菜)と友樹が、階下の居酒屋「クジラ」の彩(比嘉愛未)に「マルモ、よろしくおねがいします」と伝えると、陽介(世良公則)は護の部屋を心配して訪ねてくる。すると、陽介は護のほっぺたが腫れていることに気が付いて「まさか、おたふくとかじゃないよな?」と指摘する。心配になった護は実家の母・節子(真野響子)に自分が子供のころおたふく風邪にかかったことがあったかどうかを尋ねるが、節子は「忘れちゃったわよ。あはは」と笑い飛ばす。
一方、小学校に入学した双子だが、給食のクリームシチューに入っているにんじんを残す友樹。担任の杉下(六角慎司)に好き嫌いはだめだといわれて困る友樹を見て、薫はそっと友樹のにんじんを食べてやる。護は病院でおたふく風邪と診断され、さっそく双子から隔離される。
 その頃、護を心配した母親の節子がアパートを訪れる。双子から隔離されて押入れにいる護にかわって、玄関を開けたのは薫と友樹。節子は状況がつかめず驚くが、双子が護の親友、笹倉(葛山信吾)の遺した子供をひきとったと知って驚く。そんな節子に護は、2、3日ゆっくりしていけば、と話して双子の面倒を節子がみることに。節子は双子が亡くなったパパに会いたいとさみしがる姿を見て、護に「あんたにお嫁さんでも来てくれれば別だけど、このままじゃあの子たちにさみしい思いをさせるだけ」と反対する。護は彩に、節子から男手ひとつであの子たちを育てることに反対されたと話す。
一方、護が体調を崩して大変だと、真島(小柳友)から聞いたかな(滝沢沙織)は、先日の出張でお世話になったお礼もしたいからと、お見舞いに行きたいと連絡をしてくる。最初はかなの申し出を断った護だが、かなにとあるお願いをする。そのころ、高木家には彩が差し入れを持って来ていた。彩は、節子から男手ひとつで双子を育てることに反対されている護を心配して、「私、護さんとお付き合いしてるんです」と節子に切り出す。驚く節子、双子、ムック。すると、そこへかながお見舞いに現れて・・・?

第6話2011/05/2915.6%
マルモの顔なんて見たくない
護(阿部サダヲ)にキャッチボールを教わる薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)。そこへ、薫と友樹のクラスメートである隼人(貴島康成)が通りがかる。薫は隼人の両親が忙しく、いつも1人で遊んでいるので一緒にキャッチボールしようと声をかけようとするが、隼人はそそくさとその場を離れてしまう。翌朝、薫が隼人に今度は一緒にキャッチボールをしようと話すと、隼人は明るい表情を見せるが、周りの男子生徒から「女とキャッチボールか」とからかわれて、隼人は思わず薫にきつい言葉をかけてしまう。
一方、護はかな(滝沢沙織)が先日、護のおたふく風邪を見舞ってくれたお礼に食事に誘うと、かなは快諾。浮かれて帰宅した護は、かなとデートをすると双子に自慢するが、すぐに薫の様子がおかしいことに気がつく。訳を聞いてみると、隼人にからかわれて傷ついたことを薫は護に話す。しかし、女の子の気持ちがわからない護はからかっているだけなんだから無視すればいいと軽く受け流してしまう。一方、薫は両親が忙しく孤独を感じている隼人から「マルモは本当のパパじゃないから、いつか捨てられる」と言われて、不安を募らせていく。
ある日、護は、あけぼの文具の鮫島(伊武雅刀)と共に伊達(吉田鋼太郎)という男のところへ会いに行く。伊達は、鮫島がクレーム対応しているうちに仲良くなった男で、今ではさまざまな相談を鮫島がしているという。そこへ、薫がけんかをしたと学校から連絡があり、急いで護は学校にかけつけるが、怪我をしたのは隼人。謝らない!とむくれる薫に護は「面倒見切れない」とくちばしってしまって・・・。

第7話2011/06/0516.1%
双子の実母、ついに現る! 涙のお誕生日パーティー
護(阿部サダヲ)は、薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)がもうすぐ誕生日だと知る。一緒に暮らして初めての誕生日を祝ってやりたいと考えた護は、双子に何が欲しいかを尋ねる。しかし双子は「サンタさんにお願いしたから大丈夫」と話す。護はサンタさんはクリスマスにしか来ないから、何が欲しいのか教えて、と言うが亡くなった双子の父・笹倉(葛山信吾)から他の人に教えたらいけないと言われた双子は欲しい物を話そうとしない。そんなある日、双子が学校から下校途中、双子の実の母・あゆみ(鶴田真由)が双子に声をかけて、クッキーを手渡すが、母親は死んだと聞かされている双子は知らない人からもらえないと断る。一方護は、あこがれのかな(滝沢沙織)を食事に誘って、付き合ってほしいと告白をする。引き続き、双子の誕生日プレゼント探しをする護。護が双子と暮らしている事情を知らないあけぼの文具の同僚に「知り合いの」子供にプレゼントをしたい、と相談すると、息子のいる民子(千葉雅子)から、サンタさんにプレゼントをお願いするときは手紙を書いて大事な箱にしまうものだと聞いて、家中を探す。護はやっとそれらしき箱を発見する。そんなある日、あゆみが護を訪ねてきて・・・。

第8話2011/06/1216.8%
双子がいたら恋はできない?
とある日曜日の朝。ぐっすり眠っている護(阿部サダヲ)を薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)は揺り起こす。今日は日曜参観の日だ。日曜参観では、さっそくおとぼけ発言を披露する友樹だったが、しっかり者の薫の姿に、護も満足げ。そして担任の杉下(六角慎司)からは、お父さんやお母さんの仕事についてどんなことでもよいので調べてくるようにと宿題が出る。子供たちは家族の「お仕事調査隊」の隊員となって、調査結果を学校で発表することになった。日曜参観の帰り道、かな(滝沢沙織)から護に電話があり、ランチに誘われる。「もちろん!」と即答する護だが、まだ、かなに双子の存在を話せないでいた。一方、「お仕事調査隊」としてやる気まんまんの双子。ノートを片手に芸能レポーターの装いで風呂上がりの護に仕事内容を突撃している。しかし、護はかなとのメールのやりとりに夢中で、ぼんやりした答えばかり。護の会社に行ってみたいと薫は話すが、かなはもちろんのこと会社にも双子のことは秘密にしているため、だめの一点張り。そんなある日、日曜参観の振り替え休日で平日がお休みになった双子は、「お仕事調査隊」の仕事をまっとうするため、出社する護を尾行して・・・?

第9話2011/06/1917.2%
オレ、薫に手上げちゃった
護(阿部サダヲ)は、ボーナスが出るのでいつになく機嫌がいい。朝から夕飯のことが気になっている友樹(鈴木福)に夕食の献立を聞かれて、護は双子に週末はおいしいものを食べに行こうと話す。そして、ボーナスでふたりに新しい服もプレゼントすることを決めていた。あけぼの文具の同僚にもふたりにどんな服をプレゼントするのがいいか相談をして、護はとてもうれしそうだ。一方、居酒屋「くじら」には彩(比嘉愛未)の元旦那である達也(田中幸太朗)から電話が入っていた。ある日、同級生の女の子・まなみ(本田望結)と女の子だけで遊ぶ約束をした薫(芦田愛菜)は、友樹と別行動をしていた。夕飯の時間が近くなって、まなみの家を出た薫は、雨あがりの水たまりをひとり楽しそうに歩いて帰宅。その時、双子が幼いときに家を出て離婚した実の母親・あゆみ(鶴田真由)が、たまたま薫の姿を見つけた。一方、護は、会社から戻っても薫が帰っていなかったので、薫を迎えに、友樹と一緒にまなみの家に行く。友樹の頼りないガイドでまなみの家にやっとの思いでたどり着くも、薫はずいぶん前に家を出たと言われる。思い当たる場所を探していると、歩道に薫の名前の書かれた傘が落ちていて・・・?

第10話2011/06/2615.6%
おばちゃんは、ママですか?
薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)はもうすぐ運動会。学校で行われた運動会の説明会には、仕事で行けなかった護(阿部サダヲ)の代わりに陽介(世良公則)が出席した。運動会で子供達が踊る「アイアイ」のダンスを、保護者のみなさんも覚えてくださいと言われ習ってきた陽介から、護も踊り方を習う。あけぼの文具の同僚は、護が双子の運動会を楽しみにしていることを知り、双子応援グッズを持ち寄る。一方、お客様相談室室長の鮫島(伊武雅刀)からは、商品開発のセクションに異動の話があり、考えてくれないかと言われる。ある夜、薫は護にママがどんな人だったのかを尋ねる。護は美人だったと教えるが・・・。双子の実の母・あゆみ(鶴田真由)が、護に話があると連絡を入れてくる。ある日、護たちが不在時、ムックの飼い主だと名乗って老夫婦が居酒屋クジラを訪ねてきて・・・。

第11話2011/07/0323.9%
おきてを守ったからずっと楽しかったよ。
マルモありがとう、そしてさようなら
護(阿部サダヲ)は、あけぼの文具開発部の元上司・梅原(飯田基祐)から、開発部に戻らないかと打診される。その様子を見ていたお客様相談室の同僚は護に、寂しいけれど応援すると話す。ある日護は、薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)、そしてムックに温泉旅行を提案。急にどうして?と双子に聞かれて焦る護だったが、ムックが「大人には息抜きが必要なんだよ」と助け船を出す。ある日、護はあゆみ(鶴田真由)と喫茶店で待ち合わせをして、死んだ親友で双子の父親である笹倉が、あゆみに宛てた手紙を読んだ話をする。その頃、薫と友樹は温泉旅行の思い出を再びと、ムックを空の桶に入れて温泉ごっこに夢中になっていた。護はあゆみと共に自宅に戻り、2人に「大事な話がある」と切り出すが・・・。

第12話2011/10/0916.7%
マルモのおきてスペシャル
薫と友樹、友だちの願いをかなえるために
カッパさがしの大冒険
マルモがいつか結婚して子どもができても、薫と友樹のことをずっと好きでいてね
再び共に暮らすことになった護(阿部サダヲ)と薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)とムック(犬)。薫と友樹は夏休みを迎え、護は大学の後輩・大輔(林泰文)が経営する山梨のぶどう園に遊びに行くことを決める。そこには大輔の子供で、薫と友樹と同じ年頃の兄弟・翔太(矢部光祐)と菜々(清水詩音)もいた。ぶどう園を目の前にして、大はしゃぎの薫と友樹。護も2人の姿を見てうれしそうだ。しかしそのとき彩(比嘉愛未)から、陽介(世良公則)が倒れたと連絡が入る。護はいてもたってもいられず、急きょ子供たちを山梨へ残して東京へ戻ることに決める。薫と友樹は最初は不安がったが、護からの「離ればなれでも家族」というおきてを信じて、護なしでのお泊まりを決意する。
陽介を心配して、東京へ戻った護。自宅でひとりだったムックは護と彩の関係を進めようとおせっかいを焼く。
一方、山梨では、東京からやってきた薫と友樹に最初はいたずらを仕掛けた翔太と菜々も、護が東京へ戻ってもがんばって山梨でお泊まりをすることを決めた双子に見込みを感じ、仲間になろうと声をかける。そして、4人は「ぶどう戦士パープルフォー」を結成。4人は子供らしく基地を作ったり、花火をしたり夏休みを堪能する。
そんな翔太と菜々の両親は、実は最近うまくいっていなかった。大輔は子供たちのためを思って、子供が小さい間は自然に囲まれて、先祖代々引き継いできたぶどう園を家族で守る生活をさせてやりたいと考えていた。しかし妻である理沙(白石美帆)は、当初はぶどう園を手伝っていたが、最近ではぶどう園の経営もなかなかうまくいかず、以前働いていた出版社から仕事をもらってアルバイトを始めていた。理沙はお金のことも含めて、進学や就職など、さまざまな選択肢のある東京で子供を育ててやりたいと思うようになり、最近大輔との会話も少なく家族との食事も別にとっていた。もちろん翔太と菜々はそれに気がついており、寂しさを感じていた。
4人は、翔太と菜々の祖母・キミ(大塚道子)からこのあたりには昔からカッパがいて、願いをひとつだけかなえてくれるという話を聞いて、翔太と菜々の両親が仲良くなれるようにお願いをしに行くことを決意するのだが・・・。

第13話2014/09/2812.9%
3年ぶりに帰ってきたよ!
双子の夢と初恋にしゃべる犬…
2人の成長を見守るマルモの決断は?
でもマルモは本当のパパじゃないんだよ?
いつもと変わらず、穏やかな毎日を過ごしている高木護(阿部サダヲ)、笹倉薫(芦田愛菜)、笹倉友樹(鈴木福)。小学4年生になった双子の薫と友樹は、今年で10歳だ。成人の半分の年を迎え、学校で“自分物語”を作成することになる。生まれてからの10年を振り返って、家族の事、友達の事、色々な思い出、そして将来の夢を書くというものだ。二人にとって、複雑な課題…。
早速、母親の青木あゆみ(鶴田真由)に、自分たちの産まれたときの事を聞きに行く二人。
そんな中、薫は将来の夢を真剣に考えていた。薫が考える将来の夢は、なんと歌って踊れる“アイドル”だ。その夢について、護に相談した薫。そんな“アイドル”に強い憧れを抱く薫の思いが届いたのか、薫は偶然にもあることがきっかけで子役の芸能事務所からスカウトされる。
友樹は、今では大好きな“虫”に夢中だ。寝ても覚めても“虫”の事ばかり。だが、友樹は誰にも伝えていない“ある秘密”を、護に打ち明ける…。
一方、あけぼの文具に勤める護は、新商品の企画を進めている。そんなある日、護はあゆみからの何気ない一言をきっかけに、双子の将来のためにはそろそろ2人をあゆみの元へ帰さなければならないのでは?と真剣に悩み始め…。薫の夢は?!友樹の秘密とは?!護の決断は?!そしてムックはどうなっていくのか…。

【マルモのおきて】スタッフ

                  

【マルモのおきて】出演者

                  
2011春ドラマ