【無料動画視聴】11人もいる!【あらすじ】

【11人もいる!】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

11人もいる!

2011秋ドラマ【11人もいる!】

放送局
テレビ朝日
放送開始日
2011/10/21
放送時間
金曜23:15~

   
   
第1話2011/10/2111.4%
宮藤官九郎が描く…今だから“大家族”
真田家の父親・実(田辺誠一)は、カメラマンだが仕事がない。母親の恵(光浦靖子)は、カフェ『日だまり』を開いているが、客はほとんど来ない。それなのに、子どもは8人。いわゆる"貧乏子だくさん"な一家を、新聞を配りガソリンスタンドで働く高校3年生の長男、一男(神木隆之介)が支えている。決して裕福ではないが、明るくてにぎやかな真田家は、今日も元気に10人家族だ。
一男は実いわく「長男性背負い込み症」。なんでも一人で背負い込んで、勝手にイライラして、それが長男だと思い込んでいるというのだ。当然のことながら、仕事がなくても落ち込むどころか、いつもお気楽な実との折り合いも悪い…。
さすがに一男のアルバイト代だけでは家計も苦しく、一男はときおり実の弟・ヒロユキ(星野源)に生活費を借りているのだが、そのヒロユキも会社の社長が多額の借金を残し出奔してしまい、それどころではないという。いよいよ切羽詰まった一男は、学校を休んで新たなバイトを始めることに。

一方、末っ子の才悟(加藤清史郎)は、夜になると押入れから聞こえる奇妙な声に悩まされていた。ある夜、その声に誘われるまま押入れを開けたところ、ド派手な服にド派手なメイク、髪はボサボサの女の幽霊が姿を現したからビックリ! なんとその正体は、実の先妻で才悟以外の母親・メグミ(広末涼子)だった! しかも、メグミの姿は才悟にしか見えないらしい。どうしても知りたいことがあるというメグミに、才悟はしぶしぶ協力することにするが…!?

第2話2011/10/289.4%
宮藤官九郎×大家族 亡き母のバースデー
久しぶりの仕事でゲイバーの撮影に出掛けた真田家の父・実(田辺誠一)は、ポニーという源氏名で働く長男・一男(神木隆之介)と遭遇してしまう! 一男は家計のため止むに止まれず、家族に内緒で時給の高いゲイバーで働いていたのだが、実は一男がゲイだと勘違い。この先、一男をどう扱うべきか、母・恵(光浦靖子)とともに頭を悩ませる。
そんな中、高校2年生の長女・二子(有村架純)が、男の先輩と漫画喫茶に出掛けたまま夜遅くまで帰ってこないという出来事が起きる。一男は二子を心配するが、実と恵は一男のことで頭が一杯で、まったく気が回らない。さらに、お金のために働いていただけだという一男の言葉も聞き入れず、ゲイだと決めつける始末…。

そんなとんちんかんなダメ親に、一男の怒りがついに爆発! 家を飛び出した一男は、夜の街で遭遇したアルバイト仲間の鈴木ソアラ(野村麻純)に誘われるまま、彼女のアパートへ。そんな二人を遠くから眺めるメグミ(広末涼子)。部屋に入り、シャワーを借りた一男は、ソアラに積極的に迫られ、堪らず彼女を押し倒してしまう。とその途端、なぜか部屋の中の物が落ちたり、電気が点滅し始めて…!?

第3話2011/11/047.9%
名取裕子VS.我家のスター

第4話2011/11/118.8%
もう一人増えた気がする

第5話2011/11/187.5%
大家族は恋もテンコ盛り

第6話2011/11/257.1%
10人しかいない気がする

第7話2011/12/029.5%
涙の大家族!! 亡母の真実
実(田辺誠一)の留守中、カフェ「日だまり」に、9年前にメグミ(広末涼子)を殺した加害者・外山(高橋一生)がやってくる。外山は初対面の恵(光浦靖子)に、服役中に幽霊となって刑務所に出てきたメグミに惹かれ、人間と幽霊、加害者と被害者の壁を乗り越え、道ならぬ恋を続けてきたと告白。出所後も妻子のいる身でメグミとの不倫デートを重ねてきたという外山は、ついに家族を捨ててメグミにプロポーズする決意だと告げ、恵を驚かせる。
そして、実がいる時に改めてあいさつに来ると言うと、去り際に才悟(加藤清史郎)にもメグミが見えているはずだと断言。ついに、才悟が幽霊のメグミとコミュニケーションを取っていることがみんなにバレてしまう。信じられないという一同に対し、恵は驚きの事実を口にして…!?  
その数日後、兎ちゃん(きたろう)は川越に帰って行く。一方、ソアラ(野村麻純)から、一緒にいても楽しくない、結婚も考え直したいと言われた一男(神木隆之介)は、居ても立ってもいられず、切羽詰まってサム(RED RICE)を呼び出すが…!?

第8話2011/12/099.4%
母たちの反乱!! 父の混乱

第9話2011/12/167.5%
11人が行く!! 響け大家族の歌
才悟(加藤清史郎)を連れ、家出した恵(光浦靖子)も無事、川越の実家から帰り、一度はいなくなったメグミ(広末涼子)もまた姿を現し、真田家に笑顔が戻った。だが、一男(神木隆之介)は滑り止めで受けた大学に、見事落ちてしまう…。担任の尾女田(小松和重)にも、「偏差値48の私大に落ちたやつが国立なんか受かるわけはない。受かったら、卒業式に舘ひろしのコスプレで出てやるよ」と言われた一男だったが、大方の予想を裏切り、第一志望の国立大学に補欠ながら無事合格する。
そして、実(田辺誠一)は60回ローンで念願の一眼レフを手に入れ、三子(金井美樹)は高校生に、五月(赤石那奈)は中学生になった。ヒロユキ(星野源)も再就職を決め、ようやく真田家を出て行くことに。住まいの老朽化が深刻化する中、真田家の春は瞬く間に過ぎていく。
当の一男は、典型的な“大学デビュー”を飾り、夜な夜なコンパに繰り出すなど、キャンパスライフを満喫していた。と思ったら、突然大学に行くのを止め、一転して引きこもり生活に突入。これまた典型的な“五月病”になってしまう。6月になっても大学に行くことなく、ソアラ(野村麻純)も臨月に近づく中、なぜかゲイバーに復職する一男。見かねた実は、久しぶりに家族会議を開くが…!?
さらに、誰もが予想し得ない大事件が真田家に勃発し…!?

【11人もいる!】スタッフ

                  

【11人もいる!】出演者

                  
2011秋ドラマ