【無料動画視聴】専業主婦探偵 ~私はシャドウ【あらすじ】

【専業主婦探偵 ~私はシャドウ】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

専業主婦探偵 ~私はシャドウ

2011秋ドラマ【専業主婦探偵 ~私はシャドウ】

放送局
TBS
放送開始日
2011/10/21
放送時間
金曜22:00~

ドジで不器用な主婦がひょんなことから探偵に!?
愛する夫のために奮闘し強い女へと生まれ変わっていく物語!

   
   
第1話2011/10/2112.6%
美しすぎる夫の秘密
専業主婦・浅葱芹菜(深田恭子)は、証券会社に勤めるエリートサラリーマンである夫・浅葱武文(藤木直人)を猛烈に愛している。
キャリアウーマンとしてバリバリ働く同級生たちに「夫の陰に隠れて生きている“シャドウ・ワーカー”だ」と非難されるが、芹菜自身は「ふみクンのために生きることが私の幸せ。ふみクンの“影”になりたい」と言い切り、彼に尽くすことが生きがいであることに何の迷いも持たない。
しかし、2年前の新婚当初こそラブラブだったが、気づくと夫は以前と同じように自分を見てくれない。武文は、度を越した芹菜の愛情表現に対して、「重たい」「気持ち悪い」と避けるようになっていたのだ。
そのうえ、武文はある悩みを持っていた。美しく妖艶な上司である新山千早(石田ゆり子)に恋愛関係を迫られていたのである。千早は芹菜とは正反対で、仕事の出来る、魅力的な大人の女。武文はそんな千早に対して完全に冷たくもできず、悩んでいた。

ある日、芹菜は「たまには夫以外の男と食事でもしたら?」という親友・もと子(芦名星)の計らいで、彼女が勤める出版社の男性たちと食事に出かけることに。
帰り道、仲間の一人が送り狼となって芹菜に迫った瞬間を探偵・陣内春樹(桐谷健太)に写真を撮られたうえ、お金をゆすられる。しかし、払えるお金が無く、夫に写真を見られたくない芹菜は、陣内の探偵事務所に毎日出勤し、アシスタントとして働くことに。 陣内から尾行、調査、護身術、変装などなど、一から教え込まれているうちに、ドジでのろまなはずの芹菜に変化が起きる。自分の意見でさえきちんと言えなかった彼女が、他人の問題を解決できるようになり、内面的にも自信を取り戻していく。
さらに陣内の仲間である理容師・十島丈二(古田新太)によって謎の美女に変身させられた芹菜は、外見的にも「別人」になって生き生きと仕事ができるようになっていく――。
「いつまでも情けない自分に満足するな」「逃げて隠れて、いやなことから目を背けて一生終わる気か」と陣内に言われているうちに、芹菜は内面も外見も大きく変わっていくのだが…。

第2話2011/10/288.7%
出張という名の不倫
夫を取り戻すため探偵になることを決心し、強引に陣内(桐谷健太)のいる探偵事務所で働き始めた芹菜(深田恭子)。
そんなある日、陣内の元へ一人の母親が「行方不明の息子・村上義彦(チャンカワイ)を探して欲しい」という依頼でやってくる。依頼人と意気投合した芹菜も陣内と一緒に義彦探しを手伝うことになるが、陣内はどこか不安げな様子…。

一方、武文(藤木直人)武文(藤木直人)は上司である千早(石田ゆり子)と大阪に出張に行くことになるが、それを知った芹菜は二人の間で何かが起こるのでは?とヤキモキする。
後日、行方不明の義彦を探す芹菜は、都内で偶然、大阪にいるはずの武文と千早の姿を見てしまう。まるで恋人同士のような二人の雰囲気に激しく動揺する芹菜。とその時、芹菜の前に義彦が現れる。何とか車で尾行するが、運転が苦手で右折のできない芹菜は、義彦を見失い、陣内に厳しく叱られる。武文と千早の事も気になり、落ち込む芹菜。
きっと武文は千早からパワハラを受けているに違いない!と思い込んだ芹菜は、陣内の力を借りて、二人がいるホテルに潜入、あの手この手で千早の陰謀を阻止しようとするが…

第3話2011/11/049.5%
妻は見た…密室の夫の行為
芹菜(深田恭子)は、武文(藤木直人)を千早(石田ゆり子)のパワハラから守るため、陣内(桐谷健太)のつてを頼って派遣会社に登録、さらに丈二(古田新太)の助けを借りて清掃員に変装し、武文が勤めるひばり証券に潜入する。
掃除の仕事をしながら武文を監視していたある日、会社の周りで不審な行動をしている女性と出会う。その女性とは武文の上司である幸田(日野陽仁)の妻・明美(有森也実)であった。最近帰りの遅い幸田が浮気しているのではないかと疑う明美は、芹菜と同様、会社まで来て夫を監視していたのだった。芹菜は自分と似ている明美に同情する。そして陣内の反対を押し切り幸田の浮気調査を始めるうちに、意外な事実を知る…。

そんな時、武文が所属する経営企画局・IR部に梶木(丸山智己)という男が異動してくる。元トレーダーで会社に100億もの利益をもたらした梶木がなぜIR部に異動してきたのかと不審に思う武文は、新山常務(遠藤憲一)の息がかかっているのではと睨む。武文の会社での毎日は、何かと絡んでくる梶木のせいでストレスの溜まるものとなり、武文がどんなに遅く帰っても起きて待っていて、かいがいしく世話を焼こうとする芹菜に、ついイライラとしてしまい…。

第4話2011/11/1110.3%
裏切り者の夜
ある日、いつものように清掃員として出社する前に、「理容としま」で変装し、探偵事務所に顔を出す芹菜(深田恭子)。するとそこに、陣内(桐谷健太)と話す、もと子(芦名星)の姿があった。最近の芹菜の行動を不審に思ったもと子は、朝から芹菜を尾行していたのだ。探偵として働いていることも、清掃員として武文の会社に潜入していることもばれてしまった芹菜は、武文(藤木直人)だけには秘密にして欲しいともと子に頼む。するともと子は、秘密にする代わりに初恋の人を捜して欲しいと依頼する。そして20年前の写真だけを手がかりに、初恋の人・横沢(鈴木裕樹)を探すことになった芹菜。

そんなある日、芹菜は武文のカバンの中から、綺麗に包装されたプレゼントらしきものを見つけてしまう。会社で聞いた噂話から、千早(石田ゆり子)の誕生日が近いことを知った芹菜は、もしかしたらそれが武文から千早へのプレゼントなのではないかと疑い、嫉妬に苦しんでヤキモキする。
一方、新山(遠藤憲一)は、武文と千早の仲を疑い始めていた。そしてあるとき、武文と千早の携帯ストラップがお揃いであることに気づいた新山は、とんでもない行動に出る…!?

第5話2011/11/189.5%
夫の携帯は地獄の入口
武文(藤木直人)と千早(石田ゆり子)の密会現場を目撃した陣内(桐谷健太)は、そのことを芹菜(深田恭子)には言えずにいた。
そんなある日、陣内の探偵事務所に一人の女性がやって来る。その女性はかつて陣内と付き合っていた涼音(松本莉緒)だった。今はジュエリーショップを経営しているという涼音だが、店の経営が行き詰まっているといい、お金を貸して欲しいと陣内を訪ねてきたのだ。そんな涼音に対し陣内は、「業務の範囲外ですので」と、冷たくつき帰してしまう。そんなやり取りを見ていた芹菜は、丈二(古田新太)に二人の過去を聞かされる。


そんな中、最近急に優しくなった武文を怪しく思う芹菜は、親友・もと子(芦名星)のアドバイスを受けて、武文の携帯電話のメールを見てしまう。そこには千早とのやりとりがあった。ショックを受け不信感を募らせる芹菜は、思い切って武文に問いただす。
一方の武文は、千早との関係をネタに、ある計画を進める新山常務(遠藤憲一)に脅されていた…。

第6話2011/11/2510.2%
夫と探偵、二人の男が目の前で
新山常務(遠藤憲一)は、武文(藤木直人)と千早(石田ゆり子)の関係をネタに武文を脅し、企業買収に向けての仕事を課す。それに対して武文と密かに通じている泰介(小日向文世)は、新山の失脚をもくろみ、新山の弱みを掴むために、武文にある計画を命じる。
そんなある日、息子が交際相手に騙されているかもしれないから調べて欲しいと、陣内(桐谷健太)の事務所に依頼が舞い込む。その依頼して来た女性は、武文の同僚の福寿(長谷川朝晴)の母親であった。芹菜(深田恭子)は陣内と共に、福寿と彼女の由香(ちはる)とのデートを尾行し、彼女の身辺調査をする。そんな中、今まで辛いだけだった尾行、張り込みなどの探偵業務が、芹菜と一緒だと楽しいと感じていることに気付く陣内。そして、由香の意外な事実が発覚し…。

後日、母親が探偵事務所に彼女の身辺調査を依頼していたことを知った福寿は、武文とともに陣内のいる探偵事務所を訪れる。今後彼女のプライバシーを侵害しないで欲しいという福寿に対し、一歩も引かない陣内。さらに、これまで芹菜を悩ませ、苦しめてきた武文のことを面白くないと思っていた陣内は、ここぞとばかりに武文を挑発し出す。
はじめは、芹菜のことをただのアシスタントだと思っていた陣内。しかし、日々接しているうちに徐々に新たな感情が生まれていたのだ。芹菜、武文、陣内、三人の気持ちが複雑に交錯して…!?

第7話2011/12/029.5%
私が本当に愛しているのは誰?
武文(藤木直人)と千早(石田ゆり子)の不倫を知ってしまった芹菜(深田恭子)。芹菜に思いを寄せる陣内(桐谷健太)は、芹菜を苦しめてばかりいる武文と早く別れろと言うが、それでも武文を愛していると、芹菜は陣内に泣きながら訴える。
それでも陣内は、二人の不倫関係はこれからも続き、離婚を切り出されるのは時間の問題だと諭すが、芹菜は、武文と千早が二人でいるところに踏み込んでこの状況にケリをつけると言い出す始末。
その日、ひばり証券の清掃の仕事を終えた芹菜は、男性サラリーマンに変装し、退社する武文を尾行。武文はあるホテルへタクシーを着けた。同じくタクシーで追跡してきた芹菜だが、ホテル内で武文を見失ってしまう。だがほどなく、バーで千早と席を共にする武文を発見。二人の話に聞き耳を立てる芹菜。そこで、武文が千早に話したこととは…!?

そんな武文は、マリアブラザーズとの合併に向け、着実に動いている新山常務(遠藤憲一)が、合併後にひばり証券のほとんどの社員の首を切ろうと考えていること、さらに新山を失脚に追い込むための証拠を掴めと強要する泰介(小日向文世)の、それぞれに不信感を持ち始めていた。
一方、離婚した妻・瞳(RIO)への気持ちを引きずる丈二(古田新太)の姿を目にした芹菜は、丈二を勇気付けようとある行動を起こす。その行動とは…!?
その後日、いつものように変装して、ひばり証券で清掃員として働く芹菜。すると、社内でバッタリ陣内と会った。臨時職員としてひばり証券で働くことになったという陣内だが、果たして、その真意とは…?

第8話2011/12/0910.3%
不意打ちキス!私が主婦でなくなる日
武文(藤木直人)が、ひばり証券の乗っ取りに関わっているかもしれないと察した陣内(桐谷健太)は、芹菜(深田恭子)とともに危険な調査に乗り出す。
芹菜は、陣内の指示で武文のスーツに盗聴マイクを仕掛ける。ほどなく、武文が新山常務(遠藤憲一)に利用されていると知った芹菜は、千早(石田ゆり子)に自分が妻であることを明かし、武文をこれ以上苦しめないでくれと頼む。

そんなとき武文は、新山から新たな仕事として、吸収合併の条件として要求されているリストラの人選をしろと言われ困惑していた。さらに、泰介(小日向文世)に呼び出され、新山の背任行為の証拠を掴めと言われるが、これ以上は出来ないと泰介に断る。そんな武文の言葉に豹変する泰介。武文の後をつけていた芹菜は、これまで見たことのない父親の姿を目にしてしまうことに。
そして、あることで武文を苦しめていた事実を知った芹菜は、陣内に探偵を辞めると言い、その翌日、姿を消してしまった。
一方、芹菜がいなくなったことを知った武文は、陣内に捜査をお願いするが…。

第9話2011/12/169.8%
最終回!私が救いたいのはあなた!
武文(藤木直人)と泰介(小日向文世)の話を立ち聞きしてしまった芹菜(深田恭子)は、二年前の出来事が武文を苦しめていたのだと知って責任を感じ、姿を消していた。そんな芹菜の前に現れた武文は浮気を謝罪するが、夫婦の間に出来てしまった深い溝を認めざるを得ない芹菜…。そんな二人の前に、ある人物から捜査を依頼されたという陣内(桐谷健太)が現れる。

一方、ひばり証券では吸収合併の噂が広まったせいで、社長が役員を召集し、取締役会を開いていた。新山常務(遠藤憲一)の背任行為を暴こうとする泰介との直接対決が始まる。
一人で答えを探していた芹菜は、ある情報を得て、変装し車を飛ばしていた。「必ずあなたを救い出すから、信じて待ってて…」芹菜が助けに向かうのは、武文か陣内か!?

【専業主婦探偵 ~私はシャドウ】スタッフ

                  

【専業主婦探偵 ~私はシャドウ】出演者

                  
2011秋ドラマ