【無料動画視聴】秘密諜報員 エリカ【あらすじ】

【秘密諜報員 エリカ】ストーリーや無料動画視聴ならドラマニア

秘密諜報員 エリカ

2011秋ドラマ【秘密諜報員 エリカ】

放送局
日本テレビ
放送開始日
2011/10/06
放送時間
木曜23:58~

かつて秘密諜報員としてスパイ活動を行っていた主人公・エリカ。現在は結婚し、専業主婦として幸せな家庭の日々を過ごしていた。
だがそんなある日、自宅に内閣情報調査室時代の元上司・戸塚が訪れ、スパイの経験を生かして新たに始めた民間トラブルを解決する仕事を手伝ってほしいとエリカに頼み込む。現場に戻る気持ちはないエリカだったが、家族にスパイだったことをバラすと戸塚に脅され、渋々手伝うハメに。こうして、エリカの主婦とスパイの2つの顔を使い分ける日々が始まった。

   
   
第1話2011/10/066.3%
元スパイの新米ママが変装・潜入・武術で悪徳医師を一刀両断
1年前に結婚した高橋エリカ(栗山千明)は会社員の夫、高橋良介(東根作寿英)と夫の連れ子である幼稚園児・航太郎と幸せな日々を送っていた。ある日、2人を見送って自宅に戻ったエリカは玄関の異変に気付く。きれいに揃えたスリッパ、生けた一輪挿しの花の向きなどが微妙にズレていたのだ。エリカが警戒してリビングに入ると、そこには内閣情報調査室・特殊課の元上司、戸塚宗一(杉本哲太)が立っていた。エリカは1年前まで戸塚の下でスパイとして活動していた。

戸塚は内閣情報調査室を辞め、現在はスパイ時代の経験を生かし、浮気調査や素行調査を行う「戸塚シークレットサービス」の代表を務めているという。エリカをスパイとして高く評価する戸塚は仕事を手伝って欲しいとエリカに頼む。エリカは家庭の事を第一に考え、その頼みを断るが、戸塚は秘密にしている過去を良介たちにバラすと脅され、半ば強制的に仕事を手伝うことになる。

この後、エリカが雑居ビルにある戸塚シークレットサービスのオフィスを訪ねると、戸塚は部下の園田純平(井出卓也)を紹介。純平は大学院生だが、政府のデータベースをハッキングしかけるほどの理系頭脳の持ち主だった。エリカたちが話していると、そこへ依頼者の竹内ひとみがやってきた。婚活サークルの会社「セレブレイト・マリッジ」に登録したひとみは、その会社が主催するお見合いパーティーに参加し、速水という医者と出会ったという。

ひとみは酔って個室に案内され、そこで速水に睡眠薬入りのお酒を飲まされ、乱暴されたと打ち明ける。ひとみは「セレブレイト・マリッジ」に速水の個人情報を照会するが、会員の個人情報を教える事はできないと断られたという。ひとみは速水の身元を突き止めてほしいと依頼する。話を聞いたエリカは、いつの間にかひとみに感情移入し、個人情報を盗む作戦を提案していた。ふと我に戻り、家へ帰ろうとするエリカに戸塚は、ひとみさんもお前と同じように普通に結婚し幸せを掴みたかったんだと言い、ミッション開始を命じる。反論できないエリカは、戸塚のミッションを引き受けることになってしまう。

エリカは「セレブレイト・マリッジ」を訪れ、キャビンアテンダントと偽って会員に登録。その際、エリカは会社のセキュリティもさり気なくチェックする。会員の個人情報は書類にして金庫に保管し、暗証番号は社長の桐生信也しか知らないという。その時、桐生がやってきて、エリカは医者の男性を紹介してほしいと桐生に伝える。そして深夜…。エリカは通気口から「セレブレイト・マリッジ」に侵入。純平はエリカが映すカメラ映像から金庫の暗証番号を解析する。

エリカは金庫を開け、サークル会員のファイルを調べる。どうしても速水の情報を見つける事ができないエリカだったが、二重底に気付き、隠されたファイルを発見。そこには数人の男性と20人近い女性会員の情報があり、速水がひとみと関係を持った事も記録されていた。エリカはこのファイルから速水と桐生が繋がっていると判断。さらにエリカは自分のプロフィールがある事に気付く。

後日、純平は調べ上げた速水の情報をエリカ、戸塚に報告する。速水と桐生は別の大学だったが、同じイベントサークルで知り合った仲間だと判明。速水は勤務する病院の院長の一人娘と婚約していた。速水と戸塚はグルになり、女性を食い物にしていたのだ。しかも次のターゲットはエリカだった。当初の目的は速水の身元を突き止める事だったが、エリカは仕返ししたいというひとみの言葉を思い出す。エリカはパーティーに参加し、女性の敵である速水を徹底的に叩きつぶすと誓った…。

第2話2011/10/134.1%
ネット掲示板でOLを陰湿嫌がらせ…女子更衣室の罠を暴け!
会社員の夫、高橋良介(東根作寿英)と幼稚園児の息子、航太郎(谷合純矢)と幸せな日々を送る高橋エリカ(栗山千明)。かつてエリカは内閣情報調査室・特殊課の秘密諜報員だった。エリカは元上司で、今は「戸塚シークレットサービス」の代表を務める戸塚宗一(杉本哲太)に、スパイの過去を良介たちにバラすと脅され、家事の合間に闇のスパイ活動を手伝う事に。ある日、航太郎を幼稚園に送り届けたエリカは戸塚に事務所に呼び出される。そこでは依頼者の不動産会社OL、小沢菜々子(28)が待っていた。

菜々子はネットの掲示板に嫌がらせの書き込みをされていると悩みを打ち明ける。掲示板には菜々子の携帯番号やメルアドなどの個人情報、デタラメな誹謗中傷や卑猥な文章が書かれているという。ずっと派遣社員だった菜々子が試験に合格して正社員になって間もなく、書き込みは始まったという。最近は眠れなくなり、仕事でのミスが増えたという菜々子は犯人を突き止めて欲しいと依頼する。

園田純平(井出卓也)は同一人物が全ての書き込みをしている事を突き止め、書き込まれている場所も菜々子が勤める会社と特定。社内に犯人がいると判断したエリカは会社に潜入して菜々子の周辺にいる怪しい人物から犯人を絞り込むという作戦を実行に移す事に。まず、エリカは品川恵子という偽名を使い、菜々子がいた派遣会社「グッドキャリア」の面接を受ける。そして、面接官の田中はエリカを菜々子の会社へ派遣させる事に決める。

出社の日、総務部長の遠藤武男はエリカを総務部の社員たちに紹介し、菜々子に指導を任せる。エリカは勤務中に菜々子から話を聞き、正社員でお局の都島文恵、菜々子に恋心を抱く千葉祐介、菜々子と同期で派遣の熊谷千代美の3人に動機があると判断。文恵は菜々子が正社員になった途端ライバル視するようになり、千葉は菜々子を飲みに誘って断られたという。そして、千代美は正社員になるために一緒に試験を受けたが、1人だけ落ちていた。勤務中、何者かが上の階から階段を下りる菜々子を狙ってクリスタルの置物を落下!危機一髪、一緒にいたエリカが菜々子を守り無事だったが、大怪我をするところだった。

次の出勤日、エリカは昼休みに人目を警戒し、パソコンがある部屋へ入っていく文恵を見かける。その時、エリカの携帯に純平から連絡が入る。たった今、菜々子の今日の下着やバストサイズについての書き込みがあったという。エリカは文恵を疑い、となりの部屋から文恵の様子を窺う。だが、文恵は男性社員と密会してイチャイチャしていただけだった。エリカは地下の備品室で書き込みの事を菜々子に報告。その時、ドアの外から大きな物音が聞こえてくる。エリカたちは頑丈なロッカーでドアを塞がれ、中に閉じ込められてしまう。絶体絶命の菜々子とエリカ!備品室から脱出することはできるのか!?

第3話2011/10/206%
金欲まみれ美容整形外科に極秘潜入! ナース姿で医師をダマせ
高橋エリカ(栗山千明)は「戸塚シークレットサービス」に呼び出され、戸塚宗一(杉本哲太)から依頼人の橋本真奈美を紹介される。真奈美は大きなサングラスをかけて顔を隠していた。真奈美は自分の顔にコンプレックスがあり、そのせいで人付き合いが苦手だったと打ち明ける。そんな自分を変えるために整形手術を受けたという真奈美がサングラスを外すと、目尻にはケロイド状の痛々しい傷跡が残っていた。

真奈美に整形手術を勧めたのは「東原ビューティークリニック」の院長、東原聡。真奈美は東原に強引に説得され、診察を受けたその日に手術を行ったという。1回で済むはずが、治療はその後も続き、その度に高額な治療費を要求。顔に傷跡を残された真奈美は医療ミスだとクレームを入れたが、東原は手術にミスはなかったと反論。東原は体質的な問題だと主張し、新たに200万円もかかる治療法を勧めてきたという。真奈美は他にも被害者がいると推測し、医療ミスを証明して治療費を取り戻して欲しいと依頼する。

エリカは悪徳医療のカラクリを暴くために潜入捜査を開始。エリカは田端という偽名を使い、ナースとしてクリニックで働き始める。エリカは院長の東原と部下の木村との会話を聞くため、木村の白衣のポケットに小型盗聴器を仕込む。東原は普通に治療するなと木村に注意し、通院を長引かせるような治療をしろと命じていた。エリカの予想通り、東原は金儲けの事しか考えていなかった。エリカは東原と木村の会話からカルテ改ざんのマニュアルがある事を知る。

東原は不満げな木村に文句があるなら辞めてもいいと言い放ち、代わりならいくらでもいると伝える。その時、東原の携帯に着信が入る。東原は今から来院するという電話の相手に丁寧に応対。エリカは東原も頭の上がらない相手の事が気になる。この後、東原と秘書の藤本はタクシーでやってきた松井百合子をクリニックの中へエスコート。エリカはその様子をペン型カメラで盗撮する。エリカは院長室にコーヒーを運び、東原と松井の会話を盗み聞きする。松井はボトックス射とフェイスリフトを東原に頼んでいた。

勤務を終えたエリカは事務所に連絡を入れ、マニュアルに沿ってカルテの改ざんが行われていると報告。エリカは先ほど撮影した松井の写真を送り、彼女の事を調べて欲しいと頼む。エリカは悪徳医療の物的証拠となるマニュアルを入手するため、東原の方針に不満を持つ木村から話を聞く事に。出勤日、エリカは何気ない会話から木村に同郷だとウソをつき、その夜、飲みに行く事に成功する。

エリカが木村をおだてると、木村はペラペラとクリニックの事を喋り出す。東原は患者から治療費を取った上、カルテを書き直して保険請求もしていた。この二重請求のマニュアル、裏帳簿は東原が管理しているという。次の出勤日、エリカは東原と藤本が外出するのを見計らって院長室に侵入。だが、藤本が忘れ物を取りに来たため、エリカはマニュアルと裏帳簿の入手に失敗する。この後、戸塚からエリカの携帯に連絡が入り、松井の驚きの正体が明らかになる…。

第4話2011/10/274.7%
渦巻く愛人関係の謎 ホステスに変装し銀座クラブに極秘潜入!
高橋エリカ(栗山千明)はこそこそ誰かと連絡を取り合う夫の高橋良介(東根作寿英)に気付いて不安になる。そんな折、依頼人の松井知美(39)が「戸塚シークレットサービス」にやってくる。知美は夫の浮気調査をして欲しいと依頼。最近、夫の松井浩之の様子がおかしく、こそこそ誰かと連絡を取り合っているという。浩之の通帳から400万円の謎の出金もあり、知美は女に貢いでいるのではないかと疑っていた。浩之は貿易会社マツイトレーディング社長で、結婚して17年、仕事熱心な真面目な夫だった。

エリカは良介が怪しい事もあり、普段は受けないはずの浮気調査を引き受ける。浩之の尾行を開始したエリカは、浮気相手を特定するため、浩之が入ったホテルの一室の入口付近に小型カメラを設置。戸塚宗一(杉本哲太)と園田純平(井出卓也)がホテル近くに停めたバンの車内でカメラの映像を確認する。そして、部屋に若い女性、吉川由香(25)が入っていく姿が映し出される。だが、由香はすぐに部屋を出て行き、あとを追う浩之はロビーにいた若い男性と揉め出す。戸塚は由香を尾行するようにエリカに指示を出す。

エリカは由香がクラブ「ナイトローズ」に入っていく姿を確認。由香はこのクラブのホステスだった。さらにロビーで揉めた男性は浩之の弟で秘書の松井孝史と判明。2人は14歳も離れていて、子供がいない浩之は孝史を次期社長にと考えているという。社長の不倫スキャンダルは会社へのダメージも大きく、戸塚は孝史が浩之の不倫に気付いて揉めたと推測。戸塚はクラブに潜入して不倫関係の確証を押さえてほしいとエリカに命じる。

後日、エリカはホステスとしてクラブ「ナイトローズ」に潜入。エリカは他のホステスたちがNo.1の由香に反感を抱いていると察する。そして、店長の葛西一也(37)に言われて由香のテーブルにヘルプでつくエリカ。エリカはそくなく接客して客に気に入られるが、客が帰った後に由香は激怒。更衣室で由香はエリカの接客に難癖をつけ、足を引っ張るなと言い放つ。すると、由香を嫌うホステスがエリカに同情して話しかけてくる。全てはエリカの作戦だった。そのホステスにマツイトレーディングの話題を出すと、最近店に姿を見せないと明かす。さらにエリカは由香が指名を取るため、枕営業をしているという情報を聞き出す。この後、エリカは葛西の電話を盗み聞きし、葛西がヤクザと揉めている事を知る。深夜0時、帰宅したエリカは良介がまだ帰ってきていない事に驚く。間もなく、良介は帰宅するが、上着を脱ぐ時、女性モノの香水の匂いがしてきたため、エリカは浮気の疑惑を持ち始める。

マツイトレーディングの社長室。孝史は由香に会うのをやめて欲しいと頼むが、浩之はお前の出る幕じゃないと取り合おうとしない。清掃員に変装した純平は2人の会話を盗聴していた。そして、夜のクラブ「ナイトローズ」。由香は店の裏口に呼び出され、エリカがその後を追うと、由香は孝史と会っていた。孝史はこれ以上、兄を苦しめないで欲しいと由香に訴える。孝史はお金が入った封筒を用意していた。そこに現れた葛西は封筒の中身を確認し、こんなはした金で済むわけがないと言い放つ。エリカは3人の会話を聞き、浩之が浮気の写真をネタに強請られていると察する。この後、マネージャー室に侵入したエリカは問題の写真を発見。そこには意外な人物が写っていた!? この後、エリカは由香と葛西の強請りを止めさせる作戦を遂行。そして、良介の浮気疑惑の真実も明らかに…。

第5話2011/11/035.6%
美しき遺産相続人は元風俗嬢! 家政婦に変装し強欲一家に潜入
依頼人の藤村しおり(30)が「戸塚シークレットサービス」にやってくる。夫である華道の草花流家元、藤村淳一郎(62)は他界したばかり。葬儀の模様はワイドショーでも放送されていた。後妻のしおりは遺産相続で家族と揉めている事を高橋エリカ(栗山千明)たちに打ち明ける。淳一郎には前妻との間に3人の子供がいるようだが、しおりとの間に生まれた藤村翔(6)を溺愛していたという。

しおりは淳一郎が他界してすぐに送られてきた脅迫状をエリカたちに見せる。そこには「淫乱女 オマエニ相続ノ資格ハナイ 息子ト家カラ出テ行ケ」と書かれていた。若い頃のしおりの下着姿が掲載された雑誌記事も同封されていたらしく、しおりは10年前に父親の工場が倒産し、借金を返済するために半年だけ風俗店で働いていた事を告白。淳一郎の名誉が傷つく事を恐れたしおりは翔と一緒に家を出て行こうと考えていた。エリカは家を出て行く必要はないと伝え、脅迫状を送りつけてきた犯人を見つけ出す事を約束する。

エリカはしおりに雇われた家政婦として藤村家の潜入捜査を開始。エリカは藤村家の人間が犯人と考えていた。長男の信一郎は華道家で、草花流関連会社の経営者。その妻、真理子は華道講師。次男の孝二郎は関連会社の役員で、長女の実花はフラワーアレンジメント講師をしていた。しおりが皆にエリカの事を紹介していると、そこに弁護士の大杉徹がやってくる。大杉は遺産相続の管理を一任されていた。エリカは卓下に盗聴器を仕掛け、遺産相続の話し合いを盗み聞きする。

大杉は遺産の半分をしおりが相続し、残り半分を子供4人で分けると説明。孝二郎は遺言状の有無を確認するが、大杉は預かっていないと答える。すると、しおりに対する皆の不満が噴出。しおりは金目当てで淳一郎に近づいたと皆に決めつけられ、翔も淳一郎の本当の子供かわからないと疑われていた。この後、エリカは犯人の手掛かりを見つけるため、藤村家のゴミを事務所に持ち帰る。そしてゴミを調べたエリカは4人がそれぞれ金を必要としていたと判断。戸塚宗一(杉本哲太)は皆に脅迫状を出す動機があると考える。

後日、藤村家に出勤したエリカは帰ろうとする大杉と会う。大杉はしおりの事が心配になって様子を見に来たという。仕事中、エリカは孝二郎と真理子が密会している事に気付く。真理子は夫の実弟と不倫をしていた。2人の関係を知ったエリカは2人が組んでしおりを脅迫した可能性についても推理する。休日、エリカが夫の良介(東根作寿英)、息子の航太郎(谷合純矢)と自宅で過ごしていると、携帯に着信が入る。それはしおりからの電話だった。切羽詰まったしおりは翔が何者かに誘拐されたとエリカに助けを求める。エリカは急いで藤村家に駆け付けるが…。

第6話2011/11/103.9%
悩める女性をねらう悪魔の心理セミナー!秘密部屋に潜入せよ
依頼人の川瀬充(35)は1週間前に妻の玲子(30)が家を出て行った事を高橋エリカ(栗山千明)、戸塚宗一(杉本哲太)、園田純平(井出卓也)に打ち明ける。2人が結婚したのは5年前。玲子は自己啓発セミナー「真理の扉」に通い始めてからおかしくなったという。玲子はセミナーの施設に寝泊まりしているらしく、充は玲子を連れ戻して欲しいと依頼。エリカはセミナー生として施設の潜入捜査を開始する。

代表の西山正道(45)の話に熱心に耳を傾けるセミナー生たち。傍らには職員の大橋美幸と竹原純一が控えていた。エリカは大橋に施設内を案内され、ある部屋に目を留める。そこは祈りの部屋と呼ばれる上級会員のための特別な部屋だった。セミナーの受講回数、寄付の額などで上級会員を決めているという。ドアは掌紋認証システムで施錠。入口には監視カメラ数台が設置されており、エリカはこの部屋に何か秘密があると考える。この後、この部屋から疲れ切った会員たちが出てくる。玲子も上級会員の1人だった。

エリカは大橋と別れた後、小学校の同級生を装って玲子に近づく。エリカは婚約者に捨てられ、死のうとした時にセミナーの存在を知ったとウソの秘密を語り、玲子の心を開かせる作戦を実行。すると、玲子は子供を持つのが夢だが、なかなか妊娠できないと悩みを打ち明ける。玲子は充の両親や親戚から早く子供を作りなさいとプレッシャーをかけられていたが、充にもその事を打ち明けられず自分を責めるようになり、このセミナーに通い始めたのだ。

後日、エリカは純平が作った掌紋認証用の手袋を使って祈りの部屋に侵入。中では西山と上級会員たちが怪しい祈りの儀式を行っていた。心を癒すセミナーは表の顔で、その正体はカルト教団だった。エリカは西山が差し出す聖杯を飲んだ後、皆がトランス状態になっている事に気付く。西山は玲子を含む数人の女性を布団が敷いてある奥の部屋へと誘導。西山は汚れた魂を浄化すると言って玲子に肉体関係を強要させようとする。

玲子の身が危ないと感じたエリカは照明器具などを使って、火事だと大騒ぎする。信者たちはパニックになり、大橋から火事だと報告を受けた西山は女性信者たちと共に一目散に逃げ出していく。エリカは西山のセクハラを受けて震える玲子に駆け寄り、このセミナーがまともではない事を伝える。だが、玲子はエリカが差し伸べた手を払いのけ、自分が望んでここにいると主張。玲子は魂を浄化すれば子供ができると信じ込んでいた。

事務所に戻って戸塚と純平に状況を伝えるエリカ。純平も調べ上げた西山の経歴をエリカに報告。西山は詐欺、恐喝、窃盗の前科があり、職員の大橋と竹原も一緒に検挙された過去があった。西山らは金になると踏んでインチキ宗教を始めたのだ。だが、完全に「真理の扉」を心の支えにしている玲子。エリカは西山の悪事を暴いて玲子の目を覚まさせると決意し、戸塚、純平と協力して西山の尾行を開始する。

西山は床に転がる消化器を見て、火事騒動が狂言だった事に気付き、施設に邪魔者が入り込んでいると察する。この後、西山は竹原が運転する車で高級ホテルに移動。エリカは西山らを追って地下駐車場のエレベーター前へ。その時、エリカは背後に人の気配を感じる。エリカはいつの間にか黒スーツの男たちに取り囲まれていた…。

第7話2011/11/175.3%
清楚美女の裏の顔は男を転がす結婚詐欺師 強欲な本性を暴け!
依頼人の近藤聡美(32)は真面目な兄の様子がおかしいと高橋エリカ(栗山千明)、戸塚宗一(杉本哲太)、園田純平(井出卓也)に相談する。兄の近藤洋一(45)は勤めていた銀行を急に辞め、その退職金で海外ブランドの自転車専門店を開くと言い出し、他界した父親の土地も勝手に売ってしまったという。仕事一筋で、自転車が唯一の趣味だった洋一の様子がおかしくなったのは、ひと月ほど前に1人の女性と知り合ってから。洋一は彼女とすぐに結婚を決めたらしく、聡美はその女性の事を調べて欲しいとエリカに依頼する。

エリカと純平は洋一の婚約者、佐伯美咲(29)の尾行を開始する。自転車通勤中に知り合った洋一と美咲。2人は自転車の話題で意気投合し、一緒に自転車ショップを開く約束をしていた。美咲は喫茶店で上品な身なりの両親に洋一を紹介。外科医と名乗る父親は洋一との結婚に難色を示すが、エリカは父親に違和感を抱き、外科医の指ではないと判断。エリカは美咲が絵に描いたようなお嬢様という事も引っかかり、何か思惑があると考える。

両親と別れた後、洋一は結婚の意思に変わりがない事を伝え、すぐに店舗契約する事を美咲に約束。エリカは両親にわざと結婚を反対させ、男性を焦らせる巧妙な手口と考える。エリカは両親の尾行を純平に頼み、キャリーバッグを引いた美咲の尾行を続ける。この後、美咲は公衆トイレに入り、ゴスロリ調の服装とメイクに変身し出てくる。美咲はオタク中年の森田幸雄とマンションの一室へ入っていき、エリカは小型スネークカメラとマイクを使って部屋の様子を確認。美咲は森田とフィギュアショップを開く約束をしていた。

美咲は森田からお店の頭金200万円を預かると、言葉巧みにカードまで奪い取ってしまう。エリカが美咲に呆れていると、そこに純平がやってくる。純平は美咲の両親が割の良いバイトで雇われていた事をエリカに報告。この後、美咲はバイトに行くと森田に伝え、キャリーバッグを引いて部屋を出て行く。夜、エリカから引き継いで美咲の尾行を続ける純平。美咲は高級ホテル暮らしをしていた。

翌日、純平は結婚を餌にお金を騙し取られている被害者が他にもいるとエリカと戸塚に報告する。この後、エリカはドアをロックして閉め出された宿泊客を装い、美咲の部屋を従業員に開けてもらい室内へ侵入。見ると自転車、フィギュアなどの資料が積まれていた。美咲は男性に話を合わせるため、必死に勉強していたのだ。エリカはロビーにいる純平から美咲が戻ってきたという連絡を受け、結婚詐欺の証拠を見つけられないまま部屋の外へ。エリカは部屋に証拠がないため、キャリーバッグの中に証拠があると確信する。 この後、美咲は高級エステのチラシに気付いて連絡を入れる。部屋にやってきたのはエステティシャンに変装したエリカだった。エリカは着替えるように美咲を促し、その隙に純平が美咲のバッグと偽物のバッグを入れ替える。純平は美咲のバッグを外に運んで中身を調べ、パソコンの中身をダウンロード。この時、純平は安っぽいサーフボードのキーホルダーを見つけてカメラで撮影する。

マッサージ中、エリカが将来の夢の話題に触れると、美咲は、学生時代はあったが今は忘れたと吐露。その時、エリカは美咲の表情が変化した事に気付く。この後、エリカは美咲がシャワーを浴びている間に純平からバッグを受け取り、元の状態に戻しておく。事務所に戻った純平は美咲の口座に毎月、数人の男からまとまった金が振り込まれている事を突き止める。口座の残高は5千万円だった。美咲はソーシャルネットワークを巡回し、ターゲットの趣味や行動パターンを調べ、偶然を装って近づいていた。

さらに純平はパソコンの閲覧記録を調べ、美咲がこまめにチェックしているブログがある事に気付く。それはマリンスポーツで有名な西崎グループの御曹司、西崎京介のブログだった。純平は先ほど撮影したサーフボードのキーホルダーの写真を拡大。そこには「HAWAII misaki&kyosuke」と書かれていた。翌日、8年前に美咲がハワイ旅行した時、京介と出会って交際していた事が判明。その時、現地にショップを開く約束をした2人。だが、経済的な格差を理由に西崎の親に反対されて2人は破局していた。エリカは西崎を利用して、美咲を懲らしめる作戦を考え出して実行に移すが…。

第8話2011/11/244%
ターゲットとの禁断の恋!任務を途中放棄 チーム崩壊の危機!
内閣情報調査室のエース、犬飼真人が突然「戸塚シークレットサービス」にやってくる。犬飼は衆議院議員・郷野新の政策担当秘書・長谷川明彦を捜して欲しいと戸塚宗一(杉本哲太)に仕事を依頼する。郷野は警察官僚OBで、警視庁長官を通して内々に依頼がきたという。長谷川が突然姿を消したのは3日前。銀行に納める活動資金と共に行方をくらましたという。野党の郷野は次の国会で与党の政策に踏み込む大事な時期だった。

内調はヘタに動く事ができないらしく、犬飼は内密に頼めるのはここしかないと戸塚に頭を下げる。長谷川の妻は1年前に他界し、それを機に娘の長谷川結衣(19)は実家を出て一人暮らし。話を聞いた高橋エリカ(栗山千明)は長谷川が結衣にコンタクトを取ると推測する。園田純平(井出卓也)は結衣の写真を見て驚く。純平は結衣が働くカフェに行ったばかりだった。結衣にほのかな恋心を抱く純平は、このミッションを自分にやらせて欲しいと申し出る。

後日、純平はバイトとしてカフェで働き始めるが、なかなか距離を縮める事ができない。しびれを切らしたエリカは客としてカフェに来店。エリカはいとも簡単に結衣の携帯に盗聴器を仕掛ける。この後、エリカは手掛かりを探るため、長谷川の自宅に忍び込む。自宅はすでに誰かが調べた形跡があり、エリカは机の下に仕掛けられた盗聴器を発見。エリカが盗聴器にわざと音をたてると、黒いスーツ姿の男2人が間もなく現れる。

エリカは身を隠して男たちの会話を盗み聞きし、長谷川が所持する何かを狙っていると察する。そして、エリカは自分たち以外にも長谷川を捜している連中がいる事を戸塚に報告。エリカは長谷川が何か重要な物を持っていると睨む。純平は結衣の携帯に届くメールを転送するように設定していたが、長谷川からまだ連絡はないという。戸塚は純平が結衣と打ち解けられず、家族の話も聞き出せないと知って一芝居を打つ事に。

戸塚はその筋の人と思わせる出で立ちでカフェに現れ、結衣に声をかける。戸塚は父親とトラブルになっている事を匂わせ、居場所を聞き出そうとするが、結衣は父親とは関係ないと訴える。純平は結衣に絡み続ける戸塚を追い出し、結衣と打ち解ける事に成功する。夜、結衣をアパートまで送り届ける純平。すると今度は本当に結衣の身に危険が近づいている事が明らかに。室内はめちゃくちゃに荒らされていた。

純平から連絡を受けたエリカは長谷川の自宅に忍び込んだ連中の仕業と推理。純平は結衣を守るため、部屋に泊まる事に。すると、結衣は最低な人と父親の事を語り始める。長谷川は母親が息を引き取る時も選挙が大事だと言って立ち会わなかったという。さらに結衣は1週間前に父親がバイト先に来た事も告白。それから全然連絡が取れなくなってしまったという。その直後、結衣の携帯に着信が入る。それは長谷川からの連絡だった…。

第9話2011/12/016.5%
美少女コンテストの裏側に潜入!裏切りと嫉妬うず巻く争い!
沢村早織(19)は何者かに階段から突き落とされたと高橋エリカ(栗山千明)に打ち明ける。他にも誹謗中傷の手紙が届いたり、深夜に無言の電話があったり、様々な嫌がらせを受けているという。早織は東京・秋葉原で人気のメイドで、今話題になっているA-1(アキバ・メイドNo.1グランプリ)のファイナリストだった。A-1は秋葉原のメイドNo.1を決めるイベントで、優勝者はアイドルとして芸能界デビューする事が決まっているという。

この後、早織は「A-1ファイナル ヲ 辞退シナケレバ 殺ス」と書かれた脅迫文をエリカに見せる。アイドルを夢見る早織にとっては年齢的にも最後のチャンス。早織は優勝が決まるファイナルの日まで守って欲しいとエリカに依頼する。エリカは早織の身を守り、犯人を見つけ出すため、彼女が勤めるメイド喫茶で潜入捜査を行う。メイドになったエリカは常連客の平沼たちから話を聞き、この店にファイナリストがもう1人いる事を知る。

それは不動の人気No.1だった優勝候補の白石莉沙(23)。だが、事前人気投票では早織にその座を奪われたという。勤務中、早織は同じ店で働くメイドの土井雪絵(19)をエリカに紹介。雪絵は早織の高校の同級生だった。この後、莉沙は早織に対抗意識を剥き出しにし、それを見たエリカはNo.1を奪われた莉沙の犯行の可能性もあると考える。エリカは一瞬の隙を突いて莉沙の手帳を隠しカメラで素早く撮影する。

この後、エリカは通りで早織とビラを配りながら話をする。莉沙が変わったのは事前投票の後からで、それまでは本当にやさしい先輩だったという。勤務後、エリカはボディーガードとして早織を自宅まで送り届ける事に。途中、エリカは何者かに尾行されている事に気付く。その人物は目深に帽子を被り、マスクをしていた。エリカが接触を試みると、その人物はエリカに攻撃を仕掛けて逃走。エリカは格闘技に長けた男と判断する。

翌日、エリカはメイド喫茶に前日も来ていた客の浦本の手元に注目する。前日、エリカが格闘したのは左構えの男。浦本は左手でフォークを持ち、手には拳ダコができていた。エリカはこの事実から昨日の男が浦本だったと判断する。エリカは園田純平(井出卓也)に連絡して浦本の尾行を頼む。勤務を終えたエリカは浦本が入った雑居ビル前で監視を続ける純平と合流。そして、エリカと純平は浦本の部屋に侵入して愕然となる。

部屋の壁には剣、斧などの様々な武器が飾られていた。エリカが奥へ入っていくと、物陰から飛び出してきた浦本がエリカを襲撃。浦本はエリカと格闘の末、一瞬の隙を突いて逃走する。事務所に戻ったエリカは撮影した莉沙の手帳の内容を確認。早織が襲われた日、莉沙にはアリバイがあった事がわかり、莉沙はシロと判断する純平。だが、エリカは直接、手を下さなかっただけかも知れないと考える。後日、早織は浦本に再び襲われ、A-1を辞退する事を決意する…。そんな折、エリカの前に犬飼が現れ、戸塚宗一(杉本哲太)の事を調べて欲しいと仕事を依頼。戸塚が内調をクビになった本当の理由も明らかになる…。

第10話2011/12/082.6%
恋人は犯罪者!? 過去消した男の秘密暴く!変装ミニスカサンタ
依頼人の本多彩花(24)は恋人の佐々木康介(30)が隠し事をしていると高橋エリカ(栗山千明)たちに相談する。交際2ヵ月になるが、自分の過去を一切話さない佐々木。デート中に何かに怯える事もあり、家にも絶対に入れてくれないという。彩花は佐々木が何に怯え、どんな過去があるのか調べて欲しいとエリカたちに依頼する。後日、エリカと園田純平(井出卓也)はデート中の彩花と佐々木を尾行。この時、純平は佐々木の身辺調査の結果をエリカに報告する。

ウェブ関係の仕事をする佐々木は人との接触を避けて生活。今の住所に引っ越した際、不動産屋の書類にデタラメの前住所を書いていたという。尾行中、エリカは佐々木の手元に目を留める。佐々木は非常に珍しい高級腕時計をしていた。後日、純平は1枚の写真をエリカに見せる。それは福岡で半年前から行方不明になっている会計士、飯沼明の写真だった。飯沼は佐々木と同じ腕時計をしていた。この腕時計は日本に20個しかないプレミア品で、純平は佐々木が飯沼の腕時計を奪って殺害したのではと推理をする。

エリカと純平は佐々木の身元を調べるため、ガス会社の作業員を装って彼のマンションを訪ねる。エリカたちはガス漏れの点検とウソをつき、管理人に佐々木の部屋の鍵を開けてもらう。部屋はまったく生活感がなく、身元を確認できるものはゼロ。エリカは冷蔵庫が気になって扉を開けるが、口が開いた2つの牛乳パックなどが入っているだけだった。部屋を出たエリカは路上に停めた車から何者かが様子を窺っている事に気付く。

エリカたちは事務所に戻り、佐々木が完全に過去を消そうとしている事を戸塚宗一(杉本哲太)に報告する。そんな折、エリカの携帯に内調の犬飼から連絡が入る。内調時代にある事件の情報を不正に外部に流した疑惑があった戸塚。エリカは犬飼に頼まれ、戸塚の事を調べていた。エリカは電話を切った後、戸塚との出会いを思い出す。高校の時、エリカは両親を事故で亡くし、世の中のすべてを敵に思っていた。そんなエリカを救って、一人前のスパイに育ててくれたのが戸塚だった。

夜、エリカは純平と共に佐々木のマンション前で張り込みをする。外出から戻ってきた佐々木はマンション近くに停まった車に気付き、小走りに部屋に入っていく。その車はこの間も停まっていた車だった。この後、エリカは車の照会を純平に頼んで車を追跡。車がやってきたのは会員制の秘密クラブ「K」。そこは裏の情報をやりとりする危険な場所だった。そして、運転していた滝野が建物に入った直後、エリカに純平から連絡が入る。純平は九州に本部がある広域暴力団の組員が車の持ち主だとエリカに伝える。

この後、エリカはコールガールを装って「K」の入口へ向かう。エリカは会長に呼ばれたと入口の大男にウソをつき、建物内に入る事に成功する。滝野は会長の望月雄也に佐々木の事を報告していた。エリカは滝野たちの会話を盗み聞きし、佐々木の驚きの正体、過去に気付いてしまう。その時、入口の大男が望月に声をかけ、会長に呼ばれたというウソがバレて滝野に拳銃を突きつけられるエリカ。絶体絶命のピンチを迎えたエリカの運命は…。

第11話2011/12/153.3%
フィットネスクラブで密室セクハラ!女性襲う色欲男を倒せ!
フィットネスクラブのスポーツインストラクター、松下夕海(26)は客にセクハラされていると高橋エリカ(栗山千明)たちに悩みを打ち明ける。会員の伊佐山篤史(48)はいつもスポーツマッサージで夕海を指名。個室でのマッサージ中、伊佐山は夕海の体を触ってくるという。立証が難しい密室でのセクハラ。上司は思い違いだと取り合ってくれないらしく、今の職場を辞めたくない夕海はセクハラを止めさせてほしいとエリカに依頼する。

エリカはセクハラの証拠を集めるため、インストラクターとしてフィットネスクラブで潜入捜査を開始する。夕海はエリカにクラブ内を案内。この時、エリカはいたる所に置かれたアロマポットに目を留める。それは会員にリラックスしてもらうため、支配人の澤田祐也(45)が自ら設置したものだった。澤田は客に気を遣いすぎる所があるという。この後、夕海はトレーニング中の伊佐山を見つける。エリカは伊佐山の鍛えた体が気になり、彼の仕事について夕海に訊ねる。だが、伊佐山の職業を知る者は誰もいないという。

伊佐山は夕海に気付くとマッサージをしてほしいと頼む。エリカはマッサージする個室にカメラを仕掛け、会員に扮した園田純平(井出卓也)とセクハラの証拠を押さえる事に。マッサージ中、伊佐山はいつものように夕海の体を触るが、途中で盗撮カメラの存在を警戒し始める。エリカは忘れたと言ってカメラを設置したオイルの瓶を慌てて回収。エリカは勉強のために見学したいと理由をつけ、伊佐山のセクハラを阻止する。

翌日、エリカはセクハラの証拠を押さえる事に失敗したと戸塚に報告する。エリカはその警戒ぶりから伊佐山が素人ではないと判断。しかも伊佐山の会員ファイルはトップシークレット扱いになっていた。この後、戸塚は純平が撮影した伊佐山の写真を見て顔色を変え、このミッションから手を引けとエリカたちに命じる。だが、エリカは女の敵である伊佐山の正体を必ず暴いてみせると反発して事務所を出て行く。

次の日、澤田はアロマポットを勝手に動かした若いインストラクターに激怒。アロマポットは澤田以外触る事ができない決まりになっていた。澤田を不審に思ったエリカはアロマポットを注視し、側面の小さな穴に気付く…。その日の夜、エリカはジェラルミンケースを持ってクラブを出て行く澤田を尾行。澤田が向かったのは裏の情報をやりとりする会員制の秘密クラブ「K」だった。なんと澤田はそこで伊佐山と密会。しかも戸塚と伊佐山が顔見知りという衝撃の事実も明らかになる。さらに家庭でもエリカに問題が発生。良介はちょくちょく家を空けるエリカの行動を怪しいと感じ始めて…。

第12話2011/12/224.6%
裏切り者の正体とは?絆で結ばれた二人がナイフ向け合う瞬間
戸塚が秘密クラブ「K」の女と密会して重大な機密情報を受け渡すという廃墟にやってきたエリカと内調の犬飼。その時、銃声が鳴り響き、戸塚が2人の前から逃げ去っていく。現場では金髪の女が頭から血を流して倒れていた。それは戸塚が金を渡していた女だった。虫の息の女は「裏切り者(ロシア語)」と言い残して絶命。女はロシア人ハーフの葛城イリーナというショーダンサーだった。エリカはイリーナの手から落ちたUSBに気付き、犬飼の目を盗んでポケットへ仕舞い込む。

事務所に戻ったエリカはUSBの中身を調べようとするが、ロックがかかっていて開かない。その直後、犬飼が部下たちと事務所に現れ、戸塚の物を押収し始める。戸塚の事件は内調が警察から引き継いで捜査する事になったという。戸塚はイリーナと組んで海外の機密情報を手に入れ、諸外国に売っていた可能性が高く、犬飼は戸塚が命を狙われる危険があると心配する。さらにイリーナを撃ったとみられる拳銃が現場付近で見つかり、付着した指紋が戸塚の物と一致した事も明らかになる。

そんな折、航太郎が幼稚園の友達を叩くという問題が起きる。エリカは謝るように諭すが、自分は悪くないと拒否する航太郎。さらに航太郎からママじゃないと言われ、エリカはショックを受ける。航太郎の態度に悩みつつもエリカがウソをついて外出する理由が気になる良介。エリカはまだ話せないと良介に謝る事しかできない。深夜、エリカはクリスマスの飾りを探し、偶然オルゴールのボックスを見つける。それは十年ほど前のクリスマスに戸塚がプレゼントしてくれた物で、中にはアーミーナイフが入っていた。

エリカは本当に戸塚が裏切り者なのか、自分自身で確かめようと決意。エリカは大学から出てきた純平を待ち伏せして協力を求め、純平は喜んでそれに応じる。エリカを尾行していた犬飼の部下は、2人が会っているとすぐに犬飼に報告。犬飼はいずれエリカが戸塚とも接触すると考えていた。純平は手掛かりとなるUSBを開こうと試みるが、特殊なロックがかかっていて開く事ができない。純平は中身を知る人物なら開く事ができると説明し、エリカはチャンスさえ作れば、このUSBを必要とする戸塚は必ず現れると考える。

それぞれ犬飼の部下たちに尾行されるエリカと純平。エリカは純平と部下たちをまく作戦を決行し、エリカだけ一人になる事に成功する。するとエリカの前に戸塚が現れる。戸塚はエリカが尾行をまくチャンスを窺っていたのだ。エリカがイリーナを殺害したのか訊ねると、戸塚は現場に行った時、イリーナはすでに殺害されていたと主張。銃声は誰かが戸塚を狙ったものだという。戸塚は拳銃の指紋もいくらでも偽装できると訴え、犯人に仕立て上げられた事を主張する。だが、戸塚は事件の核心については頑なに口を閉ざす。

この後、エリカがUSBを見せると、戸塚は渡せと言って拳銃をエリカに向ける。エリカはそれを拒否し、戸塚にプレゼントされたアーミーナイフを突きつける。互いに武器を突きつけてにらみ合う二人。その時、巡回中の警官が現れ、戸塚は足早にその場を立ち去っていく。後日、エリカと純平は事務所で落ち合う。エリカはこの日に限って内調の見張りがいない事を不審に思う。その時、事務所に発煙筒が投げ込まれ、ガスマスクをした男たちが押し込んでくる。男たちはロシア系の外国人で、狙いはUSBだった。エリカと純平は男たちを返り討ちにしてUSBを守りきる。事件の鍵を握るUSB。純平は内調の情報処理室のコンピュータならUSBのロックを解除できるかもしれないと伝え、エリカは逮捕覚悟で内調に忍び込む事を決意する…!

第13話2011/12/294.7%
最愛の息子の命は…最後のミッションは母エリカが全てを倒す
USBのデータを調べ、海外の組織に機密情報を流している黒幕が戸塚ではなく、内調の犬飼だと気付いたエリカ。その時、犬飼からエリカの携帯に連絡が入る。犬飼はエリカにバレたと察して航太郎を誘拐していた。犬飼は、盗んだ情報と、戸塚を殺した死体、その二つを持ってこなければ航太郎の命はないとエリカに伝える。犬飼が指定した取引の時間は今夜9時。エリカには僅かな時間しか残されていなかった。

エリカは純平と事務所へ戻り、郵便物の中から1枚のDMに目を留める。それは戸塚宛に送られてきたチャリティバザーの招待カードで、会場となる教会のシンボルマークは戸塚シークレットサービスのロゴにも使われているフクロウだった。エリカはこのDMから何かを読み取り、近くにあったフクロウのランプを掴んで教会へと向かう。エリカと純平が教会に着くと、フクロウのランプに気付いた牧師が声をかけてくる。

エリカは戸塚の顔写真を見せ、知らないかと牧師に訊ねる。牧師は知らないと答えた後、なぜか礼拝堂で祈る事をエリカに勧める。そして、エリカが言われた通り、礼拝堂へ向かうと、そこに戸塚が現れる。DMはこの教会にいるという戸塚からのメッセージだった。USBのデータを見ていない戸塚はエリカから犬飼が犯人だと聞いて納得。戸塚は以前から犬飼を怪しいと疑っていた。エリカは航太郎が犬飼に誘拐された事を伝え、それを聞いた戸塚は犬飼がエリカに出した条件を見破り、エリカが自分の命を狙っていると察する。

エリカはアーミーナイフを戸塚に向け、2人は息詰まる攻防戦を繰り広げる。優位に立ったエリカは戸塚の喉元にナイフを振り下ろそうとして躊躇。次の瞬間、戸塚はエリカのみぞおちに当て身を食らわせ、エリカが落としたUSBを拾い上げる。戸塚は意識が朦朧となるエリカに俺のミッションだと伝えてその場を去っていく。

そして午後9時。取引場所では犬飼が今夜の取引相手と電話で話していた。戸塚はそんな犬飼に背後から接近し、後頭部に拳銃を突きつける。戸塚はUSBと取り出し、航太郎を返せと犬飼に要求する。犬飼はUSBの中身を確認し、戸塚は航太郎の安否を気にする。航太郎は近くに監禁されていた。戸塚はモニターを通して航太郎の無事を確認するが、犬飼はその一瞬の隙を突いて戸塚の拳銃を奪う。犬飼の部下たちも一斉に銃口を向け、絶体絶命のピンチを迎える戸塚。その時、高い場所からドラム缶が転がってきて、それに気をとられた犬飼たちの前にエリカが現れる。エリカはパソコンに挿してあったUSBを奪い返し、遅れて純平もやってくる。すぐにエリカは航太郎が無事かを問い出し、犬飼は近くにいると答える。

この後、戸塚に問い詰められ、犬飼は事件の真相を語り始める。犬飼が海外の組織に機密情報を流し始めたのは5年前。犬飼は追っていた組織と極秘に接触し、逆に相手から取引しないかと持ちかけられたという。半年前の作戦の詳細を漏らしたのも犬飼。だが、内調は協力者を組織に潜らせた戸塚を犯人と疑ってしまったのだ。イリーナを殺したのも犬飼の差し金だった。戸塚がスパイをした理由を訊ねると、犬飼は金のためだとハッキリ答える。犬飼はもう一度チャンスをやると言ってエリカに拳銃を手渡す。犬飼は戸塚を殺せば航太郎を返すとエリカに約束。犬飼は全ての罪を戸塚に着せて幕引きさせるつもりだった。腹を括って死ぬ覚悟を決める戸塚。エリカは航太郎と助けるため、戸塚に向かって拳銃の引き金を引いて…。

【秘密諜報員 エリカ】スタッフ

                  

【秘密諜報員 エリカ】出演者

                  
2011秋ドラマ